DSC_7586加工
  • 誤嚥!?深夜病院へ

    category:未分類

回り込み解除

4月25日夜の出来事です
とても長いので、お暇なときにでも読んでくださいね。
(これから過去のこともアップしていくので、現在に追いついた時点で、
時系列順に並び替えたいと思っています)

この日は、目の下まぶたに物もらいのようなものができ、そこから出血して
しまったので、翌日病院に行こうと思っていました。
夕方散歩は楽しく終了し、いつものように夕ご飯も、即完食。

ここで、1つ目の私の失敗。いつもよりちょっとだけ、手作りごはんの冷まし方が
足りなかったのに、一応手を入れてみて大丈夫だと判断したのであげてしまい、
一口目を口に入れた瞬間、むせた感じで咳き込んで、吐きだしました。
このとき、少し誤嚥したのかなぁ・・・

この後は、いたって元気にクッションにマウンティングしようとしたり(汗)した後、
普通にぐっすり眠っていました

夜11時過ぎ、ちょこパパさんが帰ってきたところでチョコさんも起きてきて、
ちょこパパさんがご飯を食べている間、足元でずっと何かもらおうと待っていました
大好きなスナップエンドウを少しあげたら、いい子に足元で伏せをして待てたので、
お庭におしっこに出て戻ってきたあと、つい”いい子だったね~”なんて言って、
一かけらのマグロジャーキーをあげてしまいました
これが、2つ目の私の失敗
1センチ角(厚さ3mmくらい)のマグロを乾燥させただけのジャーキーなのですが、
さわった感じ、とっても堅かったのです。で、噛む音は聞こえたのですが、
10分くらい経ってふと気づくと、うろうろ歩き回り、吐こうとしても吐けない
状態になっていました

今思えば、おそらく噛んだジャーキーのかけらが気管に入ったのかな・・・。
実は、ジャーキーをあげてしばらくして様子がおかしくなったので、
これが原因の1つかもとはすぐ気付きませんでした。
はっきりした原因はこれだけなのか、夕食あとの咳き込み時点から炎症が始まって、
このとき決定的になったのかよくわかりませんが、どちらにしろ私の不注意です。

何度も吐こうとしては吐けずを繰り返すうちに、酸素が足りなくなったのか
呼吸まで苦しそうになり、だんだん空気を吐き切った状態になって体が硬直し、
うまく呼吸ができなくなってきました。
パニックになりながらも、私はチョコさんを二本足で立たせた状態で抱っこし、
大丈夫だよ大丈夫だよ!って背中をさすり、ちょこパパさんにこの時間(夜11時半過ぎ)
に診てもらえる病院を探してもらいました。
ただ、口を開けないのでめくって歯茎を見てみると、まだピンク色。
細々とは呼吸できているから大丈夫と冷静に判断する自分もいました。

病院探しのちょこパパさんも、なかなか病院が見つからない感じだったので、
ふと現在の主治医H先生から紹介してもらって、一度顔見せしておいた市内の病院に、
後先考えず電話をしてみました。
すると、ラッキーなことに電話に出てくれて、診てくださると!

着の身着のままで病院に駆けつけ、レントゲン、造影剤を流しながらのレントゲンなど
やっていただいて、異物が気管につまっているわけではないということが確認できました。

また、口の中の奥からのどにかけての柔らかい部分が長いことがわかり、
炎症を起こしやすい、麻酔をかけると覚めにくいから注意が必要とのこと。
また、造影剤を少量流しながらのレントゲンの際、普通の状態だったら
造影剤が気管に入ることはほぼないのに、チョコさんはこのとき造影剤が
少し気管にも流れ込んでしまいました。

原因ははっきり確定できませんでしたが、レントゲンと状態から判断して
のどから気管にかけて炎症をおこしたか、誤嚥して気管に炎症がおきている
かだろうということで、呼吸を楽にするためのステロイドと炎症を抑えるための
抗生剤の注射、点滴を打ち、絶食絶飲で明日もう一度病院に来るよう言われ、
帰宅しました。
ここで心強かったのが、もし急変した場合、何時でもいいから電話するように
言ってくれたことでした。

家に、1時半過ぎに帰りつき、チョコさんはなかなか落ち着かない状態でしたが、
1時間もすると呼吸も安定して、眠りにつきました。
ただ、何度も場所を変えて、しんどそうでした


DSC02908_20130514170518.jpg

翌朝、食いしん坊のチョコさんが絶食できるのか心配だったのですが、
悲しくなるくらいじっとしていて、全く吠えません(涙)
チョコさんは、外の物音などにすぐ反応してわんわんしてしまうのですが、
いつもだったら吠えるはずの場面で吠えないのです。
家がシーンとしていて、それがすごくショックでした。
あ。でもこれが普通なんですよね(笑)

吠えないし、食べたいって言わないから心配が頂点になり、
早めに病院に向かいました
で、先生がチョコさんを見るなり一言!”昨日とは全然顔が違うね~。もう大丈夫だね”と。
念のため、肺のレントゲンだけもう一度撮ってもらい、前日のものと比較すると、
すこしだけ肺の炎症(白いやもや)が増えていましたが、気にするレベルではない
とのことで、1週間抗生剤を飲むことになりました。
で、朝起きてから一言もワンと言わなかったチョコさんが、診察室を出て他のワンコを
見た途端”わんわんわんわん”と吠えました~\(^o^)/
すみません!と謝りながら、うれしくてうれしくて


DSC02911 (2)
ただ、また炎症が治まらないうちに誤嚥させてはいけないので、その日から数日
ドッグフードを一粒ずつ食べさせたり、手作りごはんの水分を少なくして粉寒天で
ゆるく固めたりしました。
実は、抗がん剤を飲ませ始めてから、なるべく早く体外に排出してほしくて、
水分たっぷりご飯を心がけていました。で、よく思い出すと、むせることもしばしば
現在は、水分少なめ(手作りごはんなので水分は十分!)を心がけています


DSC02926 (2)
こちら、2日後お散歩復活のチョコさん♪

DSC02930 (2)
マッサージが大好きです


DSC02996 (2)

今回、私の不注意からチョコさんに苦しい思いをさせてしまいました。
とても調子がよく、つい病気ということを忘れがちになっていたから
だと思います。
リンパ腫の治療をここまで頑張ってきたのに、もしこのとき、もっとひどいことに
なっていたら、私は一生立ち直れなかったと思います。
元気に復活してくれたチョコさんに感謝!夜中の電話に出てくれた先生に感謝!

気負わず、あせらず、でも抜かりなくチョコさんのサポート
がんばっていきたいと思います!

そうそう。出血したまぶたの腫れですが、マイボーム腺の炎症とのことでした。
先生も私も翌日忘れてしまっていて、これの治療は何もしていないのですが、
抗生剤を飲んでいる間にすっかり治ってしまいました♪



余談ですが、パワーストーンを信じない方は、スルーしてくださいね<(_ _)>
チョコさんは、毎日というか肌身離さずパワーストーンのお守りを
迷子札と一緒に身につけています。
この日、久々にシャンプーをしたので、このお守りをはずしてしまい、
お守りをするのを忘れてしまっていました。こんなことはめったにない!
あ~、やっぱりこのお守りに守られてるんだな~って、
実感した出来事でしたとさ♪


<診療費>
4/25深夜と4/26の2回分の合計です。
診察料:525円
時間外:10,500円
X腺検査四つ切(2枚):5,250円
X腺検査 造影:8,400円
皮下輸液・皮下注射:3,675円
内服薬:2,100円
合計:30,450円
(アニコム負担額:9,975円)
支払額:20,475円


関連記事
スポンサーサイト
  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

はじめまして

asanoさんのブログをたどってこちらにお邪魔しました。
我が家の犬は昨年9月末にリンパ腫多中心型と診断され、現在抗がん剤治療中です。
uw25の2クール目を終えたところで再燃してしまい、現在レスキュープロトコルです。
型は違うけど同じ病気でがんばってるチョコさんとちょこぽんのことを知り、とても励みになります。
これからも時々おじゃましますね。

Re: はじめまして

みかん さん♪

コメントありがとうございます!&お返事遅くなってすみません<(_ _)>
asanoさんのブログで、お名前拝見していました。
みかんさんの愛犬ちゃんも、抗がん剤治療がんばっていらっしゃるんですね。
レスキュープロトコルからのがんばり、すごいです!
我が家のチョコさんも、結局寛解という言葉は一度も聞けませんが、
ゆるく長く腫瘍と共生していけたら、一日でも長く一緒にいられたら
と思っています。

これからも、いろんなことがあると思いますが、お互いなるべく
笑顔で頑張っていきましょうね!









  • trackback
    form

  • トラックバック

回り込み解除


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ちょこぽん

Author:ちょこぽん
チョコさん:でかちわわ
2009,2,25生まれ♂
食べるの大好き♪

2012,7 悪性リンパ腫(消化器型)と診断され、現在UW-25プロトコルで抗がん剤治療中!

2013,2 2度目のセカンドオピニオンにより、現存する腫瘍が高分化型(低悪性度)悪性リンパ腫と診断をうけ、抗がん剤治療第2ラウンド頑張ってます♪

チョコさんのお誕生日

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム