-1DSC_6124.jpg
  • 6月30日② 夜間救急病院へ

    category:病気

回り込み解除

自分の覚書のために書いています。写真はほぼなしです。


・夜9時過ぎ頃から、一段と呼吸が荒くなる。
 このままじゃ、チョコさん一睡もできるわけなく、明日の検査に耐えられるか
 不安にかられ、かかりつけ医に電話する。
・夜間救急病院に行くなら、遠くてもネオベッツVRセンターの夜間動物診療に行く
 べきと指示される。
・行かずに後で後悔することになるくらいなら、行こう!ときめる。
 酸素室にいれてもらうだけでもかまわない。
・電話でまず連絡してから行くのだが、話中で全然つながらない。
・夜間診察部門と昼間のネオベッツは別のものなので、酸素室にいれることもできるが、
 そのまま夕方まで預かることは、本当の重篤の場合以外できないと言われるが、
 それでも行くことにする。

・チョコさん、出かける準備を始めると、おいて行かれたくないのか玄関に座り込む。
・高速を使って、30分くらいで到着。23時前。もっと緊急的な患者さんが多いのかと
 思ったら、いたって待合室は和やかムードに驚く。
・なぜか、病院に到着すると、しばらくチョコさんの呼吸が落ち着く。なぜ??
・30分ほど待たされ、診察室に通された。今までの検査結果を渡し、状況を説明した。
 本当に苦しそうに見えるが、酸欠になっているわけではなく、その原因を調べるため、
 血液検査、エコー検査、レントゲンをとるとのこと。
・検査後もかなり待たされ、チョコさんの呼吸もどんどん早くなる。
 心配になって、看護師さんを呼んだが、後ろ足の血管をさわり、口の中をみて、
 酸欠になっているわけでもなく大丈夫と笑顔で言ってくれて、ほっとする。

・まず書いておくが、本当にこの夜間病院に行ってよかった。
 検査結果をもとに、本当に細かく丁寧に説明してくれた。
 レントゲンの写りも素晴らしくよく見えるのは、気のせいかもしれないが、
 でもいろいろなことが分かった。
・チョコさんは若い赤血球をどんどん頑張って作っているが、それ以上に早いペースで
 壊されている。(かかりつけ医にも言われた。)
 原因は、定かではないが検査結果から、やはり腫瘍のなかを通っている
 たくさんの細い血管を通る際に壊れているのではないかとのこと。
・脾臓の腫瘍ではないかもしれない(かかりつけ医もセカンドオピニオンの医師も、
 脾臓であろうが、お腹を開けて見ないと完全には分からないと言っていた。)
 ただ、やはり大きい腫瘍であることには間違いなく、何かの細胞が異常に増殖している、
 当日の午後4時半に予約しているCT(3D)を撮れば、どこの臓器由来の腫瘍であるかが、
 ほぼわかるだろうと。ただ、腹膜からくるものだったり、その他断定できないもの
 もあるが、細胞をとってから良性か悪性化を検査して、今後のことをきめていきましょうと。
 残念ながら、臓器によっては取れない場合もあると。
・呼吸困難の原因は、肺自体はとてもきれいでがんが転移しているとか全く見られない。
 やはり、腫瘍自体が臓器を圧迫している可能性と、圧迫によって消化力も落ちているから、
 胃にも圧迫されているかもと。ごめん!チョコさん!力をつけてほしくて、食べさせ
 すぎちゃったかな。ごめんよ!
・ネオベッツで主治医になる先生が、たまたまいらしたそうなので、申し伝えもしてくださったそう。

・全く楽観できる結果ではないのだが、チョコに腫瘍が見つかってから
 初めてホッとした。この病院、ここの先生にまかせようと心から思えた。
 はじめ、大学病院のような病院にあまり良いイメージは持っていなかった。
 無機質なイメージで。でも、今日出会った先生は、違った。
 温かみのある、でも説得力のある言葉で、すべて伝えてくれた。
 聞いたことには、すべて正直に答えてくれた。
 あとは、チョコさんの生命力を信じよう!そう強く思った。

・最後に、鎮静剤・鎮痛剤の注射を打ってもらった。
 一時間後に聞き始めて、8時間くらいは持続するとのこと。

・夜中の2時過ぎに帰りつく。チョコさんはまだ鎮静剤がきいてこない。
・私は、本当に久しぶりにお腹がすくという感覚を思い出した。
 信じられる病院に出会えて、肩の荷が一つおりたのかな。
 ダメだとは思ったが、夕食に作ったが食べれなかったカレーを、夜中の2時に食べた。
 おいしかった。久しぶりの感覚にびっくりした。この数日、自分が倒れないために、
 目の前にある食べ物を、無理やり口に入れて、なんとか噛んで飲み込む、
 味なんて何も感じなかった。

・私たちが起きていると、チョコさんも落ち着かないので3時前に電気を消した。
 朝6時。何かを感じて目を開けると、チョコさんが立ってこちらを見ていた。
 トイレだと思い、雨の中傘をさして庭に出すと、おしっことウンチをした。
・鎮静剤がきいているはずなのに、再び呼吸が荒く眠れない模様。
 しばらくなでなでしたりしていたが、そっとしておいた方がいい気がして、
 電気を消して、私はこのブログを書きだした。
・すると、うろうろしていたチョコさん、リビングに移動させたサークルに
 みずから入って、寝息をたてだす。たまに目が開くから、苦しいんだと思う。
 おそらく、注射していなかったら、一睡もできなかったかもしれない。
 本当に、病院に行ってよかった。  


今現在、朝の9時。チョコさん鎮静剤のおかげで、眠っています。
でも、たまに無呼吸症候群の人のように呼吸が数秒とまったりするので、
気が気ではありません。
午後4時半の検査まで、なるべく長く眠り続けてくれますように!


この写真は約1か月まえのものです。
パグの梅ちゃんも、今年生死にかかわるような大病を乗り越え、
完全復活しました!
チョコさんも、梅ちゃんみたいに元気になろうね!

DSC07959.jpg

~診療費~
夜間診療料:10,500円
文書料:2,210円
採血量:1,580円
一般血液検査料:10,500円
CRP検査:1,580円
胸部レントゲン:11,550円
注射料:2,630円
注射薬(レペタン):270円
合計:40,820円
(アニコムは1日最大1万円なので、午後のCT検査時に使用するため
 この時は使用せず)
支払額:40,820円

~同日のCT検査費~
初診料:7,000円
血管確保留置量:3,000円
CT撮影料:50,000円
撮影部位追加:11,000円
細胞診:7,500円
内服薬:1,540円
内服薬:70円
処方料:2,240円
合計:82,350円
(アニコム負担額:10,000円)
支払額:72,350円

二次診療の病院は、本当に高額でした
最新鋭の機械を維持するためには、しょうがないんでしょうね。

関連記事
スポンサーサイト
  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

No title

今まず,コメントされてるのを見てちょっぴりの安堵を。。
チョコさんのスナップはいつもと変わらないのにね。
皆もチョコママに声なんてかけられないと悩んでます。
昨日のコメントでとても状況、チョコさんの症状が
よくわかりました。信頼出来る医師のようで
よかったですね!思い切って行かれて...
すこし希望のひかりが見えそうな気がします。
ママはじゅうぶん適材適所でやれることはされていますから
チョコさんに感情的にかわいそうかわいそうをしないで、
ぜったい大丈夫よ!の確信をあげてくださいね!!
みんな応援してます。何か情報入ったらすぐお知らせします.
*ちょこさん、みんなついてるからね*

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメ さん♪

コメント、本当にありがとうございました!
ちょっと心が折れそうなときだったので、本当にうれしかったです。

これからも、チョコさんのこと、応援してくださいね♪

Re: No title

るーまま さん♪

コメントありがとうございました!
チョコさん、るーままになでなでしてもらうのが本当に大好きなので、
これからも、体調が許すかぎりお散歩には連れ出すので、
なでなでよろしくお願いします!

  • trackback
    form

  • トラックバック

回り込み解除


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ちょこぽん

Author:ちょこぽん
チョコさん:でかちわわ
2009,2,25生まれ♂
食べるの大好き♪

2012,7 悪性リンパ腫(消化器型)と診断され、現在UW-25プロトコルで抗がん剤治療中!

2013,2 2度目のセカンドオピニオンにより、現存する腫瘍が高分化型(低悪性度)悪性リンパ腫と診断をうけ、抗がん剤治療第2ラウンド頑張ってます♪

チョコさんのお誕生日

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム