DSC_5317.jpg
  • 2015年06月

回り込み解除

  • その後のチョコさん♪

    category:未分類

回り込み解除

その後のチョコさんについて書いておかねば

先週月曜日の通院後、夕方から消化の良いご飯を少量ずつ復活させました。
もっとくれくれ大騒ぎするかと思ったらそうでもなくて、ちょっと心がざわざわ
でも、嘔吐は治まって、一安心でした


DSC_0841 (4)
翌日火曜日から、消化の良いご飯を4回に分けて様子見。
嘔吐は一切なく、元気も復活
ただ、前日の朝を最後に、うんちが出ていなかったので、まだドキドキ
その後、つやつやピカピカ(笑)な見事なものを出してくれました


DSC_0806 (5)
こちら、火曜日、舞茸を煮出したスープににヨーグルトを加えたものを
足元にある器で飲んだ後、こてーんと転がって撫でれと(笑)いうチョコさん♪
他のわんこさん達も、こんなことするのかなー?

火曜日の時点でチョコさんは、少し胃がむかむかしてそうだけど、ほぼ全快
なのに、私の心はモヤモヤ。
分かっていたことだけど、それでも腫瘍認定医Ⅰ種の先生に
診てもらいたかったんだけど、週1回の予約制ってなんだかなー、
こんなことしてて手遅れとかになったら悔やむよなーとか
転院を考えたり・・・。


DSC_0811 (4)
でも、翌朝、ふと頭の中の霧が晴れました♪
主治医は週一しかいないけど、今回診てもらった先生も信頼できそうだし、
電話で主治医と連絡も取りあってくれた。黒イボのことも、次の診察まで
待っても問題ないとはっきり言ってくれたし、血液検査だって、癌全般か
どうかは分からないけど、リンパ腫だったら、カルシウムやリンの値が
跳ね上がるだろうし、ALPだって一桁増えるに違いない。
白血球なんて低目の正常値だし、貧血にもなってない。
チョコさんの体内でガン細胞は暴れてないぞーって。
ってことは、万が一メラノーマでも早期だわー♪

ってな感じで、水曜日に、私の心は晴れました



DSC_0710 (5)
こちら、チョコぱぱさんに寄り添って眠るチョコさん♪
私はすぐお手入れを始めちゃうから、寄り添おうとすると警戒されます
私も一緒に眠りたーい(笑)


DSC_0956 (5)
しばらくは消化の良いものをと思って、健康一番ダイエットをメインに
タラか鶏肉ごはんにしてましたが、今日から通常ごはんに戻しました。
でも、夕方散歩で草を食べたがったので、野菜類はフードプロセッサーで
ペースト状にしたほうがいいかなあ・・・と悩んでおります。
ちょっとだけ、自信喪失中(涙)


DSC_0880 (5)
そうそう。抗がん剤は、先生の指示より1日多く休んで、木曜日から復活させました。
もしかしたら、抗がん剤の副作用で胃の動きが悪くなった可能性もあると思って。

とりあえず、そこそこ元気にこの1週間過ごすことができてホッとしてます♪
明日の通院で、お口の中の黒いイボ問題が解決するのか心配ですが、
主治医の見解をしっかり聞いて、今後のこと真剣に考えていきたいです。

では、明日の通院、安全運転でがんばってきますねー
どうか、良性の腫瘍か、取り越し苦労でありますよーに

スポンサーサイト
  • 負けられない戦い

    category:病気

回り込み解除

チョコさんのことを心配してくださる方もいるのに、通院報告が
すぐにできずにごめんなさい。
通院した日から今日まで、毎日毎日、自分なりに受け止め、
何とか納得しよう、受け入れよう、そして前に進もうってがんばりながらも、
時に闇の中に引きずり込まれていました。

でも、どうにかこうにか、ブログを書こう!というところまで
たどり着けました。きっと、もう大丈夫♪
少し長くなると思いますので、お暇なときに読んでくださいね。


DSC_0148 (6)
5月20日に、チョコさんの左犬歯付近の歯茎に、3mm弱の黒い扁平のイボの
ようなものを見つけた時、胸騒ぎがしました。普段だったら絶対見つけることの
できないものだったので、何で気づいたんだろうって、気づかなかったことに
しようって、その日は本気で思いました。
そしたら、チョコさんが珍しく嘔吐。病院に連れてけ!ってアピールしたのかも(笑)

それからのことはこちらで♪→→→☆☆☆☆☆

で、今週の火曜日6月2日。待ちに待ったような、見てもらうのが怖いような、
そんな通院だったのでした。


DSC_1075 (2)
診察室に呼ばれ、とりあえず黒イボを診てもらったところ・・・・・。
すぐ記録として書かなかったことと、あまりにショックだったことで記憶があやふやですが
できるだけ思い出して書きますね。

何かありますねと。断定はできないけど、やっぱりメラノーマの可能性ありだと。
ちょいと、箇条書きに変更します(笑)

・口の中の腫瘍は、9割型悪性。10割という先生もいる。
・メラノーマだった場合、散ってしまったら最後、すごい速さで広がってしまう。
・細胞診をしたいけれど、針を刺すことで一気に広がる恐れがある。
 その上メラノーマかどうかは分かっても良性か悪性化の確定診断はつかない。
・手術をしなくてメラノーマだった場合、骨に転移し、骨が溶け、痛みで
 ご飯も食べられなくなる。
・手術しても、最後はだいたい肺に転移して、3カ月から1年。もちろん1年以上
 頑張っている仔はたくさんいる。

今後どうするかの3パターン
①一気に転移が広がる恐れがあるが、細胞診をする。
②とりあえず、もう1週間イボの変化を観察する。
③手術して、組織生研に出す。ただ、メラノーマは浸潤が早く、歯茎のピンク色の
 部分まで広がっている恐れがあるので、腫瘍部分とその前後の歯2本と、上あごの
 骨の一部をとる・・・・・(涙)

とりあえずは、リンパ腫の再燃などしてないかエコー検査となりました。


DSC_1077 (3)
待っている時間の長いこと長いこと。そしてつらいことつらいこと。
どうにもこうにも止められない涙が、ずーっとでてました。
チョコさんは、全然元気なんだけどなあ・・・・。

しばらくまって、再び先生との話し合いです。
先生も、すごく困ってらして、私も何も決断できません。
で、いつもの質問をぶつけました。先生のうちの仔だったらどうする?って。
いつもより、本当に真剣になやんでくれて、はっと閃いた模様(笑)

僕のうちの仔だったら、手術をする直前に、麻酔下の細胞診をして
確定診断は出ないけど、メラノーマ(良性と悪性の判断はつかない)かどうか、
すごい悪い顔をした細胞がいるどうかを判断材料とし、そのまま手術をするか、
麻酔から覚まして手術をとりやめるか判断しますと。

万が一悪性メラノーマだった場合、針を刺すことが致命的だと言ってたから、
細胞診してすぐ手術・・・アーこれが一番いいのかも・・・と納得しました。
そしたら、先生がスケジュールを確認しだして、ラッキーなんでしょうね、翌週の
火曜日に手術枠が空いてました。でも、私も即答できず、チョコぱぱさんと相談
したいと伝え、ただ、午後に新規の診察も数件あるので、早めに手術枠を
抑えた方がいいから、早めに電話くださいと言われ、メラノーマにも効果のある
消炎鎮痛剤をもらって、帰宅しました。

今思っても、よく無事で家に帰りついたわ(爆)


DSC_0985 (4)
それからの日々は、まー、世の中を呪ったり(爆)、神様はいないんだ!と言って
チョコぱぱさんに、「神様がいたからこんなに早く見つけられたんだよ」と諭されたり、
毎朝毎晩、「本当に骨や歯まで取るの?顔が少し変わるんだよ」というと、
チョコぱぱさんに「命と顔とどっちが大事なの?命でしょ?」と言われることを
繰り返し、お散歩で会う犬友さん達に励まされ、こぎママさんに毒を吐かせてもらい(爆)
一日一日、少しずついろんなことを消化して、やっと今に至ります。

リンパ腫と診断された時より、ダメージがはるかに大きかったかも。
闘病2年11カ月を超え、5年は無理かもだけど、3年は楽勝!なんて
おごり高ぶった気持ちがあったから、天罰かなとか、自分がよくない人間だから
神様がチョコさんに試練をあたえるのかなとか。いろんな悪いものを、感受性の
つよいわんこが、全部かぶっちゃうのかなとか。
犬生の半分を闘病しているチョコさんに申し訳なくてね。

今回の手術は、良性の可能性も残されたまま、左側の犬歯あたりが
少しへこむほどの大掛かりな手術です。これも、毎日、もし手術後に
良性と判明した時は、良性でよかったね!でいーんだよね?って
チョコぱぱさんに聞く毎日(爆)。散歩で会う犬友さんに、将来的に
悪性に変わる可能性もあるんだからと言われ、妙に納得(爆)

こんな毎日だったので、ブログもかけず、ほとんど誰にも連絡せずな
感じです。水臭いわ!と思った方がいらしたら、ごめんなさいね。
本当に、それどころじゃなかったのです。



ひたち海浜公園2015-04-26_41

往生際の悪い私は、本日、別の腫瘍認定医Ⅰ種の先生にセカンドオピニオンを
もらいに行ってきます。手術の覚悟はできたんだけど、一応、もう一歩確実に
腹を決めるために。手術をするなら主治医に!って気持ちは固まってるんですけどね。

全く望んでいなかったのですが、どうやら闘病第4ラウンドが始まりそうです。
本当に負けられない戦いです。いつかくるお別れの日まで、ごはんを
食べ続けられるように、(それが一番大事!!!)、痛くないように、
苦しくないように、家族一丸となって戦います!!!

負けないもんねーだ!!!

よかったら、チョコさん頑張れ!って応援してくださいね。

回り込み解除

DSC_0321 (5)
セカンドオピニオンのことを書こう!と思って写真を選んでいたら、
あまりにかわいくて、かわいくて、かわいくて
セカンドオピニオンのことは別記事にさせてください
ただ一つ言えることは、ブレブレだった私の肝も据わったってこと。
あとは、前に進むのみ!



DSC_0460 (5)
この週末、チョコさんの写真ばかり撮ってました
手術でお顔が変わったところで、私のチョコさんに対する愛情はなーんにも
変わらないし、もっともっと愛おしくなると思います。
でも、チョコさんのお顔も大好きなんです。
だから、いーーーっぱい残したくて♪
それに、気に入った写真なんて、めったに撮れないからね。



DSC_0335 (4)
でね、1枚目の写真が撮れたのです!
背景は、残念な庭の残念なアジサイですが、それでもこのお顔は
私のだーーーーーい好きなチョコさんだーーーー
こちらは近所のスーパーの駐車場です(笑)
口には牛乳水がついてますが、お気になさらずに♪



DSC_0589 (5)
こちら、手術したらもう固いものは食べられないかもと思って、最近控えていた
牛アキレスをあげました。ちょっとくらい胃がムカムカしてもいーやーって♪
ぶっちゃけ、腫瘍がある側でガシガシ食べてるし、メラノーマじゃない可能性だって
あるんじゃないかなあ・・・。少なくとも、今現在痛みはないはず♪



DSC_0609 (4)
前の記事を見て、LINEやメール、コメントに拍手などなどで心配し
応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました。
まだ、コメントの返事やメールの返事もかけてませんが、本当に
うれしかったです。お返事は、もうしばらくお待ちくださいませ。

とりあえず今は、チョコさんの体によいことを考え、舞茸汁を飲ませ、
免疫アップやデトックスのサプリを、緊急事態レベルの量与えて
かわいーかわいー言って過ごしてます。
チョコさんが火曜日の手術から無事帰還できるように、もうしばらくの間
応援よろしくお願いします


回り込み解除

とうとう、手術(予定)が明日となりました。
少しだけ気持ちが落ち着かないので、珍しく(爆)朝から掃除をして、
本当はアジサイとチョコさんの写真を撮りに行こうかな…と思っていたけど、
多分チョコさんは嫌だろうから(笑)、これを書いています。


DSC_0514 (4)
6月6日土曜日。リンパ腫でお世話になってる病院のわりと近くに、腫瘍認定医Ⅰ種
の先生がいらっしゃり、電話を掛けたところ予約なしでセカンドオピニオンしてくださる
とのことだったので、行ってきました。
実は、前の病院の先生が急に辞められて、病院を探していた時、一度は候補に
上がった病院です。


DSC_0790 (6)
今回は、検査などをしてもらうつもりはなく、一般的なメラノーマの疑いが
出た時の診断の流れや、こちらの先生だったらどのような処置・手術をするのか、
今私たちがやろうとしていることは間違っていないかの確認のためです。
主治医を疑ってるわけではなく、自分の気持ちをしっかりとしたものにするためには、
少しの疑念もあってはいけないと思ったので。


DSC_0795 (6)
今までの流れを資料で見てもらい、説明し、イボを診てもらいました。
得意の箇条書きに入ります!

・メラノーマの可能性あり。
・口の中のメラノーマは9割悪性で、その中でも悪性の強いものから弱いものがある。
・ただ、出血してないし、コリコリと固いので、自分の考えでは悪性度の弱いものではないか。
・自分だったら、やはり細胞を採って検査して、悪性度によって手術の範囲を決める。
・経験した中で、細胞診のせいで悪化したという症例には出会っていないが、
 一般的には、可能性はある。
・リンパ腫の抗がん剤が原因とはいえないが、抗がん剤治療は免疫抑制が
 かかるので、それは関係があるかも。
・骨をとらずに削る方法もある。などなどなど。


DSC_0760 (6)
そんな中で、一番私を我に返らせてくれたのが、チョコさんはメラノーマの疑いのある
犬ではなく、リンパ腫を持っていて、メラノーマの疑いがある犬であるということ。
要するに、良性を信じて手術せずに経過観察しているうちに、リンパ腫が再燃し、
メラノーマも悪性となったら、とんでもないことになるっていうこと。
言葉としては、こんな感じではなかったけど、私はそう理解しました。
今、寛解しているうちに、打てる手は打っておかねば・・・納得!

主治医の先生は、そこまで考えていると思うので、先生を全面的に信頼してください、
と言われました。了解です!

なので、明日、主治医にチョコさんを託し、細胞診でメラノーマの細胞が
見つかったら、手術をしてもらいます。
本当は、できたら、骨を削るまでで終わって欲しいけど、でもね、やっぱり
先生の判断におまかせします。


DSC_0015 (7)
あと、びっくりしたこともあって、こちらの先生、以前お世話になっていた先生が
辞めてしまった病院の、後任の先生でした。縁があったら、その時お会いしていた
と思うけど、私は今の主治医を選んだのだから、信じてついていかねば!
ちなみに、現主治医の大学時代の後輩だそうです。
ま、腫瘍認定医の世界は狭いですもんね(笑)  


今まで、その時その時、精一杯できる範囲でがんばってきたよね!って
帰りの車中、チョコぱぱさんと話をしました。
だから、3年頑張れたんだよね!って。
本当だったら、ずっと一人の先生に診て頂くのがいいのかもしれないけど、
セカンドオピニオンも合わせると、6人の腫瘍認定医のお力を借りました。
何となく、その局面を打開するために必要な先生に出会えた気がしています。

今回もそうであると信じて、明日は、なるべく笑顔でチョコさんを
手術に送り出したいと思います。


DSC_1078 (3)
チョコさん、またミラクルおこしてね!
絶対絶対、お家に帰ってきてね!
そして、うまうまいっぱい食べようね!


世界で一番、かわいくて、愛しくて、わがままで、食いしん坊で、
チンピラで、でもさみしがり屋なチョコさんへ

よかったら、明日手術がうまくいくように、麻酔からちゃんと戻ってこられるように
応援していただけたら、うれしいです!
  • ミラクルチョコさん♪

    category:未分類

回り込み解除

先ほど、病院から帰ってまいりました。
なんと、チョコさんも一緒にです♪

詳しくは明日書かせてもらいますが、細胞診の結果メラノーマではない
ということがはっきりしました。
本当に、この結果が出るまでは絶望的な話ばかりで、人生で一番つらい
日だったのに、午後2時半を境に、人生で一番うれしい日になりました。


DSC_1011 (5)
全身麻酔をしたので、午後5時に再会した時には予想通り
ハーハーゼーゼーひどい状態でした(涙)
でも、家に帰りついたら、下の写真のように、ソファーでのたうちまわって
飯をだせーとさわいでおりました(笑)

ただ、全身麻酔の影響を内臓もうけているので、食べ物は明日からです。
チョコさん、ごめん!


DSC_1026 (5)
今日採取した細胞の検査結果が来週でるので、それまで完全に安心はできないけれど、
歯を4本とそれに伴う上あご(全体の1/4)の切除という大手術を回避できました。
良性と判断できない場合、グレーゾーンでも手術をすると悩んで悩んで決めたので、
本当に手術を回避できる確率はすごく低かったのです。本当に夢みたい!


チョコさんのこと応援してくださったみなさま、本当に本当にありがとうございました。
みなさんから頂いたパワーが、今回のミラクルにつながったと思います。
明日、落ち着いてからコメントのお返事と、今日のことを詳しく報告させていただきますね!

そして、今日、病院にお守りを届けてくださった、J母さん♪
本当に本当に、ありがとうございました。あのときは、本当に絶望的な
話をされた後だったので、本当にうれしかったです。
泣いちゃって、ちゃんと話ができなくてごめんなさい。
本当に、勇気づけられました。
これからも、お互いがんばりましょうね!

みなさん、本当にありがとうございました!

  • 激動の1日①

    category:病気

回り込み解除

今回の黒イボの件では、本当に応援ありがとうございました!
コメントを読んで、本当に感謝の気持ちでいっぱいです♪
まずは、忘れないうちにブログを書いてから、コメントのお返事させてくださいね


昨日6月9日、手術をする覚悟での通院でした。
そうとは知らないチョコさんは、前日9時以降食べ物は一切もらえないことが理解できず、
夜中に何度も外に出せとドアをガリガリ
うちは、お庭でトイレをして足を拭いた後、ドッグフードがごほうびとしてもらえるので、
ただそのためだけに庭に出ようとしてました


DSC_0935 (5)
最初はごはんの時間が遅いなーくらいに思っていたようですが、
私が、何度も何度も「ちゃんと迎えに行くから、病院で待っててね」って言うし、
出かける準備を始めたので、うすうす病院に行くとわかったみたい。
普段、お散歩やお出かけの時、ご褒美のドッグフードがないと玄関に来ないし、
首輪もつけさせてくれないのに、この日は呼んだらテクテクやってきて、素直に
首輪をつけさせてくれました。何かしら、感じてたんだよね。


DSC_0953 (6)
少し道路は混んでいて雨も降っていたけど、予定より早く到着しました。
腹をくくったはずだったのに、なかなか病院に入る気にはなれず、
外で撮影したりして時間をつぶして、予約時間の10時直前に意を決してGO

受付の看護士さんのことを私は知らなかったのに、10時予約のチョコちゃんですね、
と言われてちょっとびっくり
ドキドキしながら診察を待ちました。



DSC_0963 (6)
わりとすぐ呼ばれ、重たい気持ちのまま診察室へ。
この1週間、とても元気に過ごしていたことを伝え、触診。
黒イボをチェックしもらうと、ちょっと歯に近づいている(大きくなってる)と。
大きさが、3mm~4mm。誤差の範囲だけど1ミリくらい大きくなってると

ここから、今日の流れの説明でした。
麻酔をかけて細胞診をして
 ①完全に悪性メラノーマと判明したら、犬歯の前2本と後ろ1本の合計4本の歯と
  上顎を切除する。
 ②メラノーマであるが、悪性か良性か判定できない場合、→グレーであるが①の手術をする。
   or 切開生検をし、1週間後の検査結果を待つ。悪性だった場合転移の可能性がある。
 ③良性のメラノーマか、全く別のもの→切開生検をする。

最初から、ガーーーーンでした。イボ前後2本の歯と上顎の切除ですむと思っていたのに、
4本ですと
主治医の経験上、2本分で、マージンを取りきれなかったことが何度もあると。
希望すれば2本でもいいけれど、根治を目指すなら4本分を勧めると。
この時点で、思考力停止
ただ、今回はグレーが出る可能性が一番高いので、グレーだったときにどうするか
全身麻酔をかける前に決めてほしい。麻酔をかけた後に時間をかけるわけにはいかないと。

続きは、いつもの箇条書き

・今の時点で転移(肺などに)が始まっている可能性もある。ただ、それでも口の中の
 メラノーマは切除しないと、骨が溶け、痛みで苦しむので、口の中の根治は目指すべき。
 転移が始まっていても、手術するべき。

・飼い主さんが望むなら、歯2本分の手術でもよい。うまく取り除けることもあるが、
 どこまで広がっているか、見てわかるものではないので、4本分取ることを勧める。

とりあえず、細胞診で、見るからに悪性メラノーマと断定できる場合は4本分取って
もらうことに決め、グレーの場合の決断は少し待ってもらいました。
気持ちは、ブレブレ、心はフラフラでした

DSC_0990 (6)
12時~13時の間に全身麻酔をかけて細胞診をし、20分後に結果が出て
手術が始まる。手術時間は1時間半。

私としては術後の痛みが心配でたまらなかったので、痛みだけは感じないように
してほしいというと、モルヒネとは違うすごくよく効く薬があるらしく(名前忘れました)、
金額がチョコさんの体重で2万円かかると言われたけれど、お願いしました。
あと、術後の食事管理のため、食道にチューブを入れる提案をされ、
入院中になるべくしっかり傷口がくっついてほしかったので、お願いしました。

あとはリスクの説明(覚えていることだけ書きます)
・麻酔による内臓へのダメージ
・術中、術後の傷口からの出血
・見た目が変わる
・下の歯がなくなった部分の歯茎にささったりする。
などなど
今回も、なるべくチョコさんの側についていたいとお願いすると、診察室を一つ
貸していただけることになりました。
で、いつも納得できないけど、同意書にサイン。


DSC_0998 (6)
診察室を出て、予想外に広範囲の上あごを取ることに動揺し、グレーの場合
どうするか決められず、にっちもさっちもいかずに追いつめられていた時、
リンパ腫闘病中で、同じ先生に診てもらっているジョヤちゃんのママさんが
お守りをもって駆けつけてくれました
張りつめていた緊張が一気に緩んでしまい、ちゃんとお話しすることが
できなかったけど、本当にうれしかったです。ありがとう!!!
すぐ診察室に呼ばれてしまって、ちゃんとお礼も言えずにごめんなさい。
いつか、ゆっくりお話ししたいですね♪

診察室に通され、チョコさん点滴開始です。
そして私は、外せない打ち合わせが終わり次第病院に来てくれるチョコぱぱさんに
現状をメールし、どうすべきかのやり取り開始。
点滴を大人しく受けているチョコさんの唇をめくって、イボの場所と歯4本分を
確認すると、犬歯の後ろが長すぎて、4本分手術したところで取りきれない可能性も
あるなら、犬歯まででいいんじゃないかと気持ちがフラフラ。

で、先生が12時過ぎにグレーだった場合にどうするか聞きにきた時、4本じゃなくてイボ前後
同じ幅の手術(犬歯の後ろの歯は残して3本分)でいいんじゃないか、犬歯の前に
広がるのか後ろに広がるのかわからないなら、顎の切除範囲を狭めてほしいと
お願いしました。すると・・・、メラノーマはリンパの流れに沿って広がっていくので
犬歯の後ろに広がっていく可能性が高い。だから、後ろに大きく取った方がいいと。
はい。絶対に悪性と分かったら、4本分お願いしますと伝えました。
病院に来るまで、グレーでも手術と思っていたのに、この頃にはもう訳わからず
で、グレーの場合の決断がなかなかできない私に、最小限の切開で細胞を採ることで
転移をなるべく防ぐ方法を提案してもらい、それでお願いしました。


DSC_1014 (6)
あまりに長くなってきたので、つづくにさせてください<(_ _)>
チョコさんのこと、自分のために記録したいので、ダラダラ長くてすみません。
コメントの返事もまだできてなくて、本当にごめんなさい。
明日こそ!!!


  • 激動の1日②

    category:未分類

回り込み解除

長くなってしまいますが、チョコさんのこと、全部記録として残したいので
もうしばらくおつきあいください

悪性メラノーマと判断されたら手術をし、グレーか良性だったら最小限の
切開で細胞を採取して生検すると決めたのに、まだ心は落ち着きません。
グレーなのに手術せず、検査結果の出る1週間後に悪性判定がでて、
もし手遅れになったら・・・。
チョコぱぱさんや犬友さん達にLINEやメールで報告し、アドバイスをもらう
うちに、はっと気づきました。
私は、チョコさんがいつか旅立つ日まで、ご飯をおいしく食べてほしいというのが
願いなのに、万が一今回グレー判定で手術を回避したために手遅れとなって、
痛みでごはんが食べれなくなったら、きっと自分を一生許せないなって。
それに、1mmだけど大きくなったということは、進行してるかもしれないと思い、
最後はチョコぱぱさんと相談して、グレーでも手術すると決めました。

チョコさんのこと、真剣に考えてくれたお友達の皆さんにも感謝です!


DSC_0986 (5)
13時には麻酔にはいるはずだったのに、急患で1時間遅れるとのことで、
病院に向かっているチョコぱぱさん、ちゃーんと間に合いました
できたら、ちゃんと2人でチョコさんを手術に送り出したかったので、
本当によかったです


DSC_0987 (6)
いっぱいチョコさんをなでなでして、写真を撮って、「ちゃんと迎えに来るから
待っててね、がんばってね」って、何度も伝え、2時過ぎ看護士さんに連れて
いかれました。口の中の腫瘍の9割は悪性と言われ、グレーでも手術をお願い
したってことは、ほぼ手術確定。それに、黒くてでこぼこした表面の平べったい
イボを見つけた時から、今回ばかりは良性の可能性はほぼないと思っていたので、
気持ちはどんよりでした。

万が一良性かメラノーマでなかったら、2時半前には先生が言いに来てくれるだろうし、
悪性だったら先生はそのまま手術だから、看護士さんが言いに来るのかなーなんて
考えながら、待ちました。

でもね、全然先生が来る気配もなく、もう私は耐え切れずに別の階のトイレに行き、
トイレから戻った時、先生がいたらいいな…と思いながら戻ってみると・・・いない

チョコぱぱさんと、やっぱり悪性でもう手術始まったんだね、しょうがないよねって言ってると、
きゃーーーーー!先生が笑顔でやってきました!
メラノーマじゃありませんでした。メラノサイト(色素細胞)も全くありません!ですとー
扁平上皮細胞で、悪い顔もしていませんと。
手術はせずに、最小限の切開で細胞を採って、検査に出しますと。
今日一緒に帰れますですとーーーーー!

もう、私は今日一日の緊張が一気に解き放たれ、号泣でした。
で、麻酔が覚めるころ、5時くらいにお迎えに来てくださいと言われ、
一旦病院を出ました。凄い変なテンションで(笑)。
お腹の中から喜びがあふれだし、脳内麻薬が噴出してるのか(爆)、おかしなテンションで、
私いい人になる!って何度もチョコぱぱさんに言いながら、怪しい人でした(笑)


DSC_1016 (6)
イオンモールで暇つぶしをし、チョコさんにご褒美のヒマラヤチーズを買い
自分たちにはケーキを買って、病院に迎えに行きました♪

そしたら、思った通り、過呼吸気味で、ゼーハーゼーハーなチョコさんが
私達の元に戻ってきてくれました
冷え冷えの上にじっとしてるのもつらいみたいで、床の上でクールダウンをし、
移動してまたクールダウンを繰り返し、普通の状態に戻るまで30分くらい
かかりました。あー、本当に手術回避できてよかったー

来週の火曜日に検査結果が出るので、それを基に今後の治療方針を
決めましょう!となりました。
ただ、今日は水のみ与えて、食べ物は明日からとのこと。
また、1週間くらいは固いもの(ドッグフードなども)を与えないようにと。

ご褒美のヒマラヤチーズはお預けだし、私達もケーキはもちろん、ご飯も
チョコさんの前で食べれないね(汗)


DSC_1083 (2)
帰りの車中もぐっすり眠り、お家に帰ってからもよーく寝てました。
でも、帰ってすぐは、ごはんくれ―――!ってソファーの上でのたうちまわり(笑)、
チョコぱぱさんは自分の部屋で、そして私はキッチンに座り込んでご飯を食べました。
チョコさんに見られないように(爆)

こうして、人生で一番つらくて、一番うれしい日は幕を閉じました。
全く想像できなかった、でも一番最高の結末。神様ってやっぱりいるんだね
いろいろ悪態ついて、すみませんでした


DSC_1098 (3)
まだ、来週の検査結果が出ないと、本当の意味では安心できませんが、
上顎の1/4を切除するという大手術は回避できそうです。本当によかった!

本当に、本当に、ブログを通して応援してくださったみなさま、リアルな犬友さん、
人間友達さん、応援ありがとうございました!
今回ほど、人の優しさのありがたみを感じたことはありません。
私も、もっと人のために生きなければ、もっと優しさを持たなければ、
いい人になるぞーーー!って心に誓いました。

これからも続く闘病生活。
山あり谷ありだと思いますが、なるべく冷静にいられるよう、今回みたいに
取り乱すことのないよう、がんばっていきたいです♪・・・・・無理かな(笑)

こんなに長くなってしまったのに、最後まで読んでいただいて
本当にありがとうございました!
これに懲りずに、これからもよろしくおねがいしまーす




  • 元気です!

    category:日常

回り込み解除

ここ数週間に及んだ、黒イボ騒動
なんだか、もうずーっと前のことのような、現実ではなかったような
不思議な感覚です。

ただ、皆さんの応援パワーに勇気づけられたことは間違いなく、
しみじみ感謝の毎日です
やっとこさ、コメントの返事を書いたので、よかったらのぞいてくださいね♪


DSC_1224 (2)
全身麻酔をかけた翌日、チョコさんは調子をくずすこともなく、食欲満点で
お散歩も適度に楽しみ、あとはただひたすら眠っておりました


DSC_1190 (2)
この週末、涼しかったらチョコさんと紫陽花を見に行きたい気持ちはあったけど、
気温もチョコさん的には暑いレベルだし、疲れさせるだけだと思ったので
近所の公園の紫陽花で我慢しました(笑)
徒歩5分(爆)


DSC_1146 (3)
ほぼ毎日、同じ場所で写真撮ってます
チョコさんの黒イボ騒動のさなか、チョコさんのかわいい写真を残したい!って
必死こいて撮ってたら、少し上手に撮れるようになった気がする

あと、結局チョコさんは、どれだけきれいな場所に行ったとしても、知らない人や
わんこがいたら、わんわん言うし、待てできないので、近所の誰もいない
早朝の公園が一番よく撮れることが確定しました


DSC_1202 (2)
今週の火曜日、切開生検の検査結果がでます。
細胞診では、悪い顔をした細胞はでなかったようですが、
やっぱり少しドキドキしています。
でも、何かあっても闘うのみ!今は気持ちも前向き、GOGOです


テクテク
最後に、元気にお散歩する動くチョコさんをどうぞ♪


闘病中のお仲間わんこさん達の治療がうまくいくように、
穏やかな時間がずっと続くように、いつも願っています。
そして、元気なわんこさん達も、病気をしないでねー!
免疫をみんなであげて、病気なんて蹴散らそーねー♪



  • 完全白です♪

    category:病気

回り込み解除

本日、いつもの病院に、病理検査の結果を聞きに行ってきました

完全に白、メラノーマでも何らかの腫瘍でもありませんでした。
先週の細胞診でメラノーマではないと言われていましたが、病理検査の結果を
聞くまでは、何らかの腫瘍ではないかと不安な部分もあったので、
本当に今日ですべての不安から解放されました。

詳しくは(詳しく書くほどではないかも)、明日書かせてくださいね。
取り急ぎ、ご報告まで♪

DSC_0016 (5)
本当に応援ありがとうございました!

  • 黒イボ問題終結

    category:未分類

回り込み解除

みなさん、おはようございます!
昨日のうちにアップするはずが、ここの所の疲れがでてしまったのか、
晩ごはんの後、リビングのソファー(私)と床(チョコぱぱさん)で爆睡
して今に至ります。ついでを言えば、途中まで書いたブログが消えてしまって、
がっくりですが、もう一度がんばります
ちなみに、この後、もう1回固まってしまって消えました

今回の写真は、一昨日の通院した日のものです。


DSC_1257 (2)
一昨日の6月16日。病理検査の結果を聞きに病院に行ってきました
午後4時の予約だったので、家を2時20分に出て5時20分に帰りつくという
最短記録の通院でした。

病院に3時30分には到着したので、近所の公園でゆっくりしようと思っていたのに
おトイレだけさっさと済ませると、チョコさんは早足で病院へ
昔から、病院につくとすぐ中に入りたがるのに、診察室に入ろうとすると
え!?まじっ?みたいな顔をするという。
どんな気持ちなのか、チョコさんに聞いてみたいなあ


DSC_0004 (7)
こちら、ご褒美のヒマラヤチーズと記念撮影のチョコさん♪
直後に、早くよこせーと暴れだしました(爆)

診察開始の午後4時。すぐに呼ばれました。
診察室には笑顔の先生がいらっしゃって、大丈夫でしたよと。
細胞診の結果でメラノーマではないと思ってはいても、正式な結果が
出るまでは、心のどこかに不安があったので、これでやっと
気持ち晴れ晴れです


DSC_0009 (7)
こちら、記念撮影にうんざりして、ヒマラヤチーズに戦いを挑むチョコさん
しつけができてなくて、すみません

病理検査の結果ついた診断名は「腺維上皮性過形成」。

<組織所見>:腫瘤の内部は線維組織からなり、腫瘤表面は重曹扁平上皮細胞に
覆われています。線維組織を構成する線維芽細胞に明らかな異型性や核分裂像は
認められません。腫瘤内にはリンパ球や形質細胞が比較的軽度に浸潤しています。
新生血管も散見されます。腫瘤内部は正常皮膚になだらかに移行する境界不明瞭な
病変です。

<コメント>:線維上皮性ポリープは慢性炎症、慢性刺激もしくは突発性に生じる
とされる線維組織の過形成病変です。本例には慢性炎症所見が認められますので、
これが引き金となっている可能性は考えられます。経過観察が必要です。

読んでも、あんまり頭に入ってきません(笑)

簡単に言うと、もともと固いものを食べて傷つけたのかけがをしたのか、
歯肉炎だったのかは分からないけど、犬歯の前の部分についた傷口を
修復?再生?してるときに過形成してしまったと。で、表面がでこぼこで色が黒かった
ので、ここまで大騒動になってしまったということかな。
切開生検で割と大きめに扁平のイボを取ったので、今現在その部分は
ピンクっぽいほぼ普通の歯茎になってます。
もー、なんで黒かったんだよー。

ただ、慢性炎症所見が認められ、経過観察が必要ということなので
今後も、リンパ腫と一緒に診ていくことになりました。

あーよかった!1週間前の、あの絶望的だった診察室での数時間がうそのようです(笑)
先生も、チョコさんのあたまをやさしくナデナデして、よかったねー♪って
言ってくれました。結果的に、あの数週間はなんだったの?な感じですが、
私としては、いろんなことに気づけたし、これからの考えも決まったし、
そしてチョコさんは元気だし、何も言うことない結末です♪

で、何かリンパ腫の診察もするのかなーと思っていたら、リンパ腫の検査は
前回予約したままの、7月に入ってからとなりました。
診察室の滞在時間8分くらい(笑)で、往復2時間15分

DSC_0012 (8)
結局、近所の病院の先生、いつもの病院の主治医じゃない先生、
主治医(腫瘍認定医Ⅰ種)、セカンドオピニオン(腫瘍認定医Ⅰ種)の
4人の先生に診てもらって、みんな暗い顔をしてメラノーマの可能性あり
とおっしゃいました。で、私も、黒くてボコボコして、ヌメッと光っていて、
絶対悪いものだと思いました。でも、違った―――♪

見た目だけじゃ、判断つかないんですね。

そして、メラノーマの場合、時間との戦いだったので、今回のドタバタは
そりゃなかったほうがよかったけど、最初そうしようと思ったみたいに
見て見ぬふりをしていたら、今でもドキドキして、眠れない毎日をすごしていたかも。
高い勉強代になりましたが、チョコさんが元気でいてくれて、
私たち家族が安心をえられたので、問題なしです!



DSC_0046 (7)
今回のことで、私が一番後悔しているのは、それまで口の中をちゃんと
見ていなかったということです。もともと歯磨きが嫌いなチョコさんなので、
布やシートタイプのもので歯だけを見て、ちゃちゃっと歯磨きしていました。
で、偶然歯茎をしっかり見た時に、その黒い扁平のイボが見つかり、
いつからそこにあったのかが全くわからず、不安を煽りました。
もしかしたら、1年前からあったのかもしれないし、最近できて急速に大きく
なったのかもしれない。この違いが、私にも、先生方にも分からなかったので、
癌の治療では基本ですが、希望的観測で判断せず、悪い方を想定しての
治療(手術)に向けて進み始めました。

なので、わんこを飼っているみなさん。
元気で健康なうちから、いろんなところを見て、おぼえていてあげてください。
私が今まで不安になったのが、白目にあるグレーの部分、お腹にある
紫のような黒いようなシミ、そして今回の歯茎のイボです。そのとき、以前
はどうだったのか、全く思い出せず、不安になりました。
特に、口腔内の腫瘍は、時間との戦いなので、早期発見するためにも
ぜひ、見てあげてくださいね♪


DSC_0051 (8)
そうそう。ご褒美のヒマラヤチーズですが、最初喜んで噛んでいたのに、
3分くらいで飽きた模様(爆)
最近、あまり固いものをあげていなかったので、固さにびっくりしたのかしら
一瞬喜んだので、よしとします♪


DSC_0063 (7)
今回の黒イボ騒動では、多くの方に応援していただいて、本当に心強かったです!
本当にありがとうございました!
きっと、これから先も、何かの騒動を引き起こす気がするのですが(汗)、
これに懲りずに、チョコさんのこと応援していただけたら嬉しいです♪

あと少しで、チョコさん、リンパ腫闘病3年のでっかい壁を
木っ端みじんに撃破できそうです♪
ここで油断せず、着実に日々過ごしていきますね!


<私信>
完全に白となった嬉しい日に、心のこもった素敵なカードが届きました。
るーままとお友達さん、本当にありがとうございました!
「世界一幸せな 美しい(かわいい)チワワ♪」だなんて、
チョコさんに似つかわしくないけど、世界一うれしい褒め言葉です!

伊丹でお会いした時の、お友達さんの毒舌っぷり懐かしいなあ。
でも、ガウガウ言うのにチョコさんのこと好きになってくださって
本当にうれしかったです!
そしてるーまま。伊丹でつらかった治療の日々。いつもなでなでして
下さって、励ましてくださって、どれほど心強かったか。

紅葉の季節、チョコさんと一緒に伊丹にお邪魔したいと思っています。
その時、お会いできるのを心から楽しみにしています。
またチョコさんのこと、ナデナデしてあげてくださいね!

チョコさんと一緒に、最大級の愛と感謝をこめて


回り込み解除

今度はサプリのこと書いてみますねー♪なんて書いたのは、いつのことでしょう(笑)
ブログ自体も久しぶりになってしまいました

今、リンパ腫の闘病が始まったばかりのお友達わんこのために、そしてたまたま
検索してこちらにたどり着いた闘病仲間さんのために、私が心がけていることや、
今使っているサプリのことなど書いてみたいと思います。

実は、ここ数日書いたり消したりを繰り返していているのですが、あくまで
私とチョコさんにとってはうまくいっていること、あくまで参考程度に♪ということ
でよろしくお願いします<(_ _)>
特に、サプリなんて、正解がどこにあるのか全く分からないので


DSC_0144 (7)
まず、サプリについては一般論を書きます♪
チョコさんが闘病開始した時も、だいたい下記①~③からそれぞれ
1種類ずつくらいをローテーションで使用していました。


①免疫を高めるサプリ:AHCC、メシマコブ(メシマピュア)、などのキノコ系
  
②がん細胞を自殺させる(アポトーシス誘導)サプリ:フコイダン、D-フラクション
  
③血管新生抑制サプリ:サメ軟骨、秋ウコンなど

同じ目的のサプリを何種類もあげるのではなく、さまざまな目的の
サプリを組み合わせた方がよいとされています。
また、時間薬理学という考えで、それぞれ効果的な服用時間もあります。

①の免疫を高めるサプリは、免疫細胞が減少する午後。
 
②のアポートシス誘導のサプリは、癌細胞が成長する夜。

③新生血管抑制サプリは、正常細胞が癌に栄養分や酸素を送ってしまう
  新生血管を作らないように、正常細胞が活発に増殖する午前中。
 (正常細胞は、癌細胞に促されて新生血管を作ってしまうそうです)

チョコさんの場合、治療開始時はご飯を3~4回に分けてあげていたので、
時間も守ってサプリをあげていました。
あくまで、闘病開始してからしばらくの間ですが



DSC_0194.jpg
こちらが、今でも時々読み返したりすることのある本です。
闘病開始時は、図書館やamazonで本をゲットして、たくさんたくさん読みました。
免疫の本や、爪もみ、ヒーリング、癌などなど、ほとんど人間のです
「ペットがガンに負けないために」は、今でも私のバイブルです。



DSC_0264 (6)
「ペットがガンに負けないために」で学んで、闘病で一番大事だと思っていることは、
腸内環境を整えて、体内を浄化(デトックス、毒素をためない)することです。
私の場合は、やはり手作りごはんと、舞茸スープや牛乳水、ヨーグルト水などで、
たくさんおしっこが出るように、老廃物や毒素がどんどん体外に排出されるように
心がけています。ドッグフードの場合は、より多く水分を取るようにしてあげて
くださいね。お肉やお野菜のトッピングは、やっぱり生きた食べ物を摂取するという
ことで、とても良いと思います。獣医さんは反対かもしれませんが・・・。

腸内環境を整えることに関しては、いろんな菌を取るようにしています。
ほぼ毎日、納豆、ヨーグルト、乳酸菌サプリ、酵素類を食べています。
この生活をかれこれ3年近く続けて、いつもほとんど臭くない(体調不良の時は
臭くなります)艶ピカな見事なものを出してくれます♪



DSC_0185 (8)
ここから、現在のチョコさんサプリ事情を書きたいと思います♪

Astamia:22種類の食べものとハーブでできた、オーガニックサプリメント。
1日で犬に必要とされるビタミンとミネラルや、抗がん・抗酸化成分が豊富とされる
薬草もたくさん入っています。

Bouncy:13種類の食べものとハーブでできた、オーガニックサプリメント。
デトックスで自然治癒力を維持するのが目的。足腰の健康維持に必要な成分も
たくさん入ってます。
抗がん剤を飲ませた時、フィラリアの予防薬を飲ませた時、フロントラインを
使った時は、倍量飲ませます。         
         

①&②は、チョコさんサプリの一軍の中の一軍です
闘病1年5カ月目のとき、腫瘍がポコポコして見え方が変わったと言われ、
奈落の底に突き落とされた時に出会った、ハーブサプリです。
いろいろ参考にさせてもらっていたブログで紹介されていてました。
使い始めてしばらくして、いつも汚れて年に数回病院で診てもらう右耳が、
白い粉をふいたようになり(皮膚が生まれ変わった?)、その後きれいに
なりました♪あとは、半月ぶりくらいに散歩で会った犬友さんに、
「チョコさん元気に歩くようになったね」と言われ、そういえば楽しそうに
すたこら歩くことが増え、このハーブのおかげだ!と確信しました。
その後、腫瘍がポコポコ見える問題も解決したので、生まれて初めて(大げさ)
効果の実感できたサプリとなりました

Mito Max super:胃酸に負けず、直接腸にまで届くペティオコッカス菌のサプリ。
腸内環境を整えるために、ずっと使っています。

トランスファーファクタープラス:当時、リンパ腫寛解後長期生存されていた
わんこさんの真似をして購入。癌によさそうな成分がいっぱい入っていたので
ずっと使い続けていますが、効果の程は全くわかりません。
でも、使い続けると思います。
           
DSC_0190 (8)
ダイジェストエイド:健康維持に必要な酵素(蛋白質分解酵素・炭水化物分解酵素・
繊維分解酵素など)を配合し、体の内側からバランスを整えるサプリ。

アニマストラス:厳選された60種類のアルプスハーブから抽出されたエキスで発酵、
培養された100%天然の酵母食品。免疫力を高めryβグルカンや抗加齢の
コエンザイムQ10、19種類のミネラル・18種類のアミノ酸・11種類のビタミン類が
バランス良く含まれている。

以上の①~⑥のサプリを、朝晩2回、量は控えめに与えています。
ちなみに、⑤と⑥は使い始めて間もないので、今後同じような効能の
別のものに変わっていく可能性はあります。
本当に、色々なサプリを使ってきて、今こんな形で落ち着いています。

軽く二軍サプリについても♪
二軍と言うと失礼ですが、以前使っていて時々今も使ったり、
その効果を強化したいときに追加で使っているものです。

・トランスファーファクター:いつもはプラスの方を使用しているのですが、メラノーマ騒動
の時に、追加購入しました。2種類使用した方が良いと聞いて。
また何かトラブルがあった時に使いたいと思います。

・マリアアザミ:Astamiaに入っているので、肝臓が弱ってると感じた時などに
追加でいれます。

・核酸:闘病開始時からずっと使用していました。今はお休み中です。
また、調子をくずしたりしたら開始するかもです。


闘病開始時は、D-フラクションやAHCC、フコイダンなどのサプリを与えていましたが、
今現在は、D-フラクションは毎日の食事で舞茸を食べ、フコイダンは沖縄モズクを
週の半分くらい食べることで、代用しています。あと、サメ軟骨はおやつとして♪
でも、舞茸は絶対にいいと思うので、実際食べさせたりすることが無理な場合
D-フラクションはとても有効なサプリなのではと思います。
ただ、ペット用は高いので、人間用でいいのでは
あと、ペット用万田酵素きゃどっくは2年半くらい使っていました。
今はお休みしてますが、乳酸菌、納豆菌などなど入っているので、
こちらもお勧めです♪


DSC_0403 (6)
すごく長くなってしまいましたが、チョコさんのサプリ事情などは以上です。
あとは、基本ですが体を冷やさない(と言いつつ、チョコさん暑がりなので夏の間は
冷え冷えグッズの上にいます)、飼い主はなるべく笑顔を心がける♪、マッサージ♪、
かわいー大好き!と言い続ける(爆)です。
そして、お外が好きだったらなるべく連れ出してあげたり、ストレスが少なく済むように
過ごすことが一番かなと思います

リンパ腫の闘病は長期戦です。
そして、一生つきあっていかなければなりません。
だから、奴らのことをよく知って、嫌だけどなるべく仲良く
共生していくのが一番かなと思います。
ほんと、嫌なんだけど(爆)

私とチョコさんの闘病が、少しでも役立てばいいなと思ってます。
エディちゃん、一緒にがんばろーね

プロフィール

ちょこぽん

Author:ちょこぽん
チョコさん:でかちわわ
2009,2,25生まれ♂
食べるの大好き♪

2012,7 悪性リンパ腫(消化器型)と診断され、現在UW-25プロトコルで抗がん剤治療中!

2013,2 2度目のセカンドオピニオンにより、現存する腫瘍が高分化型(低悪性度)悪性リンパ腫と診断をうけ、抗がん剤治療第2ラウンド頑張ってます♪

チョコさんのお誕生日

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム