DSC_0045-1.jpg
  • 通院(リンパ腫以外)

回り込み解除

回り込み解除

帰省した記事を途中まで書いていたのですが、なんだか通院が続いたので

まずそちらからまとめまーす♪


9月8日早朝。散歩に行こうと思ってチョコさんを抱っこしたところ、

いつも手にあたる部分にあるチョコさんの脂肪腫が巨大化してる!?

全く触れた時の感覚が違って、背筋が凍りながらチョコさんを下して

確認してみると・・・



DSC_0103.jpg

でした(涙)

これほど、しっかり血を吸われた状態を見たのが初めてで、落ち込む&焦る(≧◇≦)

カレンダーで確認すると、前回フロントラインをしたのが7月の前半。

ほんと、いつもつい忘れちゃうというか、もともと使いたくないので

余計忘れるという悪循環。反省。

とりあえず、フロントラインをつけて、ダニ野郎にはハーブスプレーを

かけまくって、病院が開く時間を待ちました。



DSC_0108.jpg

ほんと、ごめんね(涙)

いつも些細な事のときに行く病院が休みだったので、以前時々リンパ腫の経過観察を

していただいていた、少し足が遠のいていて(気持ち的に)気の重くなる病院に

行ってきました。設備は完璧(CTまである)、料金も安い、だけど信頼していた

先生が気づいたら辞めていて、その後何度行っても次に信頼している先生に診て

もらえず・・・ほか諸々トラウマがあって(爆)一人では行きたくない・・・けど

チョコさんのためにがんばりました(笑)


すると、今回は1~2年振りくらいに、信頼できる女医さんでした!

ダニで行ったのに、もともとALPが高かったことを覚えていてくれて、

その後どういう経過をたどっているか、そしていつも持ち歩いてる

チョコさんの検査結果ファイルを見てくれました。

この病院のほかの先生は、メインが別の病院だと伝えているので

あんまり親身になってくれないというか、詳しくはメインの病院で!

というさみしい対応が多かったのです。

それも当然といえば当然なのですが、今回の女医さんの対応が本当に

うれしかったです(*^-^*)



DSC_0123.jpg

ダニで行ったのに、おしっこの比重が軽いことなどを相談して、可能性の話をして、

採れるなら今おしっことりましょうかーになったのですが、見事におしっこをした

後だったし、わざわざ管で採尿してストレスを与えるのも嫌だったので、近日中に

おしっこを持参することにしました。

で、ダニのことを思い出して(爆)、その場で取ってもらったのですが、

ハーブスプレーが効いていたのか、ポロっとすぐとれ、刺された跡も炎症をおこしてる

感じもなかったので、お話をいっぱいしたのに540円で終了でした。(安っ)



DSC_0100.jpg

その後は、ダニに刺された跡を気にすることもなく、涼しいときは

お散歩も楽しんでいたので、2週間後くらいにおしっこ検査に行こう!

と思っていたのですが・・・。


長くなったので、次の通院へ続く。

(今のところ、悪い結末ではないのでご安心を!)



スポンサーサイト

回り込み解除

ダニで通院したちょうど1週間後のことでした。

チョコさんのお顔をふと見ると、右目の下瞼のところに黒い塊がついていて、

とっさに触ったところ、固くて・・・・・・またダニなのかー???

冷静になろうと思ってよく見ても、もう老眼が始まりつつあるアラフォー

(いつまでアラフォーって言っていいのかしら(*´Д`))、それがダニなのか

何なのか全くわかりません。

とりあえず、ダニだと嫌なのでハーブスプレーをティッシュにシュッとして

ちょっとだけ、その塊につけてみたりしていると、チョコさんが急に

いやいやーってのたうち回りだして、その塊が取れました。

ちなみに、4ミリくらいの黒い塊でした。



IMG_2405.jpg

で、その塊と、予定を早めておしっこを持参して病院へGO!

受付でおしっこと、何かわからない塊を渡して診察を待ちました。


まず、信頼してる女医さんだったことにホッとし、黒い塊はダニではなく

血か体液が固まったものでした。結論は、マイボーム腺が詰まって

腫れていたのでした。わんこ自体が気にするようなら、切開して詰まった

油分を取り除くそうなのですが、チョコさんはやっぱり麻酔や鎮静をかける

ことによるストレスで腫瘍が騒ぎ出す可能性があるので、しない方がいい

となりました。とりあえずは、血か体液が固まっていたのだから、傷口が

あって炎症を起こしている可能性があるので、1週間抗生剤をまず飲む。

そして、1日3回、こすり合わせて温めた手で、チョコさんの瞼を温めて

あげることを30秒、毎日続けて様子見することになりました。



DSC_0858_20160908181831b98.jpg

こちら、現在のチョコさんの通院ファイル♪こういう些細なことで、テンションが

あがって、闘病が頑張れる飼い主です(≧◇≦)


で、おしっこ検査の結果ですが・・・前回が比重1.015。

今回が・・・1.010。下がってるーーーー。

この値は、水並みなんですと。がっくりです。

(後々考えてみると、ネットで腎臓と肝臓にはすいかがいいというのを見て、

 2日連続であげていたのでこれのせいかなあ・・・)


もう私的には、腎臓病だーと思って、心折れかけて呆然。

ただ、先生的には今までの血液検査結果のBUNとクレアチニンは

(腎臓が悪いとこの値がドーンと跳ね上がり、腎臓の大部分が機能を失ってる

可能性があるそうです)いつも低めの正常値だし、おしっこにタンパクや

ほかの成分も出ていないし、腎臓病とはあまり思えない。

おしっこが薄くて、ALPが高いことを考えると、副腎の問題か甲状腺の

問題か・・・。


副腎はエコー検査。甲状腺の検査は、空腹時にまず採血。

ごはんを食べてまた1時間後に採血。のような感じで、時間とお金も

そこそこかかると。もし、本当にそういった病気なら、やっぱりリンパ腫の

治療と一緒にした方がいいとのことで、この日はとりあえず血液検査だけする

ことにしました。本当は、初期の腎臓病がわかるSDMA検査をお願いしたかった

のですが、この病院ではまだやっていないとのことで断念。



DSC_0185.jpg

結果は・・・、貧血はぎりぎり正常値の下限ですがセーフ♪

腎臓に関するBUNとクレアチニンも完全にセーフ♪

で、やっぱりALPのみ965!!!こんな数字、見たことない(涙)


腎臓病の可能性は低いが、もし腎臓病でもタンパクがおしっこに漏れ出ていない

チョコさんに現段階でしなければいけない治療はないとのこと。

初期の初期の腎臓病の場合、それなりのたんぱく質は必要で低たんぱくを

心がけすぎるのもよくないし、今の食生活でよいと。

ほかの病気でも、急を要するような状態ではないので、近いうちにいつもの

病院で相談してみてくださいとなりました。


で、恒例の質問をしてみました。チョコさんは抗がん剤を続けた方がいいですか?って。

再燃して、一からの治療になることを考えると、気持ちはわかるけれど

飲み続けた方がいいと思いますと。ですよね・・・・了解。

再燃しない可能性もあると思うんですけど・・・ね(+_+)



DSC_0191.jpg

すっきりしないモヤモヤ気分で帰宅し、これからどうしたものか考えて

少しぼーっとしてる私の視界に、いつもと違う光景が・・・。

リビングに敷いてあるマットの上に、鮮血の流血がーーー。


えー!!!っと軽く叫ぶと(汗)、チョコさんもびっくりして歩く歩く。

そして、そこいらじゅうに血染めの足跡が・・・(≧◇≦)

この日、爪切りと足回りカットをお願いしていていて、深爪が原因でした。

しばらくティッシュで押さえると血が止まったのですが、すぐなめちゃて

また血がーーー。



DSC_0194_20160908181827ef0.jpg

家じゅうを血染めにされては困るので(汗)、拉致してまずは包帯で

ぐるぐる巻きにー。



DSC_0196.jpg

でも、すぐ取れちゃうので、今度はミシンで長い靴下状のものを縫って装着!



IMG_2413.jpg

基本閉じ込められるのが嫌いなチョコさんなので、しばらくはシュンっとして

飼い主も心配してたのに、だんだん出せーって大騒ぎしだしたので、

大丈夫だって安心したのでした。何度か出血と止血を繰り返しましたが、

夜には完全に止まりました♪


で、腎臓は大丈夫そうだけど、ALPの値がここ3年半で一番高いのが心配なので、

翌日、主治医はいない日ですが、いつもの病院に行くことにしたのでした。


つづく。


このブログは、自分にとっての覚書なので、長くなってますが

よかったらお付き合いくださいね。


回り込み解除

下瞼のおできで通院して、おしっこの比重が水並みに軽いということと、

ALPが965と、悲鳴を上げそうになるほど高かったことが心配で、

翌日の9月9日、主治医はいませんがいつもの病院に行ってきました。


過去に一度体調を崩したときに診ていただいて、すぐに主治医と連絡を

取ってくれた先生を指名しました。

受付で、前日の血液検査の結果を渡して、エコー検査とSDMA検査を

してほしいと伝えて、順番を待ちました。



IMG_2418.jpg

まずはお話を聞きましょうとのことで、心配事を説明。

・おしっこの比重が前回の検査結果よりも軽い。腎臓が心配。

・ALPが965。再燃してないか心配。

・いつもより水を飲む気がする。ただ、手作りご飯でいつも大量に

 おしっこはしているので、いつからおしっこが薄くなったのかは

 わからない。

・副腎のことが気になる。


おしっこが薄くて、ALPが高くて、水をよく飲むという症状を考えると

10~20以上当てはまる病気があるそうです。で、検査しやすい

ところから消していきましょうとなり、エコー検査とSDMA検査を

まずお願いしました。




IMG_2421.jpg

割とすぐ診察室に呼ばれ、診察台には8枚くらいのエコーの写真。

まず、副腎は2方向から確認したけれど、どちらも正常な大きさなので

問題なし。腎臓もエコー的には問題なし。肝臓や胆のうなども問題なし。

胆のうの写真は黒々写っていて、本当に泥が消えたんだとびっくり!

主治医は、問題ないときはエコーの写真を持ってこないので、きれいな

胆のうは初めて見たかも。再燃ももちろんなし♪


今回言われたのが、主治医(腫瘍認定医Ⅰ種)は毎回のエコー検査で

副腎も腎臓も全部確認していますと。そうですよねー。前日の女医さんにも

ALPが高いと認識している時点で、副腎はエコーで見てると思いますよと

言われてました。でも、前回の主治医の診察から3週間以上たっているし、

心配だったのです。副腎の大きさの説明を聞いたこともなかったし。

そういえば、主治医に、このふさふさな毛並みで副腎の病気はないと言われて

もいたな…とその時思い出しました(;^ω^)



IMG_2433.jpg

通院のご褒美に、売店でビルバックチュウを買ってもらったチョコさん♪

大きいまま与えたのは久しぶりだったので、ずーっとカミカミしてました。


副腎の可能性が消えたので、外注のSDMA検査の結果を待ち、腎臓が問題なしで

甲状腺の可能性が残れば、またその検査をしましょうとなりました。

ALPの高い値については、少し太ったからではないですか?と。

うんちをしてなくて、首輪とリードをつけたままで6キロでした(+_+)

そういえば、また最近体重を量っていなかった・・・。雨や暑さで

お散歩もあんまり歩かなかったし…反省。

あと、夏が終わると、自然と水を飲む量が減って、何事もなかったように

普通に戻るわんこもいると言われ、その可能性もある気がしてきました。



IMG_2437.jpg

前回この日の先生に診ていただいたときは、先生ももっと緊迫感が

あって、エコー検査も自分ともう一人別の先生にもお願いするといった

念の入れようでした。その時と比べて、おそらく今回は本当にたいした

ことじゃないのかも・・・という感じがひしひしと伝わってきました(爆)

チョコぱぱさんも、犬友さんも大したことないって言ってくれてたのに、

私はどうしても心配だったんだよなあ・・・。


そんなこんなで少し私も冷静さを取り戻し、落ち着いて数日SDMA検査の

結果を待つことにしたのでした。




IMG_2453.jpg

で、なんと翌日にはもうSDMA検査の結果がでて、正常値でした。

これで腎臓の可能性もほぼなし。

なぜ、ほぼかというとSDMA検査では、腎機能の40%が失われた段階で判明するので、

それ以下の腎機能が失われている可能性はゼロではないのです。

でも、今までの検査だと腎機能の75%が失われた段階でないとわからなかった

ので、これでも早期に発見できる検査なのです。


とりあえず、先生の指示で、チョコさんがどのくらい1日で水を飲むか調べて

連絡をすることになりました。

ただね、ここの所めっきり水を飲まなくなっていまして、量ってみたところ

かなり多く見積もって80cc。なんだか、病気ではない気がしてきましたよ♪

気温が下がってきたけれど室内がムシムシするので、真夏の時よりもがっつり、

人間は寒い!って思うほどクーラーを効かせているので、チョコさんは

快適で水を飲む必要がないのかも。


で、今日現在、先生に伝言で飲み水の量を伝えて連絡待ち中です。

ただ、水も飲まなくなったと伝えてもらったので、様子見して次の主治医の

診察日まで何もしない気がしてきました。チョコさん元気だし(爆)。


犬友さんにも言われたんだけど、検査でたまたまその数字を知っちゃったから

気になるけど、人間同様日々値は違うんじゃないかって。

毎日同じ方が変じゃないかって。なるほど♪


ALPが高いこと、おしっこの比重が軽いことの結論は出ていませんが、

特別な病気ではなく闘病5年目のチョコさんの、普通の状態、あるいはちょっと

夏で疲れた状態かなという気がしてきました。

そりゃ、抗がん剤治療を4年以上も続け、時に高脂肪高タンパク食で胆のうは

疲れただろうし、抗がん剤を解毒し続ける肝臓なんて、本当にヘトヘトに違いない。


全く無視することはできないけれど、検査結果の数値にだけ振り回され

ちゃダメだな・・・、目の前のチョコさんが元気だったらそれでいいのかも♪

と少しだけ気持ちが楽になりました。



DSC_0238.jpg

こちら↑、チョビさんに描いていただいたチョコさんのイラストに、

LINECAMERAのスタンプをペタペタして作ったハロウィンチョコさん♪

こういうことにチマチマ集中して、完成形が大満足だと本当にストレス

発散になってアドレナリン爆発です(笑)


次のいつもの通院まで2週間とちょっと。

いろんなことがあった夏だけど、その頃にはすべてが落ち着いていると信じて、

チョコさん夏を乗り越えてえらい!パーティーでも(爆)開いてあげたいな(*^-^*)

少なくとも、ごちそうは作ってあげよう!



闘病中のお仲間さん達。あとほんのちょっとで、秋だよ♪

ゆっくり散歩を楽しんで、おいしいものを食べて、夏の疲れを

早く癒したいね♪もう少し、頑張ろうね(*^-^*)



回り込み解除

ここ数日、庭に出せーの合図で外に出してあげると

3回に1回くらい、おちっこじゃなく、草を食べに駆け出して

庭をさまよっていたチョコさん。

別の時には、何か気持ち悪いのか、口をもごもごさせたり、

エアぺろぺろでしばらく空中をぺろぺろしたり。


また、胆道系の調子が悪くて気持ち悪いんだ・・・と思って、

火曜日の病院を思うと少々憂鬱になっておりました。


が、土曜日のお昼頃、なんだかやっぱり口をもごもごさせて

気持ち悪そうなので、無理やりお口の中チェック!

すると、前回、歯が抜けてしまったときに、逆側の奥歯が少し

欠けていると言われていたんだけど、その歯から血がにじんでました(>_<)

近所の獣医さんは歯が専門で、その先生に処置するほどの欠けでは

ないと言われていたのに、きっと抜歯するほどの状態にしてしまった

と思って、この世の終わりほどショック状態な私(笑)

午後一で、歯に強い近所の病院に駆け込みました。





ねえ。またここだね。

悲壮感ありありで、先生に、歯から血が出てます!と伝え、

いろいろチェック。

きっと、いつも優しい先生の顔が曇って、全身麻酔で抜歯ですね!

と言われると想像して、もう逃げ出したい私。

だって、ALPが4桁になってるチョコさんに全身麻酔だなんて、

寿命を縮める行為にきまってるし。


しかーし、先生は顔色を変えずに、いつもの穏やかな口調のまま。

前回欠けていると言われた大きな奥歯の、出っ張った山の部分の

表面が剥離して、歯肉の部分だけでつながっていて、何か物を食べたり

したときに、そのはく離した部分が動いて、歯肉の部分から出血

しているとのこと。

歯の欠けが広がって、歯自体から出血してるという私の想像は

違っていました。(ほっ♪)


おそらく、歯が欠けたときに表面にひびがはいっていて、固いものを

噛んだ時に剥離したんじゃないかと。

局所麻酔で取ることになりました。


きっと、剥離した部分が動くたびに血が出て気持ち悪かったんだろうな。



IMG_2899.jpg

20分くらいかかると言われたので、近所のスーパーにちょっと行って

戻ってくると、チョコさんのわんわんが聞こえます(汗)

予定より早く処置が終わって閉じ込められ、出せ!飼い主は

どこだ!って怒ってる模様。

処置はいい子にできるチョコさんなんだけど、閉じ込められると

力の限り出せ出せ!大騒ぎなのです。

すっかり、うっかり忘れてましたよ、ゴメンね、チョコさん。


で、↑上の写真が、取り除いた歯の表面です。

歯自体が赤くなっているので、しばらくの間ぴらぴらしていて、

出血して気持ち悪かったんだろうな・・・。


ただ、きれいに取り除けたし、歯肉も腫れていないので、今後の処置は

何もなし。歯肉のところに、止血剤を詰めているけれど、普通に過ごして

大丈夫。2日間は歯磨きなどはなし。ガムなどの固いものもなし。

今後、この歯の欠けが広がるなどはあまり考えられないので、

長時間はダメだけど、ガムなどもOK。

気づかずにほっておいたら、剥離した歯の表面と歯肉の間に炎症がおきて

もっと大変なことになった可能性もあったと言われて、とりあえずは

早めに対処できたので、終わりよければすべて良しということにしました。



IMG_2884.jpg

今日はスマホ写真なので、ついでに最近の一枚。

サークルでお留守番中のチョコさんが、飼い主が帰ってきても

ほけーっと寝ぼけているところ。お腹出して、舌チロして、飼い主

は帰って来て早々、身悶えしましたよ。かわいすぎて(笑)


前回歯が抜けてから、固いものはあまりあげないようにと思って

ビルバックチュウのSサイズをたまに上げるくらいにしていたのに、

これももうあげないほうがいいかな。

どうしても奥歯の歯磨きができなくて、乳酸菌ジェルを塗るくらいしか

できていないので、もう少し何か考えなければ。

チョコさんは体は大きいけれど、歯は標準チワワさん並みに小さくて

弱いと気づくのが遅かったー。

前歯なんて、ゴマ粒みたいだし(笑)


最近の草食べるー!チョコさんが、歯の出血のせいだったらいいな。

ついでに、ALPの値がさがってたらいいな。

来週は、チョコさんの病院と私の親知らずの抜歯(涙)

つらいけど、がんばるぞー!!!

ではみなさま、楽しい日曜日を!





回り込み解除

12月のとある日。ピンクなクリスマスツリーを見に行ってきました♪

あ。嘘です(爆)

近所の病院に行ってきました(≧◇≦)



何人か、先客さんたちがいるのに、写真を撮ってるのは私だけ(汗)

でも、我が家にピンク的なものは一切ないし、ちょっと意外にかわいくて

テンションが上がってしまったのですよ(笑)


IMG_3020.jpg

珍しく(爆)、待たされました。



IMG_3049.jpg

今日の通院は、左肩付近にある良性のイボが少しつぶれて

漿液が出てきてしまったため。

数年物のイボなので、もうつぶれたからって中身はでてこず、

水分が抜けただけの状態です。なので、少しちいさくなりました。

主治医に中身を出してくれとずっと前から言っているのですが、

絶対ダメと言われ、ないものとして、見ないようにと言われている

代物です。



DSC_2359.jpg

実はこの日、朝んぽで↑こちらの上着を着せていたのですが、

あまりにジャストサイズで生地が厚いにもかかわらず、

公園で仲良しのポコちゃんとゴロンと寝ちゃったのです。

で、あまりにジャストサイズなので、手足の自由がきかず

前ボタンをはずしてやっとくつろげたという状態で、

きっとその時生地が強くイボに触れたからじゃないかなあ。


病院で消毒をしてもらって、粉の消毒薬をもらって終了♪



IMG_3024.jpg

チョコさんは、なぜだかこの病院に来るのが大好きなので、

ご機嫌さんのまま終了でした。

先生の手もペロペロ舐めて、先生のことも好きみたい。

赤ちゃんの頃から診てもらってる先生ですから(*´▽`*)

結局、このイボは、つぶれたところで中身が出てこないことが

分かったので、なるべく触らずにないものとして(爆)暮らして

いきたいと思います♪


はい。次こそはチョコサンタさん満載でアップさせて

いただきますね♪




回り込み解除

ちょっと心配なことがあったので、記録のため書きます。

4月5日の出来事でした。


この日は、花粉の飛散もおさまってそうだったことと、大掃除をしなきゃ

な時だったので、久しぶりに(花粉の時期は、換気する程度でほとんど

締めきっていたので)窓を開けてお掃除していました。

まず、チョコさんは私が掃除を始めると、落ち着きません。

そのうえ、窓を開けたことで外から子供の声や、廊下を走る音などなどが

聞こえてきて、そのたびに反応して吠えます。

私はそのたびに、”ダメ”って注意だけして、ほったらかしてました。

普段、そんなに吠え続けることのないチョコさんなのに、この日は

いろんな音に反応して、興奮することが重なりました。


で、極め付けが夕方4時過ぎになったインターホンです。

上層階の人が物を落としたから、探してくれとやってきてチョコさんと

一緒に庭に出て探しました。チョコさんは、興奮が治まらずに庭に出て

そわそわ、わんわん大騒ぎです。

で、落とし物を見つけて部屋に入ろうとしたところ、チョコさんが急に

黙り込んだのです。

で、尻尾を下げて(でも振ってたきがします)、部屋に速足で入って、

うまく説明できないけど、おびえたような状態でうつむき加減に速足で

歩き続けます。

私はとっさに抱っこして、大丈夫だよー、大丈夫だよーって言いながら

待ちました。チョコさんの後ろ足にはがっちり力が入っていて、硬直

する手前な感じでした。抱っこする前に、正気に戻そうと思っておやつを

目の前に出したのですが、まったく反応しませんでした。

とりあえず、玄関先で待ってる人がいるので、チョコさんを抱きかかえたまま

落とし物だけ返して、ドアを閉めたので、凄く感じ悪かったことでしょう。


長く感じましたが、きっと抱っこして数分で後ろ足の強張った感じが

とれたので下してみると、いつものチョコさんに戻っていました。

すぐ、おやつを見つけてパクリ(笑)



anigif 雪やなぎ

過去にも、2~3回おかしなことがありました。


一度は、昨年の8月チョコぱぱさんの実家にロングドライブで帰ったとき、

お昼寝から目覚めたチョコさんが、おびえるように後ろに下がるのです。

後ろにしか進めない感じでした。別の時は、おびえた感じで家具の下に

隠れて出てこない感じ。どちらも寝起きだったので、寝ぼけ?怖い夢見た?

なんて思って、主治医に伝えたけど、軽い感じでスルーだったかな。


私的に怖いのは、脳への転移です。

リンパ腫は寛解していますが、必ず再燃すると言われいているし(ごく稀に

完治はします)、どこかのリンパ節にがん細胞が隠れてて、そいつが騒ぎ

出すことをいつも恐れています。

だから、本当に、こういう場面に直面すると、心が凍ってしまうのです。




anigif 桜

とりあえず、近所の病院に行って状況を説明して、いろいろ聴診触診体温を

量りましたが、もうその時はいつものチョコさん♪

先生の手をペロペロ舐めてました(笑)

原因に関しての結論は出ませんでしたが、脳からくるものではないだろうと。

脳からくる場合は、四肢が硬直して歩けないそうで、チョコさんは速足で

私からしたら変に見えたけど、チョコさんの普段を知らない人が見たら

普通に歩いてると思ったかもしれません。

私的には、朝から興奮が続いて、なんか感情のキャパをずどーんと

突破しちゃったのかなと。


抗がん剤治療UW-25の、初回L-アスパラキナーゼを注射した時、チョコさん

チアノーゼになって生命の危機に直面したことがあったのですが、主治医曰く

アナフィラキシーショックではなく、興奮しすぎが原因と言われました。

きっと、もともと興奮しやすいところもあるし、この日は朝から何度も吠えて

疲れて、最後にインターホンでとどめがさされたのかな。




DSC_5134_01-1.jpg

てんかんなどの発作を起こした場合、動画を撮るようにということをよく聞くので

私も動画!と思いましたが、現実には焦ってスマホがどこにあるか、探すことも

できませんでした。


脳からくるものではなさそうですが、これからも注意深くチョコさんのことを

見てあげなければと思っています。

そして、興奮させることを続けないように注意しなければ。

チョコさん、写真を撮られるのが大嫌いだから、ほんとは止めた方が

いいんだろうなあ・・・。

チョコぱぱさんが一緒だと、チョコさんの味方なので、短時間で切り上げられる

けれど、つい私だけだと吠えても撮り続けちゃうことがあるので、本当に注意

しなければ!そして、お出かけも無理させないようにしなければ。

最近チョコさんは、日中お出かけした日の夕方散歩をお誘いすると、

ベットに飛び乗るので、お散歩も1日2回は調子のいい時だけにしようって

決めました。


悪性リンパ腫闘病中で、シニア犬。

普段元気だとすっかり忘れちゃうのですが、やっぱりこのことは忘れずに

チョコさんと一緒にのんびり暮らしていきたいと思っています。





プロフィール

ちょこぽん

Author:ちょこぽん
チョコさん:でかちわわ
2009,2,25生まれ♂
食べるの大好き♪

2012,7 悪性リンパ腫(消化器型)と診断され、現在UW-25プロトコルで抗がん剤治療中!

2013,2 2度目のセカンドオピニオンにより、現存する腫瘍が高分化型(低悪性度)悪性リンパ腫と診断をうけ、抗がん剤治療第2ラウンド頑張ってます♪

チョコさんのお誕生日

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム