DSC_0824.jpg
  • 闘病 第3R

回り込み解除

  • 抗がん剤治療第3R(スタート!)

    category:闘病 第3R

回り込み解除

毎日の暑さにやられて、抗がん剤治療第3ROUNDの記念すべきスタートを
うっかり(汗)書き忘れそうになってました
今日は、書いたブログを消してしまわないように、こまめに保存しながら(笑)
がんばりまーす

前回同様、写真は全く内容と関係なしです


IMG_0507.jpg

1カ月近く前の7月1日。新しい病院に行ってきました
道も思ったほど混んでなくて、1時間ちょっとで到着♪
腫瘍科は1時間に2件の予約しかとらないそうで、30分の時間が割り当てられます。
待たされずに診てもらえるかもなんて思っていたのですが、少し待たされて15分
遅れで診察室に呼ばれました。が、誰もいない
個室の診察室の奥の扉が開いていたので見えたのですが、どうも新しい主治医が
チョコさんの資料を一生懸命看護士さんと読んでいる模様
ちょこさん の前に腫瘍科で診てもらていたわんちゃんは、大分早く出てきてたので、
ずっと読んでいたようです(笑)

で、新しい主治医の登場です
1カ月もたってしまったので、細かいことは覚えていないのですが
第一印象はとってもやさしそうで、声も安心感を与えてくれる穏やかな感じ

合格!(笑)

まず主治医に言われて覚えていることは、この少ない量のクロラムブシルで
とてもうまくコントロールできていますと。
この状態なら、クロラムブシルを使い続けた方がいいのですが・・・・
と主治医が話し始めたので、実は近所の病院で1カ月分処方してもらいました!
そして、今後も先生の指示があればクロラムブシルを処方してくれるそうです!
と一気にまくしたてる私(爆)
すると、先生がそれはよかった!という感じで、これからは、エコーと血液検査で
状態を見て指示書を書くので、近所の病院でクロラムブシルを出してもらってくださいと。

先生もホッとされているようでした。
今までも病院にはクロラムブシルを輸入するようお願いしているらしいのですが、
先生自身も週に一度招かれている腫瘍専門医なので、そこまで強くアピール
できないのかしら・・・

最初の話は終わって、チョコさんは検査へ



DSC05804 (2)
検査が終わって診察室に呼ばれてまず言われたこと。
”腫瘍の場所はどこですか?”と。
今まで資料を渡した先生にそんなこと言われたことなかったので、私も即答できず(汗)。

先生がおっしゃるには、お腹の中の5つのリンパ節をよく確認したんだけど
どこも腫れているようには見えないと!!!!!
最初は、腰下リンパ節がすごく腫れてたし、がんセンターでは結腸リンパ節が
腫れてるって言われたし、えー腫れてないのーーー
どこにガン細胞が潜んでいるかわからないので喜びすぎもいけないけど
初めてのことだったので、うれしさMAXでした♪

ステージは0~1。
ステージ0って、いったい何?
家に帰ってから調べもわからず、次の通院で要確認です!

先生に言われてうれしかったこと
最初のUW-25のプロトコルがよく効いて、いいタイミングでクロラムブシルを飲み始め
本当にうまくいってますね!ですってーーーーー
実は、UW-25、特に効いてないという印象のドキソルビシンを最後まで投与
し続けたことをすごく後悔していたので、本当に心が救われました

ごはんやおやつや、今やっていることはすべて今のままでいい!って
お墨付きをいただきました♪


DSC05768 (2)
そうそう。気になることはいつも通りで、血液検査でALPが435でオーバー。
エコー検査では、普通肝臓などの臓器は角がカクカクして写るのが、少し丸みを
帯びていること。ただ、血液検査を見る限り、肝臓に転移などはないし、
血液の中に変な顔をした細胞も全くない。
ALPは胆のうか胆道が関係ありそうだが、まだ何か対応をするほどのものでもなく
様子見していきましょうと。

結論は、とてもうまくいっているそうです!
で、次の通院の話になった時、今までは2週間に1回だったけど、前の主治医が
最後の日に、今のチョコさんの状態なら1カ月に1回でもよかったけれど、
飼い主さんが心配されているので2週間に1回にしていたと言われたことを
伝えて、3週間にしようかな・・と悩んでいると、月に1回で大丈夫です!と。

一瞬ドキドキしましたが、1カ月に1回の通院にチャレンジです!

と、こんな感じの抗がん剤治療第3ROUNDの幕開けでした

で、今から2回目の病院にいってきまーす(笑)♪


スポンサーサイト
  • 抗がん剤治療第3R(第5週目)

    category:闘病 第3R

回り込み解除

昨日、7月29日、新しい病院への通院2回目でした
よく考えてみると、リンパ腫を発症してから、1カ月近く病院に行かないことが
なかったから、びっくりするやらうれしいやら

車もスイスイで、予定通りに到着
スムーズにいけば、お昼過ぎには家に帰りつくかも♪
なーんて思っていたのですが・・・・
ここからが長かった(笑)


DSC06224 (2)
こちら30分たっても呼ばれず、お顔が険しくなってきた朝ごはん抜きのチョコさん
チョコさんは怒り出すとまゆ毛が出現します(笑)

50分くらいたった時に名前を呼ばれたのですが、1匹目のワンちゃんの診察が
終わらないので、血液検査だけ先にやりますとのこと。
チョコさんだけ連れて行かれました


DSC06227 (2)
こちら血液検査が終わって、お疲れさんなチョコさん
残念ながら、まだ帰れませんよ(笑)

ここからもかなり待ちまして、チョコさんのこと忘れられてるんじゃないかと不安に
なるほどでしたが、30分くらいたった時、やっと呼ばれました
食欲旺盛、嘔吐下痢なし、体調はよく、気になることは時々草を食べることくらい
であると伝え、血液検査の結果を聞きました
結果は、いつも通りALPが385と基準値オーバーでしたが、前回より減っているし
気にするほどではなく、他は全てOK♪
で、チョコさん再びエコー検査へ連れて行かれました


DSC06230.jpg
エコー検査&爪切り&足裏カットを終えて、今度こそ帰れるとウキウキなチョコさん
残念ながら、先生とのお話がもう一回あるんだよー

エコー検査の結果は、リンパ節の腫れはなく、再燃の兆候は全くありませんと。
ほえ?再燃の兆候?と頭に?マークがでたのですが、問題ないんだなと受け入れ
聞きたかったことの質問へ。

前回の診察でチョコさんはステージ0~1と言われましたが、ステージ0とは
もしかして、寛解ですか?と。はい、寛解ですと。ほえ?
ただ、リンパ腫の場合はステージの問題よりも、完全寛解か部分寛解ということが
大事ですと。ところで先生、チョコさんの現状は何なんでしょう?と聞くと・・・

”完全寛解です”と。

今まで一回も言ってもらったことのなかった言葉だったので、一瞬ぽかーんと
してしまったのですが、本当なんだそうです。

思うに、ここ1カ月で変わったことではなく、この言葉を使うか使わないかの
違いで、前の主治医は「悪い兆候は一つもない」って言ってたのですが、
これと一緒の意味かな。だって、完治ではないですもんね
どこかのリンパ節にガン細胞が潜んでいる可能性はあると言われました。
でも、やっぱり初めて言ってもらえた”完全寛解”という言葉は、
この上なくうれしいものでした


DSC06245 (2)
あと、7月に開催された日本獣医がん学会のテーマが”高分化型リンパ腫とCLL”
だったので、何かいい話はなかったか聞いてみると・・・

・ゆっくりではあるが、日々治療法は進歩している。
・高分化型リンパ腫が分類されたのは割と新しいが、どんどんと
 データが集まってきている。
・今現在、治療法は変わらないが、3年もすれば、今とは全く別の治療法に
 なる可能性がある。

とのことだったので、”3年頑張ります!”と言うと、全然嘘っぽくなく、
”頑張りましょう!”と言っていただきました
そうそう。前主治医とも学会でお話ししてきたそうです。
腫瘍認定医の世界は狭いもんです(笑)


これからも、少量のクロラムブシルに力を貸してもらって、
手作りごはん&ハーブやサプリでチョコさんの免疫力や体力の維持
を心がけていきたいと思います♪

一日も早く、リンパ腫の画期的な治療法が確立されますように!

  • クロラムブシルを求めて・・・

    category:闘病 第3R

回り込み解除

今日、朝一で近所の病院に行ってきました
クロラムブシルを処方してもらうためです

こちらの病院、混んでいることが多いので8時45分には到着して、一番ゲットです
クロラムブシルを出してもらうだけだから、院長ではなく女医さんがいーなーって
思ってたら、院長の診察でした


DSC06260 (2)
最初、こちらの病院に転院しようかとも思っていたのですが、エコー検査をする場合は
預かりになるとのことで、病院のケージに閉じ込められると吠えつづけるチョコさんには
ちょっとストレスがたまって無理!と判断したのでした。

前主治医が恩師の院長先生に、預かりじゃなく診てもらえないかって交渉も
してもらってたので、ちょっと気まずいかも・・・
でも、ふと聞きたいことを思い出したので、質問はちゃっかりと♪

チョコさん、血液検査で、タンパクの値が高めなのが少し気になっていたので何が
考えられるか聞いてみると・・・

タンパクだけが急に上がって高いなら、詳しい検査をして原因を確かめないといけないが、
もしアルブミンと同時に高いなら、脱水か、もともと血が濃いとのこと。
ダックスに多いそうです。
血液検査の日は絶食だし、もともと手作りごはんなので水だけを飲むということを
めったにしないので、脱水して血が濃くなっているのかな。

はい!解決!
チョコさん、基準値内ではありますが、アルブミンも常に高いのです
チョコさん、チワワのはずなのに体も長いからダックスの血が入ってるのかも(笑)
若齢ミニチュアダックスの消化器型リンパ腫は治療がうまくいくと言われている
ので、本当にチョコさんにダックス疑惑が

クロラムブシル12回分(36日分)処方してもらって帰りました


DSC06257 (2)
家に帰ってから、もうひと仕事!
前の病院では、1/2錠ずつをカプセルにいれて、それを分包してくれていたのですが、
近所の病院はカットしたものをそのまま渡されます。
なので、空のカプセルにせっせと詰めて完了です♪


DSC06258 (2)
カプセルに入れたクロラムブシルを、茶色い光を通さない袋にいれて、
冷蔵庫で保管です

前回の通院では、完全寛解なんて言われてしまったから舞い上がってしまって、
今後クロラムブシルをずっと飲み続けるのか、休薬するのか、聞くのを忘れて
しまったので、1か月後の診察では、忘れずに先生の考えを伺いたいと思います


DSC06203 (2)

最後に、可愛いチョコさんをどうぞ♪
チョコぱぱさんの横で、うっとりしてるチョコさんです
かわいーなー

そうそう。昨日で、闘病2年と1カ月
この調子でがんばろーね!

  • 抗がん剤治療第3R(第9週目:寛解中)

    category:闘病 第3R

回り込み解除

チョコぱぱさんの夏休み最終日の8月26日
4週間ぶりの病院に行ってきました


DSC06424 (2)
こちら、絶食中でふてくされ気味(笑)なチョコさん
私もお付き合いで絶食してるし、お弁当持っていくから我慢してね!


ちょこパパさんが新しい道にチャレンジして、撃沈したことは内緒にしておいて(笑)、
10時予約でほぼ10時に到着
今回は待ち時間も短く、診察前に血液検査、一旦戻ってきてエコー検査、
最後に診察という流れでした

主治医の先生は、とても優しい声で詳しく説明してくださるのですが、
エコー検査でチェックしたリンパ節のことを、全種類言ってくれるので、
ドキドキバクバクが絶頂に達して、だからどうなんですかーーー?と
心の中で叫んでいると・・・、再燃していませんとのこと♪

よかったー!!!暑い3度目の夏を乗り越えられたー!!!

DSC06429 (2)

ただ、血液検査に関しては、やっぱりALPが445とあがっていてたことと、
他はほぼOKなのですが、久々に赤血球数が基準値を若干下回って
しまいました
ただこのことは家に帰って気づいただけで、先生はすべてOKと言っていたので
気にすることはないのだと思います。
ALPに関しても、リンパ腫由来ではないので、様子見していきましょうとのこと。

脂肪分を減らしたり、自分なりに考えてチョコさんの食事をサポートしたつもり
だったのですが、結果はいつも通り&前回より悪い(涙)
そのうえ、少したんぱく質を減らしたり、鶏肉&魚を増やして、ラム肉、豚肉
を減らしたことで、赤血球が少し減ったのかなあ…なんて考えると・・・
手作りごはんって、奥が深くて難しい・・・けど、がんばる
ラムや豚肉の回数を増やしてみて、ちょうど2週間後に近所の病院に
クロラムブシルをもらいに行くので、血液検査をしてもらおうと思います。
それで、数値が同じ程度なら、チョコさんの大好きなラムや豚肉の回数を
増やしてあげよーっと

あとは、寛解しても狂犬病の注射とワクチンは打たない方がいいのか再確認すると、
即答で、狂犬病は絶対ダメとのこと。詳しくは忘れてしまったけど(爆)、リンパ腫を
抑えるために使っている免疫力を、狂犬病のワクチンの方に全部使ってしまうような
ことをおっしゃってました。で、本当は、ワクチンも同じ理由でリスクは大きいが、
それ以上に病気になるリスクの方が高いので、打つことを勧めると。
うーーーん、結論はでませんが、やっぱり注射は打たずに免疫力をあげることに
当分は力を注いでいこうと思います。狂犬病は絶対打ちません!

そうそう♪この日診察室をでると、なんだか知ったお顔のワンちゃんが
チョコさんと同じ消化器型リンパ腫の闘病をがんばっているJちゃんでした。
(ブログに書くことを伝えてなかったので、お名前は頭文字で♪)
同じ病院だってことはコメントをいただいて知っていたのですが、
まさかこんなに早くお会いできるとは
ちんぴらチョコさんとは違って、Jちゃんはとーってもフレンドリーで
いっぱい頭をなでなでさせてもらいました。
消化器型の最初の目標である半年の壁を見事に撃破したJちゃん
これからも、ごはんをいーっぱい食べて、ゆるゆるのんびりがんばろーね♪

J母さん♪なんだか、あわただしい初対面でしたが、
また今度ゆっくりお話ししたいですね

DSC06439 (2)
病院が終わって、雨も上がり涼しかったので、そのままランチへGO
いつもの幕張アウトレットです

チョコさんは自分のお弁当を食べた後なのに、人間ごはんが気になってしょうがない(笑)
病院を頑張ったご褒美に、パスタにのっていたモッツアレラチーズとパンをお裾分け
しました♪特別な日は、炭水化物だって解禁します


DSC06434 (2)
こちら、まだチーズがもらえると思ってお目目キラキラのチョコさん
そんなに世の中甘くないんだよね~

この後、近くの公園で少しお散歩したのですが・・・・


DSC06447 (2)
ベンチの下に潜り込んで、終了~
涼しくなったとはいえ、チョコさん的にはまだ暑かったみたいです



今年の夏は、朝5時の散歩でも、家を出てすぐ帰ろうとしたりして体調悪いのかな・・・と
心配になることもあったのですが、無事再燃せず夏を乗り越えられました♪
そのうえ、ここの所涼しくなったので大好きなタリーズ散歩も復活だし、歩く距離も
グーンと増えて、歩かなかったのは暑かったからと判明して一安心です
今日で、闘病2年と2カ月
この調子で、10月にはチョコさん連れの帰省&お友達に会いに行けるように、
チョコさんがんばりまーす


  • 抗がん剤治療第3R(第13週目:寛解中)

    category:闘病 第3R

回り込み解除

9月23日。4週間ぶりの病院でした
この日の予約時間は午後5時だったので、とりあえず朝から近所の
コスモスの丘へまずはGO


DSC06783 (2)
こちらの写真を見て頂ければわかると思いますが、何枚撮っても楽しくなさそう(笑)
そのうえ、なんとかちょこパパさんに持ち上げてもらっているのですが、重くて重くて

ちょくちょくコスモスの丘には通っていたのですが、チョコさんにとっては
ストレス以外の何物でもないと確信したので(分かってはいたんだけど・・・)
早々に退散しました
これ以降の写真は、別の日に撮影したものです

で、この後もテンションの下がる出来事が
チョコさん、カートから落ちる・・・無事
カメラのレンズをアスファルトの上に落とす・・・カバーのみ割れる・・・まあ無事

あまりにも不吉すぎて、家に帰ってから病院に行くまで大掃除をして、
パワーストーンをホワイトセージで浄化して病院に行きました



DSC06702 (2)
予約時間をちょっと過ぎて(汗)到着すると、手術が終わっていなくてまだ腫瘍科の
午後の診察がはじまっていないとのこと
どうなることやらと思いましたが、ちょっと途中でチョコさんのお散歩に行ったり、
テレビを見たりしてると1時間半、あっという間でした

午後6時半。血液検査とエコー検査だけ先に終わらせていたチョコさんの診察です



DSC06596 (2)
エコー検査の結果、再燃の兆候はなし

<血液検査の結果>
赤血球容積(基準値:37~55):45
白血球(6,400~15,000):8500
赤血球数(557~798):597
血小板数(20~50):36.5
BUN(9.2~21.2):17.1
CRE(0.4~1.4):0.6
IP(1.9~5.0):4.9
総ビリルビン(0.1~0.5):0.2
アルブミン(2.6~4.4):4.2
総タンパク(5.0~7.1):8.4
ALT(17~78):48
ALP(47~254):388
GGT(5~14):9
総コレステロール(111~312):267
カルシウム(9.3~12.1):12.6

今回は午後5時ということで、朝食もしっかり食べて、ドッグフードのおやつを15粒くらい
午後にも食べているのに、水はあまり飲んでいないという状況の血液検査でした。
オーバーした項目は3つですが、ALPは前回より55下がり、タンパクの値は同時に
アルブミン値が高いので、血が濃い状態と考えられ、カルシウムは詳しくは忘れ
ましたが、計算すると11.9%となるので問題なしとのこと。
わたし的には、ALPが下がったのがこの上なくうれしい

ただ、ここ4回のALPの値が435→385→445→388と変化しているので
胆石があって移動している可能性もあるが、エコー検査では胆石は見えないので
大丈夫でしょうと。私的には、核酸のおかげだと信じたい♪

あとは、顔の右側に黒い血豆のようなものを9月の初旬に発見していたので
そこも見てもらうと、経過観察でOKとのこと。(近所の病院でも同じことを
言われました)万が一大きくなるようなら細胞診をする必要があるが、
先生的にはやっぱり老廃物とかだと思うと。現在2ミリ。
わたし的にも、デトックスのサプリが効果を発揮して、老廃物などを体外に
出そうとしてるのでは・・・と思っているんだけど、万が一メラノーマだったら
怖いので、よくよく観察して行こうと思います。現在2ミリ!


DSC06569 (2)

心配事は考え出すときりがないので、寛解維持できている!といういい情報だけを
持ち帰りました♪
残念だったことは、まだクロラムブシルが輸入できていなかったこと
ちょっと、近所の病院にもらいにいくのも、回数を重ねるごとに気が引けて
きているので憂鬱です
まあ、チョコさんのためなら、へいこら頭を下げるのなんてへっちゃらですけどね!

次回の予約は5週間後になってしまいました
午前中の予約が5週間後にしか取れなくて

何事もなく、5週間普通に過ごせますように
あ。あと、納得のいくコスモスとチョコさんの写真が撮れますよーに

  • 抗がん剤治療第3R(第18週目:寛解中)

    category:闘病 第3R

回り込み解除

昨日10月28日、5週間ぶりにチョコさんの病院に行ってきました

自分の運転で行くのは2カ月ぶりだったので、何時に出るのが正解かよくわからず(笑)、
ナビの設定が違う場所になっていることにも気づかず(ただ、ナビは無視して運転する
ので問題なし)、遅刻だ―と焦ったけれど、9時40分には到着するという、
少しドタバタな幕開けでした


DSC07214 (2)
こちら、朝ごはんがもらえなくて不貞腐れてるチョコさん♪かわいい~

いつも通り、待つ→血液検査→すごく待つ→エコー検査→待つ→診察でした。
で、これまたいつも通り、エコー検査の結果は、調べたリンパ節すべてを挙げて
再燃はなし、他の臓器も問題なし、完全寛解維持できていますとのこと
チョコさんでかした、よくがんばった!!!
正直言って、5週間も通院の間隔が空くのは初めてだったので、
ちょとドキドキでした


DSC07241 (2)
こちら、病院から帰ってきて、ご褒美の豚耳をもらってご満悦のチョコさん♪
歯磨き効果はあるけど、肝臓にはよくない気がして悩み中・・・

<血液検査の結果>
赤血球容積(基準値:37~55):42
白血球(6,400~15,000):8000
赤血球数(557~798):541
血小板数(20~50):35.8
BUN(9.2~21.2):14.6
CRE(0.4~1.4):0.5
IP(1.9~5.0):3.9
総ビリルビン(0.1~0.5):0.1
アルブミン(2.6~4.4):4.1
総タンパク(5.0~7.1):7.8
ALT(17~78):76
ALP(47~254):385
GGT(5~14):10
総コレステロール(111~312):223
カルシウム(9.3~12.1):12.0

腎臓、肝臓、胆道全てOKとのこと。
ちょっとした基準値オーバーはありますが、主治医がOKというのでOKです(笑)
悩みの種のALPですが、今までの流れから言うと400台に行くかもと思っていた
のに、385だからよしとします♪
ただ、今まで40~50代で安定していたALTが基準値内ながら76だったと
家に帰って気づいて、かなりショー―――ック
ただ、過去の血液検査結果をチェックすると、70越えしたこともあったので
なるべく肝臓にやさしい生活を心がけて、経過観察したいと思います


DSC07218 (2)

で、最近気になっていたことを確認してきました。
低分化型(高悪性度)が寛解した場合、ほぼ休薬するのに、高分化型(低悪性度)
のチョコさんは、寛解したのになぜ抗がん剤を続けるかということ。

低分化型の場合、寛解後抗がん剤を休薬しても、使い続けた場合と同じだけの
寛解期間が維持できるというエビデンス(検証結果・臨床結果)がある。
それに対して、高分化型の場合、休薬しても、しない場合と同じだけ寛解が維持できる
というエビデンスがあがってきていないとのこと。

うーむ。なるほどです。
ということは、主治医は保守的(確実なエビデンスに基づく)治療をするという
ことなので、抗がん剤を休薬するには、私が決断するしかないのですね・・・。
どうすることが、一番チョコさんのためになるのか、さっぱりわかりませんが、
焦らず騒がず、ちょっと冷静に考えてみたいと思います。
今は、すごく安定しているんだから、何も変更しない方がいいかな・・・。

そうそう。すべてうまくいったわ!って思っていたら最後に爆弾が
次の診察の時は用意出来ていると言われていたクロラムブシルが、
まだ輸入できてないとーーーーー
ありがたいお申し出をお断りしたこともあったのに、なんだとーーーです(涙)
みみと文左衛門さん。その節はありがとうございました<(_ _)>
こんなことになるんなら、病院側に気を使わずに個人輸入するんだった(怒)

しょうがないので、前回はメモ書きみたいだった処方箋のようなものを、
パソコンで入力してもらいましたよ(笑)


DSC07030 (2)

わかったよ。週末、チョコぱぱさん同伴でクロラムブシルゲットしてくるよ
一人で行く勇気なし(爆)

次回も5週間後の予約となりました。
少しドキドキするけど、チョコさんなら大丈夫!という自信がすこしだけでてきたので、
このまま現状維持を続けられるようにがんばりまーす



  • 抗がん剤治療第3R(第23週目:寛解中)

    category:闘病 第3R

回り込み解除

だいぶ時間が経ってしまいましたが、12月2日、5週間ぶりの通院でした


いつも通り10時予約のつもりでいたのに、普段絶対確認しない予約票を
何気に見てみると・・・・・9時ですとーーー!!!
気づいた時点ですでに8時5分。そこから死に物狂いで(笑)準備して、
8時15分に出発です。眉毛をかき忘れましたけど、何か?

完全に遅刻だけど、なんだか信号も順調で9時5分に到着できました♪
が、受付で遅れてすみませーーーんと言うと、予約は10時ですよと
先生、書き間違ってくれたみたいです

こんな感じの、ガックリなで出だしでした

今回の写真は、近所の公園での紅葉写真で、内容とは全く関係なしです


DSC07717 (2)

どれだけ待たされるんだろう・・・という不安をよそに、いろいろ配慮してくださって
早めにエコー検査&血液検査をやっていただけました。
前回の血液検査でALP385(基準値47~254)、AST76(17~78)と、値が
高めだったのですが、嘔吐下痢もなし、食欲旺盛で元気に過ごした5週間だったので
何の不安も感じずの診察でした。


DSC07719 (2)

いつも通り、笑顔の先生に”完全寛解維持できてますよ”と言っていただき
完全に油断していたのですが、血液検査のそれぞれの項目の話になったとき
呆然となる数字が目に飛び込んできました(涙)
ALP 776(基準値47~254)
ALT 183(基準値17~78)
GGT 17 (基準値5~14)
肝臓系の3つの値が、どどーーーんと跳ね上がっていたのです
すぐには現実を受け止められず、呆然としてしまいました。

頭をよぎるのは再燃ですが、いやまて、完全寛解と言われた・・・よね・・・。
で、少し冷静になって話を聞くことができました。


DSC07739 (2)
エコー検査的には、どの臓器にも問題は見当たらず、GGTの上昇で可能性のある
副腎も大丈夫だと。ただ、細胞レベルで何かが起こっていることは否定できないと。

この5週間でストレスを与えたり、何か変化はなかったか聞かれたのですが、
5週間で考えると、クリスマスツリーを飾るためにチョコさんのサークルを
リビングから和室に移動させたことしか頭に浮かびませんでした
でも、後でゆっくり考えてみると前回の肝臓の数値も上昇し始めていたので、
5週間ではなく、10週間で考えると食生活に関していろいろ思い当たる節が
でてきました。これは、また別記事で

とりあえず、チョコさん自身がすごく元気なので、強肝剤を5週間飲んで
様子を見ることになりました。(ウルソとグリチロン配合錠)
5週間後の血液検査の数値によっては、肝臓の細胞診をすることになりそうです。
細胞診にはそれなりのリスクがあるので、今はまだそれをやる必要はないとのこと。

こちらの病院に転院して約5カ月。ALPの値以外ほとんど不安なく過ごしてきていて
油断がでてきていたのかな・・・。当然のように何年も一緒にいられると思い込んで
いたのは慢心だったかな・・・と数時間(笑)落ち込みました

しかーし、考えようによっては2年6か月も抗がん剤治療を続けて、この日まで
肝臓のお薬を飲むことなくこれたことだけで凄いじゃないか、チョコさんよ

はい。その日のうちに完全復活です♪


DSC07752 (2)

この日から、肝臓、胆道のことを必死に調べて、完全に食生活を変え、
チョコさんの不満はひしひし感じながらもがんばっています♪
その結果・・・あれだけ痩せなかったチョコさんのウェストが完全復活

あと、肝臓の値が悪くなったことをきっかけに購入したものが・・・

もーう、書かなければいけないことだらけなので、どどーんとがんばりまーす・・・多分(笑)


  • 抗がん剤治療第3R(第28週目:寛解中)

    category:闘病 第3R

回り込み解除

雪予報がでていたはずのチョコさん地方
結局一日シトシト冷たい雨で、咳が止まらない私と散歩にも行けないチョコさんは、
朝からゴロゴロしてますけど、なにか?(笑)

DSC_0279 (2)
こんな時こそブログを書こう!ということで、以前記事をアップする前に
消えてなくなってしまった(涙)、通院記録書きたいと思います

病院での写真はスマホで撮った数枚だけなので、ちゃっちゃといきまーす


IMG_0791.jpg
1月6日、5週間ぶりの通院でした
5週間強肝剤を飲んで、食生活を完全に変えてから初めての病院で、
もし改善されていなかった場合は細胞診を提案されていたのでドキドキでした
主治医は、おデブなチョコさんでも体重が100g減っていると「何かしましたか?」
と確認されるので、先にたんぱく質と脂肪を減らしたごはんに変え、おやつを一切禁止に
したことを伝え、検査をお願いしました。

で、検査結果は”速報”でお伝えした通り、すべて改善
先生も、何か原因が見当たらないか念入りにエコー検査をして下さいましたが、
お腹の中のリンパ節はどれも腫れていないし、内臓もこれと言って問題はないと。
ただ、肝臓がところどころまだらに見えるところがあって、これは脂肪肝でしょうと(汗)
あと、胆のうの見え方が、過去に何らかの炎症を起こしたことがあるように写っていると。
そういえば、前の主治医にも言われたことがありました
現状は大丈夫ということで、前回の肝臓の数値の急激な悪化の原因特定には
至りませんでした。何か、毒性のあるものを拾い食いしてないか?
何か良くないものを一時的に大量に食べてないか?と聞かれても、
その場ではピンとこなくて


IMG_0794.jpg
こちら、病院が終わってやっと朝ごはん、それもササミごはんに
ありつけたチョコさん一気に完食です

本当にこの5週間ストイックな食生活を(チョコさんだけ)続けたことを
先生に褒めていただき、次の診察までは少しおやつも解禁してから
検査でどうなるか見ていきましょうとなりました。
3日に1本のグリニーズ、OK出ましたよーチョコさん

今回の肝臓の数値の悪化ですが、私なりの考えは、腫瘍対策としてずっと
高脂肪高タンパク低炭水化物という、肝臓にとってはかなり過酷な食事を
2年以上続けたことと、休みなく続けている抗がん剤の服用で肝臓が疲れていた
ところ、あまりにチョコさんが元気だったのでついそのことを忘れ、高タンパク
高脂肪なおいしいフードをおやつにあげたり、牛乳水の濃度が濃くなったり、
一度目を離したすきに普段ならカミカミして終わるはずのでっかい豚耳を
半分くらい一気に食べられたことなどが関係してるのではと思っています。
先生と話しているときは全く思い出さなかったので、次回、この豚耳事件の
ことも報告しておきたいと思います。

結局、この5週間、週6日タラ、週1日がササミか卵、油分はアマニ油からを
徹底した結果、体重が300g減って、草を食べることがなくなりました。
きっと、肝臓の負担が減って、ムカムカがなくなったのでは


DSC_0060.jpg
残念!やめませんよー(笑)
ただ、週4日タラ、週3で脂身の少ないお肉や卵にしましょうね


DSC_0071.jpg
この日は、病院から帰ってタラを仕入れに行ったら、見事な肉厚の新鮮なものが
売ってましたよー♪お安くサンキュー、ジョイ本♪

ちなみに、タラの大きさを分かってもらうために、この5週間で新たに加えた
サプリを比較対象として置いてみましたが、イマイチでしたね
グリーンザイムとクリ母さんに教えていただいたマリアアザミ♪
きっと効果があったに違いない

次回の診察は、なんと6週間後です
今の病院に通い始めて半年とちょっと。基本的にリンパ腫はうまくコントロール
できているので、徐々に診察の間隔を開けましょうとのこと。
最初は、うーむ・・・と悩みましたが、とりあえず1回やってみようとなりました。
心配事ができたら、予約をいれてくれることになっているので、
今まで通り、淡々と過ごしていきたいと思います


今闘病真っ只中でがんばってるわんこやにゃんこや飼い主さん
治療がうまくいくこと、穏やかな時間が続くことをいつも願っています

  • 抗がん剤治療第3R(第34週目:寛解中)

    category:闘病 第3R

回り込み解除

今、たった今、書いたブログが消えたーーー(涙)
でもでも、気を取り直して、もう一度がんばります

本日、2月17日。雪の降る中、6週間ぶりの病院に行ってきました
雪は大好きだけど、通院の日に降らなくてもいーのにねー



チョコさんも、外の様子が気になるようで、いつもだったらすぐ
ぐーすかぴーなのに、長い時間、外の監視を続けておられました(笑)


IMG_0941.jpg
今日はいつもより早く、予約時間の1時間半前に家を出たのに、
いつもより渋滞がひどくて、あせりまくり
雪のせいかな・・・と思っていたら、年度末の駆け込み道路工事(怒)の
せいでした。勘弁してくださいよ、まじで。
結局、10分遅れで到着

すぐに、助手の先生とお話しして、血液検査へ
そうそう。今回も体重が150g減っていて、わたし的には完全OKなんだけど、
助手の先生的には、まだアバラや首の後ろにお肉があるし、背中も平らだから
もう少しダイエットを続けてはと言われました
いやいや。細ければいいってもんじゃない(笑)
前の主治医と四国の先生に、こデブの方が免疫力が高いって
言われたもーんって、心の中で呟いておりました。
現状維持をしながら、少しずつ痩せたらラッキーというスタンスで
いきたいと思います


IMG_0944.jpg
血液検査だけだからすぐ戻ってくるはずのチョコさんがなかなか
戻ってこずに、心配でドキドキしていると・・・・
怒り顔のチョコさんが戻ってきましたー
先生の手が空いたそうで、エコー検査までやったとのこと。
本当に、毎回心臓がキューンとする小心者です


IMG_0943.jpg
いえいえ。これから診察ですよ(笑)
結論から言うと、血液検査&エコー検査ともにほぼ満点
おやつのグリニーズ・タリーズ散歩・間食のドッグフードを再開してから
初の検査だったので、ドキドキしてたのですが、リンパ腫になってから
たったの1回以外、正常値にはいったことのなかったALPまでもが
正常値に入っていたのです!!!

抗がん剤を、ほぼ2年7カ月休むことなく摂取し続けて、ここにきて
すべて正常値ですか
前回指摘された脂肪肝も(汗)、かなり改善されているそうですし、
最初の主治医が、”痩せたらALPは下がる”と言っていたことも
実証されたし、強肝剤を飲んでいるとはいえすごいなあ・・・

で、ここで、先生に減薬の提案をしてみました。
現在、3日に1回、1/2錠のクロラムブシルを、週2回に減らせないかと。
休薬の提案をしたときは、即却下だったのですが、現状リンパ腫は
落ち着いているし、急激な減薬ではないのでOKですと。
で、火曜日が病院なので、月曜日と木曜日を抗がん剤の日と決めて、
抗がん剤を飲んで一番副作用が強く出る火曜日の診察で
様子を見ていきましょうとなりました。

最近血液検査結果を眺めていて気づいたのですが、クロラムブシルの治療に
なってから、だいたい白血球は7500~8000代を維持していたのに、
ここのところ、6800前後になっています。
正常値は6400~15000なので、下がり気味かなと。
クロラムブシルは畜毒性が少ないと言っても、やっぱりゼロでは
ないから、なるべく摂取する量を減らしていく方向でいきたいと思っています。


IMG_0949_20150217193613d34.jpg
病院から帰ると、チョコさんおっぴろげで爆睡です
あまりにけ毛がボーボーだったので、昨日お腹にバリカンをかけて
散切りになってますが、お気になさらずにー(笑)

これで、来週のお誕生日を、安心して迎えられそうです
どでかいプレゼントも用意できたので、お家に届くのは3月7日だけど、
楽しみに待っててねー


anigif3.gif

最後に、動く可愛いチョコさんをどうぞ

  • 抗がん剤治療第3R(第39週目:寛解中)

    category:闘病 第3R

回り込み解除

昨日3月25日、5週間ぶりの通院でした
抗がん剤を少しだけ減薬して初めての病院だったことと、
慣れないNEWチョコさん号での初ロングドライブということで、
なかなかスリル満点(爆)な通院となりました


DSC08016 (2)
ナビの設定の仕方が分からなかったり(冷汗)、300m先右折!という
ナビの指示に従ったつもりが1本早い右折レーンに紛れ込んでしまったり、
一瞬ヒヤッとすることがあったり、新しい車で初めての道を行っては
いけないと、強く心に刻まれたドライブでした(笑)
予約時間の9時には間に合ったので、結果おーらい


DSC08018 (2)
朝一9時の予約だったのですぐに呼ばれて、助手の先生とお話を。
一度だけ吐いたけど、それ以外は元気であることを伝えて、体重測定
今回は、5.95キロでした♪助手の先生に、”増えてないのがすごいことですよ!”
と言われていい気になった私は、”とりあずは、この体重を夏までは維持したいです♪”
なーんて言ったら、”いやいや、痩せましょう。このままじゃ、夏はつらいですよ”と。
正直、リンパ腫になって、無理と思いながら6キロを目指してやってきました。
いつかごはんが食べられなくなったときの脂肪貯金も大事だって聞いたけど、
チョコさんまだまだ貯金はたくさんあるみたいなので、次の病院の時までに
5.85キロを目指します無理は禁物だもんねー。


DSC08019.jpg
そのままチョコさんは血液検査と爪切りへGO
一旦戻ってきたとき、看護士のお姉さんに”とってもいい子でしたよ”と言われ、
いつもなら吠えるのに大人しく戻ってきました。
で、しばらくしてエコー検査に連れて行かれて戻ってきたときには・・・
わんわんわんわん!ここで気づきました!
チョコさん的に、血液検査までは我慢できるけど、エコー検査は我慢ならん!
ということだったんだと思います。
いつもがんばってくれて、本当にありがとね


DSC08020 (2)
最後に、先生の診察です。
診察室に入ると笑顔の先生が”今日も大丈夫ですよ!”と言ってくださり、
一気にこちらも笑顔になりました
そのうえ、前回の診察の時、転勤の可能性もあると伝えていたことを
覚えていてくださったことにも感動しました


DSC08021 (2)
エコー検査では、どのリンパ節も腫れていないし、過去に炎症をおこした
ように写っていた胆のうの見え方も、すごく改善されていると
”食事療法の成果ですね!”と言ってもらえて本気でうれしかったです


DSC08030 (2)
血液検査も、先生のその時の説明ではOKでした。
ALPは基準値オーバーだけど、気にならない程度だし。
ただ、家に帰って気づいたのが、電解質のクロール(Cl)が初オーバー
いろいろ調べてみると、上昇の場合は脱水が考えられるというし、
これだけの値をもってして病気を判断することはないようなので一安心しました
ただ、ナトリウムの変化によって受動的に吸収、排泄、分配されるとのことで、
タラ生活の影響かしら・・・と思ったりもしてます。
生のタラを必ず購入するんだけど、時々チンした後に味見してみると
しっかり塩味(海水?)がすることがあって。
そろそろ、タラの頻度を減らして、サーモンを復活させようか、あるいは鶏ささみや
馬肉の回数を増やすか悩み中です。


DSC08042 (2)
次回の診察ですが、もう少し間隔を開けてもいいのでは?と前から言われていたので、
7週間後の、ゴールデンウィーク明けに予約をお願いしました。
ただ、嘔吐下痢が続いたり、体重が急に減るなどの消化器症状が出た場合は
すぐ連絡するように言われました。
これからは、時々、近所の病院でも血液検査をしてもらおうかな。


DSC_0632 (2)
今回は、チンピラチョコさんの写真をいっぱい載せちゃったけど、
かわい子ちゃんだってことは、ちゃーんと知ってるからね♪(親ばかバンザーイ
次の診察までの7週間、おいしく楽しくチョコさんと過ごして、いい状態を
維持できるように頑張りたいと思います


~  ~ ~  ~ ~  ~ ~  ~ ~  ~ ~  ~ 

こなちゃんスターでフードファイターで、笑顔がキラキラなこなちゃん
私とチョコさんは、いつもあなたの背中を追いかけて、ここまでこれたんだよ。
心のどこかで、まだ奇跡を信じてるけど、もう無理は言いません。

こなちゃんが、苦しくなく、穏やかな時間を過ごせますように!
見守り続けるし、パワーも送り続けるからね!

闘病中の仲間たちにも、穏やかでやさしい時間がずっと続きますように!

  • 抗がん剤治療第3R(第46週目:寛解中)

    category:闘病 第3R

回り込み解除

昨日、5月12日。7週間ぶりの病院に行ってきました。

NEWチョコさん号のナビに惑わされながらも(笑)、ナビを信じてみると、
いつもより早く到着♪
でもね、これで心を許して全部信じてしまうと、痛い目みるんですよねえ・・・。
おそらく。いや、絶対(笑)。

DSC_0700 (4)
予約時間の9時より早く到着したら、すぐ検査してもらえました♪
こちらは、エコー検査と血液検査から戻ってきて、しばし呆然なチョコさん。
で、爪切りをお願いすることを忘れていたので、もう一度診察室へ。


DSC_0695 (4)
で、爪切りから戻ってきたとき、初めてお会いする看護士のお姉さん
だったのですが、”本当にいい子ですねー。みんなで、かわいいかわいい
言ってたんですよ♪”なーんて言われちゃって、ちょっとうれしい飼い主と
デレデレなチョコさん
実はガウガウなんですよーと正直に言っておきました(笑)
想像するに、爪切りされて緊張して、ちょっと舌がでて口が開いて
かわいく見えたんでしょう。ま、かわいいんですけど(爆)


DSC_0242 (4)
ちょっと待ってから、診察室に呼ばれました。
この7週間で気になったことを聞かれ、正直に、2週間くらい前のお出かけ先で、
わんこ用のチーズケーキを1個食べさせたら、翌日から草を必死で食べようと
して、それが数日続いたことを報告しました。せっかく肝臓の値が落ち着いていた
のに、きっと上がってるだろうと・・・(涙)。

結果から言うと、血液検査は、予想通りALPが基準値オーバー
ただ他の肝臓系の数値が正常値なので、問題ないでしょうと。
この7週間、強肝剤(ウルソ他)を止めていたので、また復活させるのか
確認すると、この程度の上昇なら飲む必要はないとなりました。

前回オーバーしていたクロールのことを聞いてみると、脱水気味だった
んじゃないかと。病院の日は絶食で、水だけだとほとんど飲まずに
脱水気味だと思うので、すっきり納得!

エコー検査の結果も、すべて問題なし!胆のうの見え方も、
もう全く問題ないそうです

で、ここからがこの日の本題です。これからのこと。

DSC_0395 (4)
長くなるので、箇条書きで。

<私から先生へ>
・クロラムブシル開始時より1キロ近く痩せているので、もっと減薬できないのか?
・今の体重での、クロラムブシルの適量は?
・抗がん剤を飲ませ続けることへの罪悪感、耐性ができることへの不安があるが、
 休薬はできないのか?
・時々、もうリンパ腫じゃないんじゃないかと思ってしまう。

<先生から私へ>
・現時点で、一般的なクロラムブシルの治療からは逸脱している。
・今の体重だと、一般的な治療では、1/3錠を2日に1回が通常量。
・3日に1回、1/2錠だと、適量。
・4日に1回、1/2錠(私の希望)だと、再燃するリスクが増える。
・今まで診ている限り、この子(チョコさん)は、ほとんど副作用を感じて
 いないと思う。(検査結果や嘔吐下痢なし、食欲旺盛から)
・副作用や罪悪感が減るということと、再燃のリスクが増えるということを
 比較すると、再燃のリスクを増やす方が絶対にダメ。
・再燃した場合、UW-25をまたすることになる。
・もし、自分のうちの犬だったら・・・(しばし考え)、今の治療を続けさせます。

先生は、とても穏やかな声でやさしく話してくれるので、何度も目頭が
熱くなりましたが、涙はこぼしませんでしたよ!

この時点で、休薬する自信はなくなりました。
現在の体重から考えると、ほぼ通常量に近い抗がん剤を飲むことで、
今の寛解が維持できているのかもしれないと思うと、もう止められないかも。

7センチの腫瘍(B細胞性・低分化型)→UW-25→2.5㎝へ縮小→四国の入江先生に
セカンドオピニオン(B細胞性・高分化型)→CTで手術は無理と判断→クロラムブシル

この流れを先生にもう一度話したところ、PCR検査(遺伝子検査)で10%未満の
偽陽性が出る場合もあるが、この子(チョコさん)の場合、2回ともB細胞性とでているので
腸炎による反応性腫大とは、話を聞けば聞くほど考えられないと。リンパ腫であろうと。

UW-25が終わっても寛解せずにお腹の中に残っていた2.5㎝くらいの腫れ(腫瘍)。
クロラムブシルを続けた今、本当に腫れていないそうです。
クロラムブシルを飲み始めても、なかなかお腹のリンパ節の腫れが引かなかった
ことを考えると、抗がん剤がじわじわ効いていたのかな、リンパ腫だよね・・・。


DSC_0704 (4)
ってなことで、クロラムブシル続行です!
ただ、その場で、週2回(月曜と木曜)と決めたのですが、家に帰ってきて
やっぱり痩せたんだから、8日に2回にしようと考え直しました。
実は、今回の病院までの7週間のうち後半の1カ月は8日に2回の
クロラムブシルを実践していて(そのことは先生にも報告済み)、
それで寛解を維持できてるんだから、もう7週間とりあえず勝手に
チャレンジしてみます。先生も、8日に2回がダメというわけじゃなく、
再燃のリスクが増えるという覚悟を持つようにとのことだったので、
覚悟をもって、がんばります。

次の診察までの7週間。手堅く、着実に、過ごしたいです。
チョコさん、一緒にがんばろーねー


回り込み解除

いただいたコメントのお返事もできず、ブログへ訪問してもコメントを残せず
ごめんなさい。

チョコさんの体調が、急に悪くなりました。
自分の気持ちも追い付いていけていない状態です。

先週水曜日の夜、散歩から帰って横になっているチョコさんの
唇をぐいーっとめくってみました。
普段なら見れない、歯茎の上の方までよく見えました。

そしたら、そこに、小さな平べったいおできのようなものがありました。
何となく嫌な予感がして、近所の病院に行ってみたところ、2・5mm×3mm
の黒っぽいできものができているとのこと。
いつできたかも分からないし、良性か悪性かは取ってみないと判断できない
(針での細胞診は無理)、今後、大きさの変化、膨らむ、血が出るなどに注意
して、手術する場合はリンパ腫を診てもらっている病院で一緒にやってもらった
ほうがいいとなりました。


DSC_1008 (4)
ただその時は、他に全く症状がなかったので、リンパ腫でお世話になっている病院に
電話して予約を早めてもらうお願いをし、ただ次週は大きな手術が入っていて予約は
とれないとのことだったので、6月2日となりました。
この時は、これで大丈夫と思いました。


DSC_0532 (4)
そしたら、この週末に入ってというか、特に日曜日の明け方くらいから
チョコさんが頻繁に吐くようになりました。
吐いた物を見ていると、胃がうまく機能していないようで、未消化のままです。
でも、食べたいチョコさんは、吐いても食べる!となっていたので、
夕ご飯も量を2度に分けて、量を減らしてあげました。
でも、2度目の後にすぐ吐きました。
下痢などは一切してませんが、消化器型のくせに嘔吐下痢がないのだけが
自慢だったのに、嘔吐が続いています。
口の中のできものが悪いものなのか、再燃してしまったのか、他の原因なのか
まだわかりません。

ここのところ、お出かけ続きで疲れさせたのか、抗がん剤を減らそうとしたのが
よくなかったのか、ずっと続けてたサプリを中断していたのがダメだったのか、
まー自分を責めようと思えばいくらでも責められます。
落ち込んでメソメソもしてました。
でも、もし、また憎たらしいガン細胞が動き出したなら、こいつらと戦うしか
ありません。私たち家族が、へこたれるわけにはいかないのです。


DSC_0634 (4)
日曜日の朝、散歩に出る時、チョコぱぱさんに、「もしかしたら第4ラウンドが
始まるかもしれないけど、がんばろうね!」と言って、握手をしてもらいました。

明日というか、もう日付は変わっているので今日、主治医はいませんが
リンパ腫でお世話になっている病院に行ってきます。
そして、明日先生に現状を伝えてもらって、指示を仰ぎたいと思います。

ただの体調不良であってほしい!そう願っていますが、もし、よくない結果でも
めげずに・逃げずに・あきらめずにがんばっていきたいと思います。

よかったら、チョコさんがんばれ!って心の中でいいので
応援してくださいね。

まずは、明日安全運転でがんばりまーす♪




回り込み解除

すぐに通院報告を書かねば!と思っていたのに、ここ最近の睡眠不足と
信頼できる先生に診てもらえたことへの安堵感でうっかり寝てました~
地震で飛び起きて、やっとこさ腹ごしらえをして、今に至ります

本日5月25日。黒いイボ問題と嘔吐問題と再燃か?問題を抱えて
主治医は不在ですが、いつもの病院に行ってきました!

受付で事情を説明して、明日主治医の出勤の際にチョコさんの状態を
伝えて、今後の指示を受けたいとお願いしました。


IMG_1193.jpg
診察室で待っていた先生は、まず、H先生(主治医)とは携帯で連絡が取れるので
安心してくださいと言ってくださって、私の緊張も一気にほぐれました。
黒イボを発見してからのことを細かく説明し、質問を受け、触診、聴診したところで
検査をしてみなければ分からないけど、感じとしては腫瘍からくる嘔吐ではない
気がするとのこと。まじですかーうれしーですー


DSC_0790 (5)
ただ、全身検査してみないと何とも言えないので、半日預からせてくださいと。
検査は即お願いします!だったのですが、朝9時半に預けて夕方4時半お迎え
なんて、チョコさんが耐えられるはずない・・・。
以前、ガンセンターで閉じ込められている間吠えつづけて、熱中症の三歩手前
くらいまでいってしまったと話して、私はいくらでも待つので、検査が終わるたびに
連れてきてもらえないかとお願いしてみると、快くOKしてくださいました。
近所の病院は、エコー検査だけでも預かりって譲らないんですけど!愚痴です(笑)


DSC_1029 (3)
レントゲン、血液検査、エコー検査×2回(2人の先生が見落としの無いようにと
最初と最後に診てくださいました)すべて終わったのが12時過ぎ。
朝ごはん抜きの私は、のど飴舐めて耐え抜きました(笑)


DSC_0800 (4)
まず結論。題名にも書きましたが、今回の嘔吐はリンパ腫の再燃や転移からくるもの
ではありませんでした。原因は不明ですが、急性の胃腸炎だろうと。
胃と腸がほとんど動いてなかったそうです。なので、補液と吐き気どめと
胃腸を動かす注射をしてもらいました。

血液検査も、嘔吐がつづいたのでボロボロかと思いきや、ALPが553と基準値
よりだいぶオーバーでしたが、他はほぼ正常値!
ALPが高いことが嘔吐を引き起こしたとは考えられず、嘔吐によってALPが
上がったのではとのこと。あと、嘔吐で考えられる病気は膵炎ですが、
リパーゼの値も正常値。血液検査からは再燃は伺えないと。

レントゲン検査からも、どこへの転移も見当たらないと。

エコー検査でも、再燃の兆候は見当たらないと。

再燃か転移を少なからず覚悟していたので、踊りだしたいくらい
うれしかったです♪

ただ、やはり歯茎の黒イボは腫瘍科で必ず検査するようにと。
メラノーマの可能性も否定できないと。ですよね
ただ、本当にぺたんこなんで、焼き切るか(ひょえー)ですねえと。
レーザーってことかしら…聞けばよかった。
メラノーマの可能性が残ったことは残念ですが、今現在どこにも転移してないって
ことは、取り除いて、放射線なり抗がん剤なりでなんとかなるのでは
メラノーマではない可能性だってあるし、良性の可能性もね!

今日また嘔吐したり、ウンチの色が黒っぽくなったりしたら、明日も連れてくるようにと。
また、主治医からの指示で、丸一日、一回も嘔吐をせずに済んだ日の翌日から
クロラムブシルを復活させることになりました。


DSC_0691 (5)
でね、実はここからが大変だったのです
チョコさん、病院が終わったら車の中か近くの公園でごはんを食べるのが
決まりなのですが、夕方まで絶食とのこと。
そのうえ、いつもの1/4量にしてくださいと。
車の中でもわんわん。飯食わせろー!
帰ってからも、しばらくは、飯はまだかー!って大騒ぎでしたが、
今はすやすや眠ってます♪

とりあえず、最悪の事態はまぬがれました。
また、来週の検査で、新たな戦いが始まるかもしれませんが、
ちょっとそれまでは、しばし気を抜いてゆるゆる過ごしたいと思います。

今回のことでは、ご心配おかけして、すみませんでした
そして、応援ありがとうございました-

  • 抗がん剤治療第3R(第54週目:寛解中)

    category:闘病 第3R

回り込み解除

先週の火曜日、7月7日にいつもの病院に行ってきました
黒イボ騒動での通院もあったので、4週間ぶりでした


IMG_1278_201507101944022b9.jpg
こちら、私にバリカンをかけられて、少しすっきりしたチョコさん
洗われ、刈られ、散々なチョコさんだったけど、主治医と看護士さんに
上手だと褒められた私は、超ごきげん
たとえお世辞でも(爆)、私は褒められて育つ人間です


この日も、朝9時の予約だったので、すぐに診てもらえました♪
5週間前に全身麻酔をした後、また草を食べたがるようになったので、
肝臓の値がまた悪いかもと伝え、触診問題なし、歯茎のその後も
順調ということで、エコー検査と血液検査をお願いしました



IMG_1288_20150710194403c6d.jpg
こちら、検査を終えて戻ってきたお疲れチョコさん
普段は抱っこで戻ってきて、チンピラのように吠えるのに(汗)、
リードを付けたまま検査をお願いしたので、ドアからすごい笑顔で
私の元まで走ってきました 可愛すぎる・・・



IMG_1292_20150710194405c6d.jpg
検査結果は、エコー検査はリンパ腫的には問題なしで、寛解を維持できていました♪
ただ、血液検査は予想通り、また肝臓の値、ALPとALTが基準値オーバー
あと、リン(P)が若干オーバーと、RBC(赤血球)が若干少ない。
7週間前は、胆のうの画像もきれいになったと言われていたのに、
今回は、普通胆のうは皮が薄いので画像としてははっきり映らないのが
正常らしいのですが、今回はっきり映っていて、炎症を起こしているの
かもと。ただ、泥はたまってないらしい。

原因ははっきりしないけれど、前回効果が見事に出た強肝剤の
ウルソとグリチロン配合錠を7週間飲むことになりました。
で、前回は、食べ物から脂肪を減らして、タラ生活、おやつなし生活を
徹底して効果があらわれたので、そちらも再びがんばることに。

今回、チョコさんの体重が5.8キロだったので、私的にはこのままでいいと
思っていたのですが、先生に、年を重ねるにつれて、足腰にも負担がかかる
ので、もう少し体重を減らした方がいいと言われてしまいました。


DSC_0433 (6)
こちら、闘病3年突破記念のプレゼントの新しい首輪をつけて、いい顔のチョコさん♪
いつも裸ん坊だから、保冷剤入れの襟?がすごくかわいくてたまらない

現状を維持するのもなかなか大変なのに、これ以上痩せさせるのか・・・と思うと
がっくりな反面、先生が、長期的にチョコさんの未来も考えてくれてるのかと
思うとうれしくもあり、よし、がんばるぞ!と決意しました

それに、最近の生活を考えると、久々にジャーキーメーカーで砂肝、レバー、
鶏胸肉のジャーキーを作って、お留守番の度に与えていたし、時々間食で
与えていたドッグフードも、新しい、高脂肪高タンパクのものに変えていたので、
その辺もよくなかったも。
チョコさんは健康なわんこではなく、抗がん剤を飲んで、肝臓をいっぱい酷使している
ってことを、また忘れかけていた、私の完全敗北です

でも、このまま負けてる場合ではないので、しっかり対応します!
今回もうまくいくか、実は不安ですが・・・


DSC_0611.jpg
こちら、闘病3年突破記念プレゼントのベッドでたそがれてるチョコさん(笑)
使ってくれた!って喜んでいたのもつかの間、結局5年くらい使っているベッドが
一番好きだそうです


肝臓や胆のうのことなど心配事も出てきてしまいましたが、寛解は維持できて
いるので、次回も7週間後の診察となりました。
私の中での最終目標体重は5.5キロですが、次回の通院までには、5.7キロ以下で
維持できているようにがんばりたいです。
今まで、目標6キロの時のお肉やお魚の量でご飯を作っていたので、そこを
目標の5.5キロで計算し直したいと思います

チョコさん一緒にがんばろーね!

そして、闘病中のお仲間さん達
いろいろあるし、急に目の前に壁が立ちはだかったりもするけど、
愛するわんこのために、一緒にがんばりましょうね♪
治療がうまくいくように、穏やかでやさしい時間がずっとずっとずーっと
続くように願っています

J母さん。私に何かできることがあったら、いつでも連絡くださいね!


  • 抗がん剤治療第3R(第61週目:寛解中)

    category:闘病 第3R

回り込み解除

だいぶ時間が経ってしまいましたが、8月25日、チョコさんの
いつもの通院でした
写真までは下書きに保存していたので、思い出しながら書きたいと
思います。


DSC_5676.jpg
この通院日の数日前くらいから、なんとなくチョコさんの元気がないような、
気のせいのような、ちょっと不安な気持ちの日々を過ごしていました。
本当に、よく眠っていたのです。そしてうろうろして、ハーハーしてまた寝る。


DSC_5681_20150827123126e7d.jpg
そんな不安な時に限って、アイスコーヒーを飲んでいるグラスに
大きな亀裂が入っていたりして、ちょっとブルーな通院日の朝でした。


IMG_1394 (2)
朝9時の予約で、8時半過ぎには着いたので、お散歩をして
おトイレも済ませ、診察開始とともにすぐ診てもらえました

まず、血液検査とエコー検査と爪切りをお願いして、割と早めに
検査が終わったので、結果が出るまでの間に4階のトリミングルームで
爪を切ってもうことになりました。
で、4階のトリミングルームはガラス張りだから中の様子が見えるんだけど、
絶対私が見ると、わがままを言いそうだったので、背中を向けて待ちました。
が、どうしてもどんな顔をしてるのか見たくなり(爆)、振り返ってみると、
まー、本気で怒って私をにらみつけてるチョコさんが

ママ、助けて~な顔ではなく、お前覚えてろよ!みたいな(汗)


IMG_1383 (2)
で、検査結果から言うと、エコー検査でも血液検査でも完全寛解を
維持できていました♪
前回、ALP532(基準値47~254)とALT(GPT)107(基準値17~78)と
基準値大幅オーバーだったため、また7週間強肝剤を飲んでいたのですが、
ALTは基準値に戻ったけれど、ALPは510と微減程度。
ただ、3年以上抗がん剤治療をして、ALPはしょうがない部分があるので、
ALTが下がっただけいいかなあ…と思いつつ、やっぱり不安。
そのうえ、今回は胆のうの大きさの1/4くらいに胆泥がたまっていると
腎臓や肝臓にダメージをまだ与えていないそうなので、脂肪分を
極力減らす方向でとなりました。泥が硬くなると、ほかの内臓に
ダメージが及ぶそうです。

食事に関しては、タラと鶏むね肉(皮なし)がメインだから脂肪が多いなんて
ことはない。で、間食に与えているドッグフードのせいかもと思って聞いてみると、
その可能性はあるそうで、現状のチョコさんは、炭水化物は気にしなくていいので
脂肪分を減らすように、そういうドッグフードにしてみては?と言われました。
今は、ロータスのチキンシニアや、ベジタブルサポートをおやつとして与えて
います。が・・・、とても高かったベジタブルサポートのタブレット(病院版)、
なぜかここ数日、見当たりませーーーん!小さな袋だったから、間違って
捨てちゃったのかなー。ショック
次買うなら、お安いほうのになっちゃうな・・・。
あとは、リンゴを乾燥機で乾燥させたものなどをおやつにしてます。

牛乳水も低脂肪、ヨーグルトは無脂肪、抗がん剤を飲むときの
チーズも中止しているので、次の診察では、泥が減っていたらいーなー。
これでだめなら、乳製品も控え、漢方を始めようと思っています。

IMG_1390 (2)
そうそう。この日は、闘病仲間のジョヤ君とママさんにお会いできました♪
治療を頑張っているジョヤ君をいっぱいなでなでできて、うれしかったです
チョコさんは案の定のチンピラでしたが
ジョヤ君の治療がうまくいくように、チョコさんと一緒にずーーーっと
応援してますから
お互い、頑張ろうね♪


  • 抗がん剤治療第3R(第67週目:寛解中)

    category:闘病 第3R

回り込み解除

写真だけ並べて下書き保存していた通院記録。
思い出しながら書きたいと思います♪

チョコぱぱさんのお父さんの49日の日程もあって、予定より1週間早めで
珍しく午後一の通院でした。(10月6日)




ちなみにこちら、帰省する前にあわてて、吠えたらサークルインという
基本的なしつけ中のチョコさん
よく考えたら、最近吠えてもサークルインさせてないぞー
継続は力なりなので、細々がんばります。



IMG_1498.jpg
今回の通院は、胆泥がどうなっているのか、再燃はしていないか、
ついでに前日のごはんで生タラのはずなのに、すごく塩辛かったものを
食べさせてしまったと後で気づいた、そして、落としたみじん切りの玉ねぎを
食べてないけど舐めたという、なかなかドキドキな診察でした

そういったことを先生に伝え、血液検査&エコー検査、そしてチョコさんの
顔が鬼のようになってしまう、トリミングルームでの爪切り、足回り、足裏カットを
お願いしました
写真はないですが、今回も私をにらみつけてましたよー(笑)



IMG_1501.jpg
結論から言うと、完全寛解維持できていて、血液検査もALP以外は良好
前日に塩分取りすぎちゃったけど、電解質もすべて基準値内♪
玉ねぎに関しては、半日以上たっていて、おしっこも赤くなっていないので
大丈夫でしょうと
そして、なんと胆泥が消えていますですと♪
先生に、何をしたんですか?と聞かれたので、とっさに低脂肪を心掛け
ましたと答えたのですが、いやいやそれだけじゃない。
だって、低脂肪はずっと心がけてましたもん。

ただ、あまりにいろんなことを始めたので(爆)、どれの効果かは不明

①おやつのフードを低脂肪に変えた
②ベジタブルサポートをおやつにあげた
③ご飯の消化をよくするため、たんぱく質以外はペースト状に近いものにした
④乳製品を極力減らした
⑤クコの実や菊の花など、薬膳素材を取り入れた
⑥わんわん漢方をご飯に少し入れた
⑦ペット用万田酵素のFermicを始めた

ただ、胆泥が消えて、ALTの値が基準値内でも、やっぱりALPが510


IMG_1503.jpg
過去の血液検査を見てみると、去年の12月にALTとALPがガッツーーンと上がって、
そこで食事の改善と一切のおやつ・ドッグフードをやめ、ウルソと強肝剤で、
ALPが基準値にまで戻って、そこからしばらくはALPも300台で治まっていたのに、
5月くらいからずっと500台になっています。
先生は、気にするほどではないと言うけど、やっぱり内臓が疲れてるのかなー。
抗がん剤のせいかなー。悲しいぞーーーー。
また、ドッグフードもおやつも全部やめて、おやつも野菜にするかなー。

とりあえず、強肝剤はやめて、ウルソだけ次の診察時まで飲んで、そこで
現状維持ならウルソもやめるそうです。

あと、某大学病院のHPで、肝臓に良い食事は?という質問に
軟らかく煮てつぶした野菜に生の肉を加えると書いてあるのを見てから、
タラは蒸し煮にするけど、時々の肉類は生食用をあげているので、
効果が出たらいいなあ。



DSC_6228.jpg
本当だね♪
この頃、あまりにバタバタしていて、本当に写真を撮ってなかったんですよね。
かわいい笑顔の写真がなかったから、こんなセリフを書いたんだわ、多分(笑)

何はともあれ、寛解できていて、日々普通にくらせてるので
これで良しとしなきゃね、チョコさん


闘病中のお仲間さんたち♪
お散歩シーズン到来だよ!お散歩できるときはのんびり楽しもうね!
みんなの治療がうまくいくように、いつも願っています


  • 抗がん剤治療第3R(第74週目:寛解中)

    category:闘病 第3R

回り込み解除

ブログをなかなか書けない今日この頃。
これってスランプ?(笑)
通院記録を書くことで、ブログを書く勘が戻ってくると信じて(爆)
がんばりまーす!

11月24日。チョコさん7週間ぶりの定期通院でした


IMG_1649.jpg
なんで、いきなりこんな写真かって?
通院の前日、普段だったらぺろぺろカミカミしてその辺に転がってるはずの
ビルバックチュウのLサイズ。いつもより、薄いなーとは思っていたんだけど、
この日の夕方、7センチ分くらいがっつり食べた残骸を発見(涙)

この通院前の2週間。ALPの値が気になって、ドッグフードのおやつも止めて
食事も注意して過ごしてきたのに、病院の前日に食べますかー!
油断した私が悪いんですが、憂鬱な気分の通院となりました


IMG_1652.jpg
この日に限って、長い時間カミカミはしてたんですよね・・・。

いつも通り、エコー検査と血液検査、爪切り足回り足裏カットをお願いして
待っていると、いつもだったら看護師さんが検査の終わったチョコさんを
連れてくるのに、なぜか今日は先生が待合室に連れてきてくれて、
エコー検査は大丈夫でしたよと。
で、血液検査の結果を待つ間、鬼のような形相になるトリミングルームへ



IMG_1658.jpg
今回は、スマホでズームして隠し撮りしてみました♪
この時の顔はあんまり怒ってないけど、やっぱりチラチラ振り返って
私が見るたびに、怒り眉毛がでてました(笑)




こちらトリミングルールームから待合室に戻ってお疲れなチョコさん

で、血液検査の結果ですが、強肝剤をやめてウルソのみ7週間飲んでいたのですが、
ほぼ何も変化なしでした。血液検査的には、ALP以外ほぼ正常値。
ALPだけ502(基準値47~254)で、もう6か月くらい500台です。
先生の見解は、エコー的にも血液検査的にも今現在内臓に悪いところは見当たらず、
おそらく一度胆のうなどが炎症を起こしてその後遺症というか名残というか・・・
言葉を忘れました(汗)。胆泥はほぼなし!

3月のALPの値は333。次の5月が553でそれ以降ずっと500台。
きっかけはわかっているのです。私の不注意なのです。
ネモフィラを見に行った帰りのペニーレインで、普段だったら絶対に
頼まない、わんこ用のチーズケーキを頼んでしまい、本当に普段
の私だったら絶対にそんなことしないのに、久々のお出かけで
気が緩んで、ほぼ1個食べさせちゃったのです。
それ以降も、抗がん剤をあげるときに使っていたチーズとか、本当の
原因はわからないけど、そんなことの積み重ねだったんだろうなと
思っています。・・・・反省。



DSC_7344_201511251055050b8.jpg
今は、なに由来のALPが上昇しているのか調べられるのですが、先生的には
する必要はないのでは?とのことで、とりあえず、ウルソもやめて、どうなるか
経過観察することになりました。

今回、私はALPや内臓が気になって、どのくらいの脂肪分のドッグフードを
あげてもいいか聞いたつもりだったんだけど、先生的にはダイエットが
目的と受け取ったようで、とっても噛み合わない会話をしてました(笑)

聞いてもなにのに(爆)、5.5キロを目指すなら・・・とか、BCS(わんこの肥満を
表す値で3が適正、4が軽肥満、5が肥満)は3の上か4の下。
すごく太っているわけではないし、無理する必要はないとか(笑)
いえいえ。私的には、今の5.8キロでいいと思っているし、
腫瘍の専門医にダイエットの相談なんてしませんよー

おやつにあげるドッグフードなので、8%でも6%でも大差ないようだし、
先生的にはALPの値との関連はないと思うとおっしゃるので、次の通院
まではまたおやつのフードを復活させることにします。
消化の良い手作りご飯だけだと、夜中に腹減ったーとなるので(汗)

あと、抗がん剤は飲み続けたほうがいーですかねー?って何気なく(笑)
聞いてみたら、再燃が一番怖いので止めてはだめですと言われて終了



DSC_7341.jpg
待合室でお薬を待っていると、闘病仲間のジョヤ君とママさんが登場♪
この日手術だったジョヤ君をなでなでして、おしゃべりして、少しは応援
できたかな。あ。チョコさんは、相も変わらずチンピラでした

この日は、ジョヤ君の手術が無事に終わり♪、エディちゃんにもいい兆しが
見え始め、チョコさんは寛解維持という、とてもいい日となりました
終わりよければ、すべてよし


DSC_7348.jpg
了解!
脂肪分には注意するけど、心配しすぎず、お肉の回数を増やしていこうね!


闘病中のお仲間わんこさん達も、おいしくうまうま食べて、穏やかで
幸せな時間を、のーんびり過ごせますように!






  • 抗がん剤治療第3R(第81週目:寛解中)

    category:闘病 第3R

回り込み解除

朝から雪がちらほら舞っていた1月12日。7週間ぶりの通院でした
今年に限ってまだスタッドレスタイヤをはいていなかったので、ちょっと
ドキドキドライブでした



病院で受付を済ませて、まずはお散歩♪
雪が降っていても、まったく震えることなく(笑)ルンルン歩きます。
そしていつものようにおトイレを済ませると、速足で病院へ。
血液検査→トリミングルームで爪切りなど→診察→エコー検査
→結果報告で終了です。

血液検査の時は、いつものように”いい子でしたよ~”って言ってもらえたのに、
トリミングルームでは、なぜか反逆児(汗)
今まで、顔は怒ってたけどイヤイヤすることはなかったのに、爪音とジタバタ
してる音が響き渡るほど、抵抗してました。

そして、すごく久しぶりに肛門腺絞りをお願いしたら、出てきたチョコさんが
臭くて臭くて
すごーく溜まっていたそうで、消臭スプレーのにおいを消すほどの悪臭(汗)
待合室で、必死こいてお尻周りをふきふきしました。でも臭かった・・・



IMG_1780.jpg
検査結果は、完全寛解維持♪お腹の中のリンパ節はどこも腫れてないとのこと。
そして、血液検査の結果は・・・いつもどおりALPが579と高値(涙)
ただ、それ以外はほぼ基準値内。
ALPが500台に突入して、かれこれ8か月。
自分なりにいろいろ努力はしているんだけど、どうしても下がりません
先生としては、胆泥もたまっていないし、画像的には内臓におかしなところは
ないので、チョコさん的にはその値でうまく折り合いがついているというか、
うまく均衡が保たれているので、そこまで気にせずに経過観察でよいとのこと。
私が、春にチーズケーキを食べさせたことがきっかけだと思うと伝えると、
食べ物の問題じゃないとも先生はおっしゃる。
ウルソも強肝剤もやめてこの値を維持できているので、いいのかなあ・・・と
思いつつ、この時は少し落ち込んでおりました。

今は、よくよく考えると、丸3年7か月も抗がん剤治療を続けているんだから、
肝臓も胆のうも胆道もそりゃ、健康な子たちに比べたら疲れてるに違いない。
だからこそ、今まで以上に、できる限り内臓に優しく過ごしていこう!と
固く心に誓いました!
先生は違うっていうけど、やっぱりチョコさんは脂肪分に弱い気がするので、
増やしたお肉の回数をまた減らして、なるべく酵素たっぷりのごはんを
続けていきたいです(*^-^*)



DSC_8436.jpg
こちら、病院が終わって、やっと朝ごはんにありつけたのに、
足りません!とおっしゃるチョコさん(笑)いやいや、おなかは
ぽんぽこりんですよ

そうそう。今回、私久々にトンチンカンなこと聞いちゃいました(汗)
ずーっと前からチョコさんのお腹に黒いゴマ粒のような点が、いつくか
あったのですが、なんだかそれが大きくなった気がして、もし腫瘍だったらと
心配になって先生に確認してもらったら、なんとそれは・・・乳首でした(恥)
今まで、へそや脂肪を腫瘍と勘違いしてきましたが、まさか乳首とは・・・
この日は落ち込み気味だったので、大笑いして診察が終了して
よかったです

このあと、駐車場でジョヤくんの”わんわん”を聞けてお顔も見れて、
チョコさんも車の中から”わんわんわんわん”エールを送った(汗)のに、
もう会うことができないなんて、今でも信じられないです



DSC_8442.jpg
この日の朝、みいすけちゃんの訃報を知り、とてもナーバスだった私。
チョコさん、朝から私の様子がちがうこと、敏感に感じ取っていました。
いつもだったら、帰りの車の中ではすぐ寝るのに、この日は、すごく
視線を感じて、ふと見るとじっとこちらを見つめていました。
ほとんど眠れなかったね。ごめんね。不安にしちゃったかな。
もっとしっかりしなくちゃだね!



DSC_8603.jpg
いつまでも、この無防備極まりない寝姿のあなたを見ていられるように、
もっともっと、でもゆるっとがんばるからね♪
おつきあいよろしくね、チョコさん

~ ~ ~  ~ ~ ~  ~ ~ ~  ~ ~ ~  

チョコさんが悪性リンパ腫消化器型の高分化型と診断をうけたとき、
犬の症例は少なく、ブログも見つけることができませんでした。
そんなとき、チョコさんより10か月早く闘病を開始した猫ちゃんの
ブログを発見して、目標にして勝手に一緒にがんばってきました。
その猫ちゃんが、お空へ旅立ちました。
最後の1か月、猫ちゃんも飼い主さんも本当に大変だったと思います。
でも、本当に本当に、立派でした。
私にできるかな・・・。

闘病の先輩や仲間たちのブログのおかげで、いろんなことを
学ばせてもらいました。
今のチョコさんは、あまり闘病として参考にはならないかもしれないけど、
数か月と言われた命が、3年7か月たった今も元気に輝いてるって
知ってもらえるだけで、もしかしたら力になることもあると思うので、
ちゃんと書くぞー!と心に誓いました。

この冬は、寂しいお別ればかりです。
でも、出会えたことに感謝♪一緒に頑張れたことに感謝♪
ありがとうの気持ちでいっぱいです

お空の上から、チョコさんのこと、そして闘病をがんばっている
仲間たちのこと、見守ってくださいね

回り込み解除

7歳の誕生日を迎え、そしてリンパ腫闘病3年8か月目に突入した
3月1日。いつもの通院でした。
通院報告は詳しく書きたいのですが、今は長文を書く気力が
わかないので、簡単な報告だけ。



血液検査の肝臓系の値が悪化し、エコー検査で胃壁の一部が厚くなっていました。
草を食べたがることだけが気になって、それを報告し、念入りに診てもらって
わかりました。
通常5ミリのところ、現在6.7ミリ。その他、エコー検査的にほかの臓器に悪いところは
何もなく、血液検査もALP/ALT/GGT以外は良好。リンパ節の腫れもなし。

可能性は、再燃か胃の炎症か。゚(゚´Д`゚)゚。
再燃という言葉に、心が凍った。


DSC_8635.jpg
胃のお薬を飲んで2週間後に再診です。ただ、調子が悪そうだったら
2週間なんて待ちません。

一度のご飯の量を減らし、いつもより遅い時間にのんびり朝んぽに
でかけました。いつも通りのような、そうでもないような。
公園でまったりしてあげることが全くなくなっていたので、
今朝はゆっくりぼーっと公園にいました。

そこで帰ればよかったのに、信号を渡りたいと申すので(笑)
もう少し歩くと、草を食べ始める。(T_T)


DSC_8638.jpg
慌てて抱っこで帰って30分くらいで、食べた草とともに
未消化の朝ごはんを大匙山盛り1杯分くらい吐く。
野菜系はブレンダーで細かくしたのに、タラは大きいままだったので
今後はタラも細かくしなければ。



DSC_8642.jpg
昨春頃、同じ状態で何度か吐いたときは、胃の動きが止まっていると
言われて、注射と薬で回復した。

こちら、吐いた後しばらく眠って、キッチンに立つ私に気付き
腹減ったというチョコさん。



DSC_8644.jpg
朝ごはんの分を大匙2杯くらいよけていたので、それのタラを細かくして
消化酵素を足して、がつがつ食べないように、平たいお皿にうすーく
のばしたのもをあげたら、ぺろぺろ舐めながら完食。

今は、食べて2時間くらいたったかな。
ぐっすり眠っている。
どうか、吐きませんよーに


DSC_8602.jpg
私も、気持ちで負けない!
一瞬、負けそうだったけど、負けたくない。

思い返すと、時々ちょっとむかむかしてるそぶりはしていた。
お口をぺろぺろしていた。
ちょっと、鈍感になってたかな。

神様に喝を入れられたと思って、気を引き締めるぞー!

また、忘れないうちに、通院報告も書きますね。
チョコさんのこと、少しだけ、がんばれ!って応援してくださいね。

再燃じゃなくて、誕生日ケーキの食べ過ぎだったっていう
笑い話になりますよーに



  • 抗がん剤治療第3R(第88週:グレーゾーン)

    category:闘病 第3R

回り込み解除

前回のブログを書いたとき、私の気持ちは地の底に沈みこんで(笑)、
悪いことばかり想像してましたが、80%は気持ちも復活してます♪
100%と言えないところが情けないんですけど

ちゃんとチョコさんのことを記録に残すため、通院記録を書きますね。
ちなみに写真は、昨日のチョコさんです




この日は7歳を無事に迎え、闘病3年8か月目に突入した日でした。
先生に7歳になりましたー♪て報告して、よかったねーって
頭をなでなでしてもらって(もちろんチョコさんが(笑))穏やかな
雰囲気での診察でした。

で、7歳にもなったことだし、チョコさんは生涯で6回しか投与できない
心毒性の強い抗がん剤を既に4回投与していることと、ちょっと過去に
(今は違うと信じたい!)おデブ期が長かったので、心雑音が出てないか
心配だということを話して、念入りに聴診してもらいまいました。

何度もいろんな場所に聴診器をあてるのでドキドキしてしまいましたが、
心音も大丈夫、不整脈もない、肺の音もきれいとのことで、
幸先の良い♪感じでした。



DSC_8671.jpg
ここから、いつもの血液検査とエコー検査でした。
元気だけど、草を食べたがることが気になるとだけ伝え
検査が終わるのを待ちました。



DSC_8681.jpg
診察室に入ると、いやな感じが・・・。普段、完全寛解維持できているときはない、
エコー検査の画像の写真がある・・・



IMG_1963_20160304151323852.jpg  IMG_1962_20160304151322b66.jpg
まずは、いいほうの話から。胆のうは真っ黒に映って、泥もなくとてもきれいと。
もう、これを聞いていても次のことが怖くて頭は真っ白
で、次が、胃壁の一部が厚くなっていて、通常5ミリのところが6.7ミリ
になっていると。通常胃壁はバームクーヘンのように層になっているのに、
そこだけが層が見えずに厚くなっていて、考えられることは、再燃の可能性があると。

再燃?再燃?再燃?再燃?????
初めて言われたこの言葉に、衝撃を覚えしばし頭は真っ白けっけ。
血液検査の結果は、
ALT(基準値17~78):292
ALP(基準値47~254):761
GGT(基準値5~14):15

これ以外はほぼ基準値内。
覚えていることを書くと、貧血にもなっていないし、好中球もしっかりあるし、
現在肝臓に何かがある場合に上昇するはずの(どの項目か覚えてない)
値は全部基準値内。
エコーの画像では、胆のうも肝臓もきれい。

チョコさんは今までに80回以上の血液検査をしているのですが、
その中でもALTの値は一番高いし、チョコさんの体内で何が起こってるのー!!!
胆のうに泥がたまって炎症でも起こしていれば、ここまで深刻にならず、
その影響で血液検査の値も悪いんだと思えるんだけど、胆のうが
きれいだといわれると、やっぱり再燃なのか・・・。



DSC_8685.jpg
もし再燃だった場合の今後については、今は少ない量のクロラムブシルを
飲んでいますが、通常量のクロラムブシルを飲んで、寛解を目指すと。
それでだめなら・・・・また点滴や注射の抗がん剤・・・・。

だったら、もう抗がん剤量を増やしたいと言ったんだけど、まずは吐き気止め
の薬を飲んで様子を見ると。今抗がん剤の量を増やすと、原因がわからない
ままになると。再燃なのか炎症なのかをはっきりさせるのがまず大事。
今は胃壁が6.7ミリなので細胞診はできないから、まずは2週間後まで
様子見することになりました。

今考えると、抗がん剤を止めたいと思っていたのに、いざ再燃かもと言われると
すぐ増やすー!なんて、ほんと馬鹿な飼い主です。
冷静な判断がまったくできない状態でした(汗)

たくさん泣き言を吐いて(笑)、先生に励まされて帰ってきました。



DSC_8687.jpg
呆然として家に帰ってきてから、過去のチョコさんの闘病ファイルを
引っぱり出して、そこにあるエコー画像を見ると、7センチの腫瘍だの
ずっと寛解しなかった2センチ強の腫れだのいろいろありました。
まてよ。正常値5ミリのところ6.7ミリってことは、まだ1.7ミリの腫れじゃない!
それに、もし今の状態で事実再燃だったとしたら、絶対高分化(低悪性度)の
リンパ腫に決まってる!低分化(高悪性度)のときは、本当に坂道を転がり
落ちるようにひどい状態になったから。こんな、普通に眠ることなんてできて
なかった。・・・・・もし再燃でも、絶対、戦える!って、前向きになり始めたころ、
チョコさんが嘔吐して、また激落ち込みしてしまいました(汗)
あ。この嘔吐が前回のブログの嘔吐です。



DSC_8690.jpg
でも、やっぱり私を勇気づけてくれるのはチョコさんです
吐いた日の夜、ご飯の量を半分にして食べさせた後、寝る前くらいまでに
吐かなかったら、残りも食べさせるつもりでした。
なのにね、チョコさんときたら、半分の量じゃ絶対たりない!って、
本気で飛び回って、吠えて怒ったのですよ。
しつけとしては、最悪ですよ。ダメ飼い主なのはわかってます。
でもね、食べるんだー!っていうのは、生きるんだー!だと思うのです。
この、食べる!っていう意欲があり続ける限り、チョコさんはがんばれるって
思うのです。

で、その後、やっぱり草を食べようとすることはあるけれど、嘔吐はありません。
気持ちのモヤモヤは残ります。
実際、2週間後に再燃をつきつけられたら、また泣くよな…先生困るよね(笑)
でもでも、泣くだけ泣いた後は、絶対に前を向きますよー♪

それにね、まだグレーゾーンです。
今は、再燃を想定しつつ(再燃じゃない!と思っていて再燃だと立ち直れない)、
再燃じゃない可能性も信じつつ、食事とサプリは初心に戻り、チョコさんの
体調には目を光らせ、次回の診察までなるべく楽しくすごしていきたいと
思います♪

あ。そうそう。ずっと買いそびれていた2か月待ちのベッド。
絶対、2か月後チョコさんが元気に使ってくれると信じて、
願掛けも込めて注文しましたよ
楽しみだねー、チョコさん


そして、闘病中のお仲間さん達♪
いろいろあるけど、めげずにのんびりがんばろーね!

プロフィール

ちょこぽん

Author:ちょこぽん
チョコさん:でかちわわ
2009,2,25生まれ♂
食べるの大好き♪

2012,7 悪性リンパ腫(消化器型)と診断され、現在UW-25プロトコルで抗がん剤治療中!

2013,2 2度目のセカンドオピニオンにより、現存する腫瘍が高分化型(低悪性度)悪性リンパ腫と診断をうけ、抗がん剤治療第2ラウンド頑張ってます♪

チョコさんのお誕生日

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム