DSC_5341-1.jpg

回り込み解除

1月21日、セカンドオピニオンが無事終了しました
記録のためにも、少し長くなると思いますが、よかったらお付き合いください

DSC01604.jpg
こちらは絶食中のチョコさん1歳の頃みたいなお顔です♪

この日の第一関門は、13時まで絶食させること(汗)
私の朝ごはんのパンとコーヒーを早々に準備して北側の部屋に置いて、
あとはキッチンに入らず、リビングの椅子に座らず、風邪気味でもあったので
チョコさんとお布団でごろごろして大部分の時間を過ごしました。

でも、寝ようと思っても眠れないので、リンパ腫と診断がつくまでの数か月
を手書きでお布団の中でまとめました。実はこれ、すごく役立ちました♪
11時まで私がお布団に入っている間、チョコさんも大人しく眠っていました。
ゴロゴロお布団作戦大成功です\(^o^)/


DSC01605.jpg
で、とっとと準備して、出発です
結局、自分用のパンもあまり食べれなかったので、前日に作ったチョコさんごはんと
一緒にもっていくことにしました


DSC01608.jpg
第二関門の病院までのドライブ
夏にゲットしていた(笑)冬用のドライブBOXを初めて使ったのですが、
チョコさん気に入ってくれたようで、終始大人しくいい子でした♪


DSC01612.jpg
道も混むことなく、25分で病院に到着です!
かなり早くついてしまったのですが、書類を記入したり、血液検査を
している間に、13時になりました。

DSC01614.jpg
診察室に入って不安げなチョコさん
しばらくして、四国の先生登場ですお噂通り優しさが全面からあふれていて、
私の緊張も一瞬で和らぎ、チョコさんも全く吠えませんでした(ホッ)

主治医から預かった資料を渡し、チョコさんが発病するまでの流れを説明し、
そして触診と、発症時のCTを見てから、エコー検査に入りました。

10分後、戻ってこられた先生からのお話は・・・
・現在、腸の一部が腫れている。(腰下リンパ節は腫れていない)
・チョコちゃんは大人しいので(猫をかぶっている)、麻酔なしで細胞診ができると思う。
・過去の細胞の写真を見ると、ちょっとリンパ腫かよくわからない。ただ、遺伝子検査の結果や
 UW-25であれだけ大きな腫瘍が小さくなったので、リンパ腫を疑う所見ではある。
・ただ、通常の消化器型で、こんなに元気な状態でいることはまれである。
・リンパ腫は絶対に死ぬと決まっているわけではなく、一万頭に一頭、高悪性度のリンパ腫が
 きれいに治ってしまう症例がある。その共通点は、若くて、手術や細胞を採るという刺激が
 きっかけとなり、生きようとするパワー、抵抗力がガツンと跳ね上がっていると思われる。
・過去からの流れを考えるのではなく、今現在のチョコちゃんの状態を見極めましょう。

私はこの時チョコさんを抱っこして話を聞いていたのですが、足が震えていました。
あれ?もしかしてリンパ腫じゃないの?何?もしかして、もっと生きれるの?
開腹しなくても細胞診ができるの???

混乱しながらも、細胞診をお願いしました。


長くなったので、つづく・・・。



関連記事
スポンサーサイト
  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

  • trackback
    form

  • トラックバック

回り込み解除


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ちょこぽん

Author:ちょこぽん
チョコさん:でかちわわ
2009,2,25生まれ♂
食べるの大好き♪

2012,7 悪性リンパ腫(消化器型)と診断され、現在UW-25プロトコルで抗がん剤治療中!

2013,2 2度目のセカンドオピニオンにより、現存する腫瘍が高分化型(低悪性度)悪性リンパ腫と診断をうけ、抗がん剤治療第2ラウンド頑張ってます♪

チョコさんのお誕生日

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム