DSC_0045-1.jpg
  • 2012年07月

回り込み解除

  • 6月30日のチョコさん①

    category:病気

回り込み解除

お友達・チョコさんを応援してくださるみなさま。

メールやお電話で、温かい励ましのお言葉、ありがとうございます。
一緒にチョコさんのことを思ってくださる人たちがいる・・・
それだけで、本当に励みになります。
チョコさんも、小さな体でがんばっています!

6月30日(昨日の続き)

・食べれるものだけ食べた後、いつものように匂いをつけているのか、
 もっと食べたいのか敷布団の上で激しく転がる。(食べるとき、そのあと
 しばらくは、いつものチョコさんが復活する)
DSC08241.jpg


・ここ数カ月あげていなかった、ササミ巻きガムをあげる。
 写真には取れなかったが、しっぽを振って大喜び。
 ササミの部分を食べた後は没収する。
DSC08277.jpg

・前日と比べ、著しく呼吸が苦しそう。
 部屋の温度の問題ではない…腫瘍のせいか??
DSC08248.jpg


・こちらも最近あげていなかった、サーモンの干したものをあげる。
 喜んで食べるものの、半分でやめる。調子がどんどん悪くなる。
DSC08314.jpg


・お昼過ぎ、あまりに呼吸が苦しそうで(ただ、舌の色歯茎の色はまだピンク)、
 かかりつけ医に電話。水を欲しがること、呼吸が落ち着かないこと、後ろ足で
 お腹のあたりをかいて気にしていると伝えると、皮下点滴で電解質の状態を落ち着かせ
 ましょうかということになる。

・水を飲むのも少ししんどそう。私が手に水を付けると、一生懸命ぺろぺろ舐めてくれる。
 タオルに水を含ませたものを横たわるチョコさんの口元においてあげると、必死で舐めている。
DSC08324.jpg


・夕方の診療時間を待って、かかりつけ医に点滴をしにいく。
 今のチョコさんの貧血の状態は、人間でいうともうフラフラ状態だそうだ。
 私は言葉だけ知っている、肺水腫になっていないか心配だったが、
 それはなく、ただ酸素を運ぶ赤血球が足りないからだとのこと。
 
・かかりつけ医は正直なかたなので、全く楽観的なことは言ってくれない。
 若いチョコさんの場合、やはり進行は早いだろうという。
 でも、逆に、腹が決まった。何があっても受け止める。
DSC08325.jpg


・ハーハー、がーがーが止まらない。横になっては眠れずに、また動き出す。
 日中、ほとんど眠れていないのではないか。
・ただただ体をさすって、大好きだよ、大丈夫だよと伝える。
 がんばろうねとも言っていたが、全くあきらめているわけではなく、
 頑張りすぎてほしくないので、その言葉を使うのはやめた。
 だって、もう頑張ってるもんね、チョコさん! 
DSC08330.jpg

・絶食前最後のごはん。冷凍庫にあった、ちょっと上等の牛肉を包丁でみじん切りにして、
 ハンバーグを作ってあげた。ほかの食べ物はプイっとしたりするが、このハンバーグは
 一心不乱に食べてくれた。チョコさん、まだ頑張れると確信する。

長くなったので、まずはここまで。 
スポンサーサイト
  • 6月30日② 夜間救急病院へ

    category:病気

回り込み解除

自分の覚書のために書いています。写真はほぼなしです。


・夜9時過ぎ頃から、一段と呼吸が荒くなる。
 このままじゃ、チョコさん一睡もできるわけなく、明日の検査に耐えられるか
 不安にかられ、かかりつけ医に電話する。
・夜間救急病院に行くなら、遠くてもネオベッツVRセンターの夜間動物診療に行く
 べきと指示される。
・行かずに後で後悔することになるくらいなら、行こう!ときめる。
 酸素室にいれてもらうだけでもかまわない。
・電話でまず連絡してから行くのだが、話中で全然つながらない。
・夜間診察部門と昼間のネオベッツは別のものなので、酸素室にいれることもできるが、
 そのまま夕方まで預かることは、本当の重篤の場合以外できないと言われるが、
 それでも行くことにする。

・チョコさん、出かける準備を始めると、おいて行かれたくないのか玄関に座り込む。
・高速を使って、30分くらいで到着。23時前。もっと緊急的な患者さんが多いのかと
 思ったら、いたって待合室は和やかムードに驚く。
・なぜか、病院に到着すると、しばらくチョコさんの呼吸が落ち着く。なぜ??
・30分ほど待たされ、診察室に通された。今までの検査結果を渡し、状況を説明した。
 本当に苦しそうに見えるが、酸欠になっているわけではなく、その原因を調べるため、
 血液検査、エコー検査、レントゲンをとるとのこと。
・検査後もかなり待たされ、チョコさんの呼吸もどんどん早くなる。
 心配になって、看護師さんを呼んだが、後ろ足の血管をさわり、口の中をみて、
 酸欠になっているわけでもなく大丈夫と笑顔で言ってくれて、ほっとする。

・まず書いておくが、本当にこの夜間病院に行ってよかった。
 検査結果をもとに、本当に細かく丁寧に説明してくれた。
 レントゲンの写りも素晴らしくよく見えるのは、気のせいかもしれないが、
 でもいろいろなことが分かった。
・チョコさんは若い赤血球をどんどん頑張って作っているが、それ以上に早いペースで
 壊されている。(かかりつけ医にも言われた。)
 原因は、定かではないが検査結果から、やはり腫瘍のなかを通っている
 たくさんの細い血管を通る際に壊れているのではないかとのこと。
・脾臓の腫瘍ではないかもしれない(かかりつけ医もセカンドオピニオンの医師も、
 脾臓であろうが、お腹を開けて見ないと完全には分からないと言っていた。)
 ただ、やはり大きい腫瘍であることには間違いなく、何かの細胞が異常に増殖している、
 当日の午後4時半に予約しているCT(3D)を撮れば、どこの臓器由来の腫瘍であるかが、
 ほぼわかるだろうと。ただ、腹膜からくるものだったり、その他断定できないもの
 もあるが、細胞をとってから良性か悪性化を検査して、今後のことをきめていきましょうと。
 残念ながら、臓器によっては取れない場合もあると。
・呼吸困難の原因は、肺自体はとてもきれいでがんが転移しているとか全く見られない。
 やはり、腫瘍自体が臓器を圧迫している可能性と、圧迫によって消化力も落ちているから、
 胃にも圧迫されているかもと。ごめん!チョコさん!力をつけてほしくて、食べさせ
 すぎちゃったかな。ごめんよ!
・ネオベッツで主治医になる先生が、たまたまいらしたそうなので、申し伝えもしてくださったそう。

・全く楽観できる結果ではないのだが、チョコに腫瘍が見つかってから
 初めてホッとした。この病院、ここの先生にまかせようと心から思えた。
 はじめ、大学病院のような病院にあまり良いイメージは持っていなかった。
 無機質なイメージで。でも、今日出会った先生は、違った。
 温かみのある、でも説得力のある言葉で、すべて伝えてくれた。
 聞いたことには、すべて正直に答えてくれた。
 あとは、チョコさんの生命力を信じよう!そう強く思った。

・最後に、鎮静剤・鎮痛剤の注射を打ってもらった。
 一時間後に聞き始めて、8時間くらいは持続するとのこと。

・夜中の2時過ぎに帰りつく。チョコさんはまだ鎮静剤がきいてこない。
・私は、本当に久しぶりにお腹がすくという感覚を思い出した。
 信じられる病院に出会えて、肩の荷が一つおりたのかな。
 ダメだとは思ったが、夕食に作ったが食べれなかったカレーを、夜中の2時に食べた。
 おいしかった。久しぶりの感覚にびっくりした。この数日、自分が倒れないために、
 目の前にある食べ物を、無理やり口に入れて、なんとか噛んで飲み込む、
 味なんて何も感じなかった。

・私たちが起きていると、チョコさんも落ち着かないので3時前に電気を消した。
 朝6時。何かを感じて目を開けると、チョコさんが立ってこちらを見ていた。
 トイレだと思い、雨の中傘をさして庭に出すと、おしっことウンチをした。
・鎮静剤がきいているはずなのに、再び呼吸が荒く眠れない模様。
 しばらくなでなでしたりしていたが、そっとしておいた方がいい気がして、
 電気を消して、私はこのブログを書きだした。
・すると、うろうろしていたチョコさん、リビングに移動させたサークルに
 みずから入って、寝息をたてだす。たまに目が開くから、苦しいんだと思う。
 おそらく、注射していなかったら、一睡もできなかったかもしれない。
 本当に、病院に行ってよかった。  


今現在、朝の9時。チョコさん鎮静剤のおかげで、眠っています。
でも、たまに無呼吸症候群の人のように呼吸が数秒とまったりするので、
気が気ではありません。
午後4時半の検査まで、なるべく長く眠り続けてくれますように!


この写真は約1か月まえのものです。
パグの梅ちゃんも、今年生死にかかわるような大病を乗り越え、
完全復活しました!
チョコさんも、梅ちゃんみたいに元気になろうね!

DSC07959.jpg

~診療費~
夜間診療料:10,500円
文書料:2,210円
採血量:1,580円
一般血液検査料:10,500円
CRP検査:1,580円
胸部レントゲン:11,550円
注射料:2,630円
注射薬(レペタン):270円
合計:40,820円
(アニコムは1日最大1万円なので、午後のCT検査時に使用するため
 この時は使用せず)
支払額:40,820円

~同日のCT検査費~
初診料:7,000円
血管確保留置量:3,000円
CT撮影料:50,000円
撮影部位追加:11,000円
細胞診:7,500円
内服薬:1,540円
内服薬:70円
処方料:2,240円
合計:82,350円
(アニコム負担額:10,000円)
支払額:72,350円

二次診療の病院は、本当に高額でした
最新鋭の機械を維持するためには、しょうがないんでしょうね。

  • チョコさんと一緒に♪

    category:未分類

回り込み解除

チョコさんのことを心配し、また応援してくださるみなさま。
本当に、ありがとうございます


検査のことなど、おいおい書いていきたいとは思いますが、
今日は、今朝のお散歩チョコさんをお届けします♪


心配性の私は、チョコさんの病気が発覚してから、
本当にパニック状態でした。
病気からくる貧血と荒い呼吸が心配で、安静をこころがけ、
大好きなお外に連れ出すことも極力控えていました。
しかし、何冊か本をよむうち、医者に安静にと言われても、
本人が嫌がっていないなら散歩に連れ出そう!と書かれているではありませんか

数日前からはカートでお友達のいる公園に顔を出したりはしていたのですが、
昨日の夜からは、涼しかったというのもあってカートなし散歩です。
途中まではとぼとぼ歩いていたのに、お友達のにおいを感じたのか、
近くの公園まで早足でぴゅーん!
今朝も、公園まで歩いて、うれしそうに座ってました♪
帰りは無理せず、抱っこしたり歩いたり。

今朝の、チョコさんのかわいいお顔みてくださいね
DSC08466.jpg


DSC08467.jpg


DSC08478.jpg


DSC08481.jpg


DSC08482.jpg


DSC08484.jpg

全部かわいい(*^_^*)


やっぱり外でも呼吸が荒くなるのですが、家のなかにいるより、
本当にいいお顔をしています。
これからも、チョコさんの体調と相談しながら、いっぱい外に連れ出して
あげようと思います♪

結局、チョコさんの腫瘍は、脾臓ではなくリンパ節のようです。
今は、細胞の病理検査待ち中で、正直に言うと、あまり良い状態ではありません。
10日~14日かかるといわれたとき、絶望的に長いと思ったのですが、
今は、いろいろ考える時間を神様がくれたのかな・・・って
前向きに思えるようになりました。今朝のことですが


これからも、チョコさんのこと、応援してくださいね♪
私も、チョコさんと一緒に♪がんばりま~す!

  • 落ち着いてます

    category:病気

回り込み解除

夜間救急病院に駆け込んでから、はや1週間。
チョコさんの近況報告です。


病院に駆け込んだ時と比べると、かなり落ち着いています。
呼吸はハーハー、ハッハッなりますが、ずっと続くわけではなく、
頭からお尻にかけてゆっくりなでてあげたり、そっとしてあげると、
いつのまにか眠りにつくようになりました。
でも、やはりつらそうな顔をして、じっと見つめてくることがあります。

今は、こんな感じで挟まれた感じが過ごしやすいようです。
DSC08532.jpg


家にいるときはゆっくり体を休め、でも食べることには意欲をみせ、
お散歩に連れ出すと、以前と変わらないチョコさんが表れ、
みんなに撫でてもらって、おやつくれないんですか?ってママさんがたを
見つめています。
DSC08452.jpg


最近の私は、がんについての本を読み、ネットでできるだけの情報を収集し、
自分なりに”今”できることを必死で探しています。
今一番大事なことは、チョコさんの体力を落とさないこと。
治療に、いや病気に立ち向かえるチョコさんでいてもらうこと。
貧血を少しでも改善すること!
DSC08521.jpg


ただ、食の好みも変わってしまった部分もあり、日々一喜一憂しています。
くやしいのですが、私の手作りだけより、市販のデビフ缶をのせたほうが
よく食べたり(涙)
なので、幅広く野菜やきのこ、海藻やお肉に、少しだけごはんを入れて
やわらかく煮たものを、フードプロセッサーで細かくして、お肉や
缶詰をトッピングしています。
あとは、少しでも効果があればラッキーくらいの気持ちで、
何種類かのサプリを与えています。
DSC08524.jpg

腫瘍が臓器を圧迫するのか、あまりたくさん食べさせると
呼吸があらくなる確率が高いので、かかりつけ医とも相談して、
1日3度、消化のよい食事にしています。
いろいろ本を読むと、悩んでしまうこともあるのですが、
あんまりふらふら振り回されないようにしなきゃ!と思ってます。
DSC08527.jpg


昨日の夕方、ふと思い立って、1週間ぶりにかかりつけ医にチョコさんを連れて行きました。
今のチョコさんがどういう状態か知りたくて。
本当に詳しい状態は血液検査をしなければわからないと言われましたが、調べたところで
何もできないんだったら、今のまま検査結果をまつことにしました。

思っていたより悪くない、おそらく貧血も現状維持か少し悪くなるくらい、熱は38.4度。
ただ、今の状態があるのは、1日1/2錠飲んでいるステロイド剤のおかげかもと。
そっかー、ステロイドのおかげなのかー(涙)と少々悲しくはなりましたが、
そんなこと気にしてもしょうがないので、聞かなかったことにしました
散歩も、あまり勧めないとは言われましたが、カートだし、チョコさんうれしそうだし、
1日1度は連れ出してあげようと思います!


毎回お願いばかりで申し訳ないのですが、チョコさんのこと応援してくださいね





  • 病気が発覚するまで・・・①

    category:病気

回り込み解除

チョコさんの病気のこと、少しずつ記録していきたいと思います。


<4月23日>
全ての始まりは、フィラリアの検査からでした。
ついでにできるというので、気軽な感じで簡易的な血液検査をお願いしました。
その時、RBC(赤血球数)が516(正常値550~850)、HCT(ヘマクリット)が
35%
(正常値37~55)ということで、貧血気味ということでした。

ちょうどその頃、チョコさんのダイエットを頑張っていたころだったので、
食事を改善して栄養を取らせて、1か月後にまた検査することになりました。
体質の可能性もあると言われたので、本当に深くは考えていませんでした
DSC07310_20120710163726.jpg
4月のチョコさんです


<6月13日>
2度目の血液検査の日。1か月後のつもりが、バタバタしていて
1か月半以上後になってしまいました(反省)
まだ私は気楽な気分だったので、先生の真面目な顔にドキッとし、
”あまり、よくありませんね・・・”そんなこと言われたおぼえがあります。
RBC(赤血球数)が448(正常値550~850)、HCT(ヘマクリット)が
31%
(正常値37~55)。あとはWBC(白血球数)も243(正常値60~170)
になっていました。

ここで、考えられることをいろいろ話され、過去にダニに血をすわれたことがあるので、
バベシア症の疑いが強く、まず尿検査をすることになりました。
DSC08051.jpg
6月のチョコさんです 普通にへそ天で寝てました。今は・・・やりません


<6月14日>
翌朝、尿をとって病院へ。結果は、全く問題なし。血の成分も全く見つかりませんでした。
ここで、私の判断ミスがでてしまったのです。
かかりつけ医は、バベシア症の疑いがなくなったことで安心したのか、(おそらくそれ以上に
酷い病気が隠れているとは思わなかったのでしょう)もう少し様子見して、
次回、また1か月後に血液検査とレントゲンを撮りましょうと言われました。
内心、今レントゲンとればいいのに・・と思いつつも、先生がそういうなら、
無理に言っても・・・と躊躇してしまったのです。この点だけは、本当に後悔しています。
でも、1か月は長過ぎると思ったので、2週間後にお願いしました。
人間にとっての2週間と、犬にとっての2週間は、全く別です。
この2週間がなければ、もう治療に入れていたかな・・・と、ふと考えてしまいます(涙)
とりあえず、ビタミン12のサプリをもらって帰りました。
DSC08084.jpg

このころのチョコさんは、散歩に出てもハーハーがなかなかひかずに、
よくベンチの下で涼んでいました。でも、毎年暑さに弱かったチョコさんなので、
いつものことといえば、いつものことで、私は気づいてあげられませんでした。


長くなったので、まずはここまで。

私は、何度か気づいてあげられるチャンスを自ら見逃しました。
心のどこかにあれ?っという気持ちがあったなら、エコーなどの設備のある病院に
この時点でなんで連れて行かなかったんだろう・・・。

どうかこれを読んでくださっている皆様は、そのチャンスを見逃さないでください。
うちの子は大丈夫!って思わないでください。
だって、私がそうだったんですから・・・・・自省の意を込めて。





  • 祈り

    category:病気

回り込み解除

7月12日。
チョコさん、UW-25の抗がん剤治療を開始しました。
2泊3日の入院です。

最後にジタバタ悪あがきして、腫瘍認定医ⅠⅡ種の資格を持っていらっしゃる
先生に出会うことができました。
(こぎママさま、アドバイス本当にありがとうございました。)
この病院のある市は、私と主人が学生時代を過ごした場所で、町の名前にも縁を感じます。
きっと、ここに行くことが運命だったんだと思います。

気づくのが遅くて、チョコさん、ほんとにごめんね!
私って、本当にいつもぎりぎりにしか正解にたどりつけないね。


チョコさんの体は、残念ながら非常に緊急を要する状態でした。
信じたくないけど、覚悟もするよう言われています。
これからの2泊3日、チョコさんの生命力を信じて待つしかありません。
夕方、ご飯を作って届けてきましたが、会いませんでした。
会うとチョコさんが帰れると思って余計悲しむから、我慢するって決めていたけど、
やっぱりちょっと会いたかったな。


7月9日~10日のチョコさんです。
本当に自慢のかわいい息子です。家族です。
DSC08538_20120713014426.jpg
DSC08546.jpg
DSC08548.jpg
DSC08549.jpg
DSC08552.jpg
DSC08555.jpg
DSC08557.jpg
DSC08558.jpg
DSC08559.jpg


このブログを見てくださっている皆様。
チョコさんが、この2泊3日を無事乗り越えて、
次の治療に進めるよう、絶対に我が家に帰って来れるよう
一緒に祈っていただけませんか?よろしくお願いいたします!
いつもお願いばかりでごめんなさい。

このブログを書くことで、いったん気持ちをリセットして、
明日からは(とっくに日付は変わってるからもう今日ですね)
また前向きな私を復活させて、がんばります!

負けてたまるか~!!!


  • 僕、頑張ってるよ!①

    category:闘病

回り込み解除

チョコさんを心配し、応援してくださっている皆様。
皆様の祈りが通じたのか、一時緊急処置を要することがありましたが、
なんとか無事にチョコさん復活してくれました。
本当に、ありがとうございました!

ただ、その後遺症で退院は一日延びてしまいました。
でも、院長先生が明日必ず退院できると約束してくださったので、
夜の面会も我慢して(私たちが帰った後、ひどく興奮状態になるそうで)
このブログを書いています。
(実は、すでに2回記事が消えてしまったので、かなり残念な私です

がんばったチョコさんのこと、書かせてくださいね。


7月12日
入院当日にUW-25プロトコール第1週が開始され、オンコビンという抗がん剤を打ちました。
状態も安定しているし、会うとチョコさんが帰りたがって余計かわいそうだったので、
夕方は面会はせずに、手作りごはんと万が一食べなかったときのために、
チョコさんが食べそうなものを買いあさって届けました。


7月13日
翌朝病院に電話を入れると、血液検査の結果、腫瘍溶解の心配はない・・・が、
ご飯を食べないと。
昨日作った手作りごはんは、煮てからフードプロセッサーにかけるという
病人食みたいだったので、がっつりラムや野菜を炒めて手羽先までいれるという
スペシャルご飯を持って病院に駆けつけました

思ったより元気だけど、なんで置いて行ったんだよ~って言わんばかりの情けない顔
をしたチョコさんが待っていました。
すぐにスペシャルご飯をだすと、病院関係者に笑われちゃうくらい
ガツガツ完食して、もうないの?って顔をしてました(笑)


食後に撮ったチョコさんの写真です♪お口の周りが汚れているのは
気にしないでくださいね!
DSC08566.jpg
もっと、食べる!

DSC08567.jpg
おいしかったな・・・

DSC08568.jpg
もうないのか・・・

DSC08569.jpg
ちょっと、疲れちゃったよ。

DSC08570.jpg
帰りたいな・・・

昨日言い忘れていたので、ちゃんと明日迎えに来るから、待っててね!って、
何度も何度も伝えてから、何の不安も持たずに帰りました。

この後、緊急事態になることも知らずに・・・
長くなったので、いたんはここまで。

昨日の今頃の私は、生きた心地のしない時間をすごしていました。




  • 僕、頑張ってるよ!②

    category:闘病

回り込み解除

7月13日
夕方、2回目の抗がん剤投与(ロイナーゼ)をするということだったので、
6時半ごろ病院に電話すると、院長先生が不在の日で医者が一人なので
処置が終わったら折り返し電話するとのこと。

30分後かかってきた電話で、私は心臓が止まる思いをした。
抗がん剤投与後、アレルギー反応がでて、チョコさんが呼吸困難になっていると。
病院に来ても、処置中は待ってもらうしかないと言われたけれど、
すぐ病院に直行した。

会えなくても、近くで無事を祈ろうと思って、神様や仏様やご先祖様。
お願いできるすべてのものにお願いをしながら待っていると、先生に呼ばれてしまった。
一瞬、なんで入れるの?何があったの?
そっと中に入ると、奥のベッドでチョコさんが酸素マスクから必死で酸素を吸っていた。
呆然としてしまった。
先生の説明によると、抗癌剤投与後しばらくして呼吸が荒くなり、
体温を測ると42度になっていたが、すぐ処置をしたので、今は体温も40度以下にさがって、
落ち着いてきていると。
今日は、24時間体制で見てくれるというし、看護師さんが横たわるチョコさんの背中を
ずっと撫でていてくれるのを見て、側に行って興奮させるよりは、このまま帰ろうと決めた。

家に帰っても、何も手につかず、電話が鳴りませんように!とだけ祈った。
すると21時過ぎに電話がなる。心臓がとまりそうになった。
電話に出ると、今日不在だった院長先生からの電話だった。
今回のことについての見解は、もともと興奮しやすい性格に、抗がん剤が興奮を
割増してしまい、体温が42度まで跳ね上がって、熱中症を引き起こし、
チアノーゼ状態になってしまったと。
もう、立ち上がったりしているし、今日急変することはないから安心してくださいと。
退院については、明日の夕方血液検査をしてから決めましょうと。
この電話がなければ、一晩中不安で眠れなかっただろうな。

7月14日
この日は、朝からチョコさんの写真立てが床に落ちたり
チョコさんのご飯を量るキッチンスケールに勝手に電源が入ったり
一瞬チョコさんに何かあった???って不安に思ったけど、病院からも連絡がないから、
きっとチョコさんが早くご飯持ってきて~って伝えてきてるのかもと思って、
朝一で、手作りごはんを持ってチョコさんの面会へ。

診察室に通されると、看護師さんに抱かれたチョコさんがいた!!!
生きていてくれてありがとう!もう、ただそれだけでした。
いっぱいいっぱいほめてあげて、ご飯をだしたところ・・・
くんくんしながらも、いりませんと


私、相当チョコさんが無事でいてくれたことで舞い上がっていたみたいで、
何枚写真を撮っても全部ピンボケ(涙)
カメラが壊れた!って思ったんだけど、今思えば、半押しでピントを合わせることを
全てわすれていた(汗)

でも、頑張ったチョコさんの証しなので、全部載せちゃいます。
DSC08571.jpg
DSC08572.jpg
DSC08573.jpg
DSC08574.jpg
DSC08575.jpg
DSC08576.jpg
DSC08577.jpg
このあと、呼吸がはやくなってきたので、必ず迎えに来るからって言い聞かせて帰りました。

結局、血液検査の数値は改善されてきていたのですが、抗癌剤の副作用か、
下痢状態になってしまっていて、投薬の必要があるので退院は一日延期となったのでした。

でも、明日には帰ってきてくれる確信があるので、今こうやってブログが書けています。


これからも、毎日ジェットコースターに乗っているような闘病生活になりそうですが、
チョコさんさえ側にいてくれたら、きっと頑張れます!
みなさんも、チョコさんがんばれ~って、たまに思い出してくださいね♪

長々書いてしまいましたが、読んでくださってありがとうございました<(_ _)>



  • 退院しました!

    category:闘病

回り込み解除

チョコさんをいつも応援してくださっているみなさま。
本当に、本当にありがとうございました!

本日、チョコさん無事に退院しました♪
チョコさんの腫瘍はとても大きかったため、最初の抗がん剤投与には
大変危険が伴うと院長先生にも言われていました。
でも、なんとか我が家に帰ってきてくれました。
それも、思っていたより全然元気な状態で

内心、ほとんど動けないんじゃないかとか、おトイレも自力ではできないんじゃないか
くらい心配してました(笑)
今は、ぐっすり眠っています。

この写真は、診察室を出て待合室でのチョコさん♪
安心しきったお顔をしています
DSC08578.jpg

DSC08579.jpg

DSC08581.jpg

病院で、今後のことや注意することなどいろいろ質問していたなかで、
ふとトイレ外派のチョコさんのトイレ事情を聴いてみると・・・・

院長先生、苦笑いしながら、足を上げていましたと。
なんとチョコさん、外に連れ出してもらっても抱っこをせがんで外でせず、
自分の泊まっているケージの中から外に向かって、ジャーって毎回やってたんですって(冷汗)
自分の寝場所は汚したくなかったのね・・・気持ちはわかるけど・・・。
看護師さん達も笑ってました(トホホ)

本当にこちらの病院の先生や看護師さんたちは、とてもやさしくて
いつも微笑んでチョコさんのことを見てくれていました。

最後の最後に、本当に素晴らしい病院に出会えたことに感謝します!
これから、25週にわたる抗癌剤治療が続きます。
来週、遺伝子検査の結果次第では治療法がかわるかもしれない。
でも、この病院を、先生方を信じて、チョコさんの生命力を信じて、がんばります!

あとは、チョコさんとの大切な大切な時間を、ゆっくり楽しみたいと思います♪

~診療費~
初診:1,050円
静脈確保:2,100円
超音波検査1P:4,725円
超音波検査2P:6,300円
血液検査c:7,350円
静脈点滴1日:4,200円×3日分=12,600円
癌遺伝子検査:21,000円
内服薬:1,470円
内服薬:735円
内服薬:735円
入院:3,675円×3泊=14,700円
院内薬剤(抗がん剤他):23,625円
合計:96,390円
(アニコム負担額:10,000×4日分=40,000円)
支払額:56,390円

  • 食欲復活!

    category:闘病

回り込み解除

退院した昨日は、チョコさん食欲がまったくでなくて、手作りごはんと、
半生フード(これだったらがっつくのですが、あまり体によさそうではないの(>_<))
を少しだけあげて、病院では食べていたデビフの総合栄養食缶も少しついばんだだけ・・・。

でも、よく考えたらチョコさんは今抗がん剤で、がん細胞だけではなく
正常な細胞までも痛めつけているのだからしょうがない!ってことで、納得しました。
副反応による下痢も、初めて見る黒緑色でタール状のものでした。
多飲多尿になっているので、寝る前にも庭に出したのですが、夜中2時半頃、
何か視線を感じたらチョコさんがトイレ~って訴えてました(笑)
でも、このときの、やわらかかったですが、色が普通に戻ってました!

DSC08583.jpg

しかし、今朝からはステロイド剤のせいか、食欲が完全復活!
ほとんど横になっているのですが、ご飯の準備をしだすと台所をこんな感じで
のぞいているし、人間の食事中は、だいたい足元でアピールしてました
DSC08588.jpg
すぐ呼吸があがってしまうチョコさん。大丈夫だからね


今日は、こぎママさんのアドバイスを参考に白身魚(真鱈)と野菜と舞茸とオートミール。
お昼には、久々にドッグフードも少し食べてくれました。
入院中は、グルメと評判で(笑)、かなり皆様にはご迷惑をかけた模様(冷汗)
DSC08589_20120716200234.jpg


薬のせいとはいえ、食べずに悩んでいた頃よりは、食べてくれるだけうれしい♪
DSC08590.jpg


そうそう。薬を飲ませるときの救世主が現れました!
このソーセージ、保存料や酸化防止剤、着色料が無添加だっていうし、
1本も小さめなので、朝晩で半分ずつ使ったら薬からサプリまで全部飲んでくれました!
手作りごはんでくるむと、大きい粒はペッと吐き出すチョコさんも、
ソーセージのおいしさでごまかされてくれます。
DSC08594_20120716194721.jpg


今日は、いぬともさんがヒメマツタケのサプリのサンプルと、ハーブティーを
届けてくださいました。ありがとうございました♪

チョコさんの病気という、きっかけは本当に悲しいことなんですが、
いろいろな方々に支えられてるんだな、応援してくださってるんだなって、
日々感じています。本当に、みなさん、ありがと~!

<ここからは自分のための覚書>
7月15日~7月16日
・pm15:00,19:00;タール状(黒緑)の下痢とおしっこ
・pm23:30,am2:15;やわらかめ(茶色)とおしっこ
・am9:00,pm16:45;おしっこのみ
・pm22:00;やわらかめ少し粘膜(茶緑)とおしっこ

*食後、トイレ後、に息がすごく上がる。10分くらいして落ち着くと眠る。
*深夜0時ごろ、呼吸が苦しくなる(ほぼ、毎晩)ソファーにいる私たちの所にやってきて、
 苦し~んだよ~って言いに来てるみたいで、せつなくなる。20分くらい、なでなで
 して大丈夫だよ~ってしてあげると落ち着いて、眠りについた。
 


  • くれくれチョコさん!

    category:闘病

回り込み解除

チョコさんの食欲が、暴走中ステロイド恐るべし
冷蔵庫を開けたり、私がご飯を食べたりしていると、
寝ていてもやって来て、お座りをして見上げている(笑)

チョコさんのが薄い膜で覆われている件で病院に電話した際、
先生にチョコさんの食欲のことを報告したら・・・・
”ふつう、ガンで痩せるので太るくらい食べさせてもらうんですが、
 チョコちゃんの場合、太っているんで、食べさせすぎないように”だそうです(冷汗)

了解です


こちらの↓写真は、大好きなチョコぱぱさんになでなでしてもらって
ご満悦なチョコさん
DSC08597.jpg
てへ

DSC08601.jpg
むふ

DSC08602.jpg
じ~っ

DSC08603.jpg
えへ

DSC08605.jpg
きゃは

しんどそうな顔をして横になっていることが多い中、
ちょっとうれしくなる写真達でした♪

の件は、軽い大腸炎だろうとのこと。
今処方されている薬を飲んでいれば大丈夫だそうです♪
ちなみに、固さはしっかりしてるし、そんなに臭くないし、
腸内環境は少しずつ整ってきてるんじゃないかな・・・(希望的観測ですが)

最近のチョコさん、寝る前におトイレさせても、なぜだか午前2時半頃
トイレに行きたくなるそうです(笑)
こうなってくると、私も体力勝負なので、胸を張ってお昼寝して
がんばりま~す\(^o^)/

チョコさんにとって、なるべく穏やかな日が続きますように!

  • チョコさんの様子

    category:闘病

回り込み解除

ここのところのチョコさんですが、よくもなく…少し悪く

昨日、今日と2日連続で早朝に胃液を嘔吐しました。抗癌剤の副反応なのか、
消化のよい晩御飯をいつもより早めに与えてしまったためなのか。

ほとんど、横になってはいるけど、眠っているときと目が開いたままじっとしているときがあり、
場所も何度も変えているところからみると、やっぱり当たり前だけど、しんどいんだな・・・。
食後や興奮した後、トイレの後は決まって呼吸があらくなります。

でも、食欲の暴走は止まらず、家の中で食べ物の要求吠えなんてほとんど
したことがなかったのに、誰もいない台所に向かって、わんわんやってます


こちら↓は、食欲をごまかすためにビルバックチュウLを与えたときのもの。
小型犬用だとバリバリ食べちゃうけど、大型犬用をはさみで1/4に切ったものだと
はじっこをカミカミして食べてもちょっとですむので
DSC08633_20120719191533.jpg

一生懸命噛んでいます!でも、食べられなくて、ちょっとイライラ!?
DSC08641_20120719191533.jpg

5分くらいで取り上げられちゃったチョコさん(>_<)
DSC08657_20120719191532.jpg

ちぇっって感じでガムの行方を見つめていました。
DSC08660_20120719191532.jpg

ハーハーして落ち着いてきたチョコさん♪冷え冷えペットボトルがお友達!
DSC08624.jpg


明日、UW-25プロトコルの第2週目、サイクロフォスファミドという抗がん剤を
打ちます。この抗がん剤は、副作用として膀胱炎を引き起こす可能性が高く、
通常だと10頭に1頭。それを100頭に1頭になるような処置をとってから
投与するそうです。とりあえず私にできることを考え、昨日から膀胱炎によい
とされるクランベリーのサプリを飲ませています。

今回は、朝預けて夕方お迎えの予定です。
抗がん剤を投与されたチョコさんのおしっことウンチは、直接触れてはだめなのですが、
きっと下痢やおしっこをもらしたり、いろいろ大変なんだろうな・・・と覚悟してます!
絶対嫌がるとは思ったけど、男の子用の腹巻みたいなおむつを念のため買ってきました。

また、明日時間はわかりませんが、がん細胞の遺伝子検査の結果が出ます。
病名が確定するとともに、今後の方針がはっきり確定します。

どんなことを告げられようと、チョコさんと一緒にのりこえます!
一緒にがんばろうね、チョコさん


  • 抗がん剤投与(第2週目)

    category:闘病

回り込み解除

昨日、無事に抗癌剤(サイクロフォスファミド)の投与ができました!
貧血が進み、肝臓の値も悪くなっていたのですが、白血球の値が基準を
クリアしていたので、第2段階目に進むことができました。

抗癌剤投与前、エコーでざっと腫瘍の状態を見ていただいたのですが、
6㎝強あったものが、3㎝くらいになっていました\(^o^)/
抗癌剤が効いているんだ!って、初めて実感できた時でした。

また、細胞の遺伝子検査の結果も出ていて、病名がほぼ確定しました。
B細胞性の悪性リンパ腫(消化器型)、悪性度はHigh gradeということでした。

みなさん、驚かれるかもしれませんが、本当にほっとしました。
なぜなら、もっとひどいことがいっぱい予想されるような状態だったのです。
B細胞性の場合、抗がん剤治療がよく効くと言われています。
最悪、治療する術がない可能性があると、現在の病院にたどり着く前には
言われていました。
抗癌剤治療ができて、効果が期待できるなんて、本当にうれしいのです。

ただ、残念ながら現在の医学において、犬猫のリンパ腫は不治の病です。
もう、完治することはありません。
寛解というがん細胞がなくなる状態を抗がん剤で作り出して、その期間を
1日でも長く伸ばしていく・・・でも必ず再発するそうです。

ネオベッツの夜間診療に駆け込んだとき、本当にもうダメかもって思いました。
絶望の淵に立っていました。
でも今は、チョコさんと一緒に1日1日大切に生きていける!
いつかお別れする日は必ず来るけど、それまで頑張れるなんて、
うそっぽく聞こえるかもしれないですが、うれしいのです♪
そう言っておきながら、いっぱいへこんだり、打ちのめされることも
あると思いますが


ただチョコさんのがん細胞の周りには顆粒状(つぶつぶ)のものがくっついていて、
病理診断報告書では、大型顆粒性リンパ腫(犬ではほとんど症例がない超悪性)
の可能性が否定できないと、また主治医は当初からバーキット型を疑っています。
ただ、どちらにしろ超悪性ということですが、気にしてもしょうがないので、
B細胞性で抗癌剤が効く!というところだけ信じて頑張りますね♪

こちらは、病院から帰ってきたチョコさん♪息苦しさだけなくなってくれれば・・・
DSC08671.jpg

ハーハーがなかなか収まらないときは、部屋に鎮座しているチョコさんカートに
乗せると、落ち着いて眠り始めます♪
DSC08679.jpg

この、首の角度が楽ちんなのかな。
DSC08681.jpg

ごはんをくれって目で訴えてますね(笑)
DSC08682.jpg


チョコさん、実は一昨日から便秘気味(>_<)
下痢をしても心配だし、でなくても心配

はやく、チョコさんのがでますように!!!
あと、奇跡的なリンパ腫の特効薬が1日も早く開発されますように!!!

~診療費~
再診:525円
静脈確保:2,100円
血液検査a:3,675円
静脈点滴1日:4,200円
内服薬:210円
内服薬:2,100円
内服薬:1,050円
抗がん剤:7,350円
合計:21,210円
(アニコム負担額:10,000円)
支払額:11,210円

  • やっと出た~♪

    category:副作用

回り込み解除

7月19日にすっきりをして以来、ずっと便秘気味だったチョコさん
何度も踏ん張って出そうとしても結局出ず、出ても1~2センチくらいの
コロッとしたものが1つ。昨日の夜になると、チャレンジしてもすぐあきらめ、
そのままへな~っと座り込むまでになってしまいました

野菜を多めに食べさせたり、おからを少し加えたり、油を多めにしたり・・・。
ステロイドを飲んでいるため、もともと水はたっぷり飲んでいるし、
もしかして、腫瘍に圧迫されてが出ないのかも!
それに、これ以上毒素をためるわけにはいかない!と朝一で病院に駆け込みました


ちょっと散歩で歩いても、出なくて困ったチョコさん
DSC08694.jpg

でも、おやつはちょびっと欲しいな♪
DSC08703.jpg


とりあえず、病院で状況を説明して、レントゲンを撮ってもらいました。
すると・・・びっしり詰まったたち。
腫瘍に圧迫されているようでもなく、院長先生の見解は、
第1週に投与した抗癌剤のビンクリスチンの副作用に神経障害というのがあり、
少し腸などの動きが悪くなっているのではないかと。
先生がチョコさんのお尻に指を入れてみると、普通収縮したり反応するらしいのですが、
チョコさんはあまり反応しなかったそうです。

とりあえず、腸や胃の動きをよくするシロップを飲ませて
様子をみることになりました。



まだ便秘状態のチョコさんお腹もポンポコリンです
DSC08707.jpg

寝て気を紛らわす(笑)チョコさん
DSC08709.jpg


その後・・数時間。やりました!チョコさん♪
これまでのうっ憤を晴らすかのように、3日分は出ました♪
歓喜の雄たけびをあげそうになりましたよ(笑)
DSC08716.jpg


今だから面白おかしくかけるのですが、はっきりするまでは本当に不安でした。
膀胱炎にならないように!って注意はしていたのに、
まさか副作用で便秘になるなんて!

これから長く続く闘病生活!もっとどっしり構えなきゃだめですね

そうそう。今日はチョコぱぱさんのお誕生日
チョコさんから、便秘解消っていう素敵なが届いてよかったね♪
これから、もっと大変なことがあるだろうけど、三人で力を合わせてがんばろうね!!!


~診療費~
再診:525円
レントゲン:5,250円
内服薬:1,260円
内服薬:1,050円
合計8,085円
(アニコム負担額:4,043円)
支払額:4,042円

  • 元気です・・・のはずが。

    category:闘病

回り込み解除

第三週目の抗がん剤の投与を明日に控え、散歩にも出かけていい感じ♪のはずが、
お昼ごはん(チョコさんは現在1日3食です)のあとしばらくして、
かなりハーハーしんどい様子(>_<)

自分なりに原因を考えてみると、最近手作りごはんにほとんどしていたのですが、
栄養面で大丈夫かな・・・と少し不安になって、朝から1回15gのフードを
手作りに追加して与えていました。今までは、あげても1日1回だけだったのに、
2食連続でフードを与えたから、もしかして消化するのが大変だったのかな・・・

本当のところは分かりませんが、毎食フードをあげるというのは
止めることにしました。
1時間以上ハーハーしていましたが、今は眠っています。
明日、先生にも相談してみます。

明日打つ抗がん剤は、チョコさんに下痢と便秘のダブルパンチを与えた
ビンクリスチン
そのうえ、第4週目にはドキソルビシンという、とても強い抗癌剤が待っていて、
私の不安も最高潮ですなんせ、今朝、詳しい内容は覚えてないのですが、
ドキソルビシンの夢をみました(トホホ・・・)

もちろん、チョコさんにも頑張ってもらわないといけないのですが、
まずは、私が心を強く持たねば!!!普段は大丈夫なのですが、ほんとに、
ふとしたときに不安が膨らむんですよね。まだまだですね。


こちらは↓、昨日の早朝散歩のチョコさん♪そんなに長い距離ではないのですが、
すったか楽しそうに歩いてました♪
DSC08746.jpg


DSC08749.jpg


DSC08754.jpg


DSC08757.jpg

あと、しばらくはへそ天をしなかったチョコさんが、先週くらいから
ガンガンやってます(笑) 腫瘍が小さくなったからかな♪
DSC08764.jpg
かわいい~っていうと、ぱっかーんと開いて見せてくれます(笑)

DSC08728.jpg
いつでも100%の親ばかなのですが、このチョコさん、かわいいですよね(笑)


明日、なるべく副作用が少なく元気で帰って来れるように、
みなさん、応援してくださいね~


  • 骨髄抑制!

    category:副作用

回り込み解除

今日は、抗がん剤投与第3週目の予定でしたが、血液検査の結果
白血球数はぎりぎりセーフ6300(正常値6000-17000)だったのですが、
その中の好中球の値が1860(正常値3000-11500)で低かったため、
抗がん剤の投与は見送られました。

チョコさんの体の中で、抗がん剤の副作用の1つ、骨髄抑制が起こっていました。
だから、ここのところ呼吸がつらそうだったのかな・・・。
抗がん剤は、がん細胞をやっつけると同時に健康な細胞にまで攻撃をするので、
血を作る細胞もダメージを受けたという感じでしょうか。
でも、4~5日で回復するらしいので、それを待ってから抗がん剤再開です。

残念なことばかりではなく、前回26.8%にまで落ち込んでいた赤血球の値が、
30.8%に上がっていました♪正常値には全然足りないんですけれど、
それでもうれしかったです\(^o^)/


こちらは↓今朝の早朝散歩。大好きな場所でご満悦
DSC08782.jpg


チョコさん的には、抗がん剤も打たれず元気が有り余っていたので、夜散歩にGO
大好きな黒ラブのエディーちゃんに会えたものだから、うれしくてうれしくて、
あそぼ~!って久々にハッスルしてました♪
こちらは↓、数か月前のチョコさんとエディちゃん
DSC04408_20120727220901.jpg
エディちゃんはとっても優しいから、チョコさんに合わせてフセをして遊んでくれます。


数か月前の写真なのに、なつかしいな・・・。
本当に今日は久々にチョコさんの遊ぼう!が見れてうれしかったです♪
DSC04413.jpg


DSC04415_20120727220900.jpg


DSC06646_20120727220900.jpg
でもチョコさんは、遊ぼう!ってエディちゃんをその気にさせておいて、
あ、やっぱいいや!って感じで離れていく、ちょっと遊び人風です(笑)

DSC08791.jpg
帰ってきてからは、また久々にクッションでマウンティングをして、
今は、ぐーごーいびきをかいて爆睡してます♪

抗がん剤は打てなかったけど、この1週間は食事と適度な散歩で
病気と抗がん剤に負けない体をつくれたらな・・・とおもってます!

みなさま、いろいろ応援ありがとうございました


~診療費~
再診:525円
爪切り:525円(保険除外)
血球検査:2,100円
内服薬:300円
合計3,450円
(アニコム負担額:1,463円)
支払額:1,987円


  • あれから1か月・・・

    category:闘病

回り込み解除

チョコさんのお腹の中に腫瘍があるとわかって、昨日で1か月。
もう、ず~っと前のことのような気がするのですが、まだ1か月なんですね。

詳しくは、病気が発覚するまで・・・②を必ずいつか書くとして、
あの頃を思い出してみると、本当に坂から転げ落ちるようにチョコさんの具合は
悪くなる一方でした。

かかりつけ医のレントゲンで脾臓付近に大きな腫瘍が発見され、
2軒目の病院のエコーでも確認されて、翌日には脾臓摘出手術をする段取りにまで
なっていました。
ただ、ラッキーなことにネオベッツVRセンターの予約が翌々日にとれたため、
手術をその日のうちにキャンセルし、今となっては、無駄な開腹手術を
避けることができました。

でも、翌日にネオベッツでのCT検査を控えたチョコさんの容体は
どんどん悪くなって、呼吸も苦しそうになり、ネオベッツの夜間診療に
駆け込みました。検査して、鎮静剤を打って、その日の午後CTを撮り、
腫瘍自体は脾臓ではなく、リンパ節だが、何かはまだわからない、
手の施しようがない場合もあると余命宣告されました。


この写真は、夜間診療で鎮静剤を打ってもらって家に帰ってきたチョコさんです。
効き始めるはずの時間になっても、なかなか寝付けませんでした。
DSC08345.jpg


鎮静剤がきれて、お昼過ぎに目覚めたチョコさん。
いつもと全然違うお顔で、この日はあまり写真を撮る気になりませんでした。
DSC08348.jpg


ネオベッツに向かう車の中のチョコさん。この首の角度が楽だったみたいで、
家にいるときより、静かに眠っていました。
DSC08373.jpg

結局、ネオベッツでの細胞診では、ちゃんとした診断がおりず、
(チョコさんの腫瘍は爆発的に細胞がふえていたらしく、採取した細胞自身が
すでに壊死していたそうです。)見切り発車で抗がん剤治療を始めるか、
細胞診をもう一度やるか選択を迫られているとき、こぎママさんに”腫瘍認定医”に
セカンドオピニオンをもらったら?とアドバイスいただきました。

腫瘍認定医なんて存在すら知らなかったのですが、あわてて探してみると、
家から車で20分のところにその病院があったのでした。
今、信頼してすべてをお任せしている病院です。

チョコさんの腫瘍は大きい上に血管だらけで、細胞を採るのも大変だったのですが、
先生はエコーで時間をかけてなるべく血管が少ないけれども、壊死していない細胞
を麻酔なしで採取してくださり、染色検査でがんである、ガンであるからには
今日から抗がん剤治療をはじめ、細胞診の結果次第で治療方針を変えましょう!
となりました。
行ったその日から治療を開始してもらえて、本当に先生が神様みたいに思えました。
この先生にすべて任せて、それでだめならあきらめようって思えました。
今思い出してみても、激動の日々でした(涙)

今日のチョコさんといえば、はっきりいって元気です
抗がん剤を1週パスしてるからかもしれませんが、一見病気には見えません。
私が病気になってから甘やかしてしまったからか(反省)、ステロイドのせいなのか、
毎日ごはんくれくれ、わんわん祭りが開催されています(汗)

でも、1か月前のチョコさんは、吠えることすらなくなっていたので、
ある意味元気な証拠だ!って、うれしく思ってしまうダメな私です(滝汗)


こちらの写真は、最近のチョコさんです♪
DSC08738.jpg


冷え冷えベッドでくつろいでいるうちに・・・
DSC08792.jpg


へそ天で、パッカーン(笑)
DSC08798.jpg


窮屈そうだけど、やっぱりへそ天♪
DSC08804.jpg



こんな穏やかな日が、一日でも長く続きますように!

プロフィール

ちょこぽん

Author:ちょこぽん
チョコさん:でかちわわ
2009,2,25生まれ♂
食べるの大好き♪

2012,7 悪性リンパ腫(消化器型)と診断され、現在UW-25プロトコルで抗がん剤治療中!

2013,2 2度目のセカンドオピニオンにより、現存する腫瘍が高分化型(低悪性度)悪性リンパ腫と診断をうけ、抗がん剤治療第2ラウンド頑張ってます♪

チョコさんのお誕生日

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム