DSC_0824.jpg

回り込み解除

前回のブログの続きです♪

今回の通院時、主治医にセカンドオピニオンを受けたいと伝えました
まず、なぜ今セカンドオピニオンを受けたいと思ったかですが・・・

①UW-25終了後、2月よりクロラムブシルを飲み始めてもうすぐ6か月。
 腫瘍自体は無くならないけど、大きくもならないが、このままの量を飲み続けることが
 正しいのか、それとも減薬休薬すべきなのか、そろそろ判断するときがきている。
 (飲み続けることで耐性がついてしまうのが恐い)

②クロラムブシルは日本では認可されていない抗がん剤なので、海外での使用量などを
 参考に日本で使われているが、だとしたら、なるべく症例数の多い病院の専門医の
 意見を聞きたい。

以上が、大きな理由です。


関西で治療を受けているときから、何度となく所沢のがんセンターの
センター長のお名前が出ていました。いつか、診て頂けたら…と思う反面、
チョコさんを苦しめるような、超積極的な治療はもうしたくないし、場所も遠いから
きっと縁がない病院なんだと言いきかせて納得しようとしてみたり。

そんなとき、先月、あっぱれな闘病生活を卒業してお空の住人になった
クーバースのモモちゃんの飼い主さん、みかんさんがガンセンターのことを
ブログに書いてくださいました

このエントリーを読ませてもらって、ガンセンターに行って、センター長に
診てもらいたい!と強く思いました。

みかんさん、モモちゃん、背中を押して下さって、本当にありがとう<(_ _)>


DSC05797_201308261433182b6.jpg

今まで2度セカンドオピニオンを受け、そのおかげでチョコさんの命が
今あると言っても過言ではありません。

ネオベッツVRセンターでの細胞診で、10日待ったのに診断がつかずに
絶望的だった時、こぎママさんから腫瘍認定医のセカンドオピニオンを受けるよう
アドバイスを受け、出会ったのが関西で9カ月お世話になった先生でした。
この先生と病院がなければ、確実にチョコさんの命はありませんでした。

UW-25のプロトコル半ばくらいから、どうしても腫瘍が小さくならなくなり、
UW-25終了後どうしていくかの話し合いの中、先生の提案するロムスチンを
どうしても受け入れられずに、リンパ腫界?で有名である四国の先生に
セカンドオピニオンをお願いして、現存している腫瘍が高分化型であると
判明しました。
(当時の主治医も、高分化の可能性は示唆してくれていました。)
この時も、私が主治医の提案するロムスチンに何の疑問も持たずに受け入れていたら、
やっぱり今チョコさんはここにいないと思います。強い抗がん剤ですから・・・。

その時々、何かしらの偶然や、出会い、アドバイス、心の声に従って、
ここまでやってこれました。少しは、奇跡も入ってるかも(笑)
何が言いたいかと言いますと、やっぱり飼い主の勘って当たるんです。
少しでも治療に疑問をもったら、納得できていなかったら、どんどんセカンドオピニオンを
受けましょう!いろいろな選択肢を持った中から、ベストだと心から
思える治療を受けさせてあげるのが、一番だと思います。
そしてね、一流の立派な先生方は、セカンドオピニオンを受けたいと言っても、
絶対嫌な顔なんかしませんよ♪

関西での主治医もそうでしたし、現在の主治医もそうでした。
ドキドキしながら話すと、自分もセンター長の意見を聞きたいと。

DSC05945.jpg

その場で予約の手続きを始めてもらい、9月中旬に診て頂けることになりました。
でも、びっくりしたのが、なるべく資料を集めるよう指示が出たことです。
今まで撮ったCTやレントゲン、細胞診のプレパラートなどなど。
細胞のプレパラートなんて、それも半年以上も前のものがあるのか不安だったのですが、
四国の病院にありました\(^o^)/
関西での病院には残念ながらなかったのですが、写真は残っていますし
なんとかなるでしょう!


DSC05956.jpg

チョコさんの笑顔を守るためにも、まだまだがんばりたいと思います!
心の声に従いながらね(*^_^*)


DSC05947.jpg

そうそう。現主治医のこと、私、これでも信頼してるんですよ♪
通り一辺倒の抗がん剤治療ではなく、その仔その仔に合った治療をモットーにしておられ、
なるべくなら、薬は少なく!抗がん剤も少なく!検査も少なく!

でも、信頼していても、それが正しいのか、先生自身も断定はしませんし、
私にもわからない。なので、今、がん治療の最先端におられるスーパードクターの
意見を聞きたいのです
転院するつもりもありません♪


DSC05816.jpg

いつまでもいつまでも、この無防備極まりない(爆)へそ天を見続けられますように!

関連記事
スポンサーサイト
  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

No title

チョコさんのセカンドオピニオン、9月中旬に決まったんですね^^

クロラムブシルも輸入薬なんですね。知りませんでした。
クロラムブシルは、サイクロフォスファマイドが出血性膀胱炎で使えなくなったとき代替薬として提案されました。
そのときは「使っている印象として、比較的マイルドな抗がん剤」だって主治医の先生はおっしゃっていました。
結局、モモはクロラムブシルは使わずロムスチンになったのですが、クロラムブシルもがんセンターでよく使われている薬のようなので、いいお話が聞けるといいですね。

わたしが困ったときに話を聞いていたセカンドの先生は「セカンドオピニオンを受けるなら症状が落ち着いているときがいい。」っておっしゃってました。チョコさん、調子いいみたいなので、良いタイミングですよね。

これからもチョコさんのかわゆい写真を期待してますよ~。

No title

チョコさんの高分化型、私も示唆しましたから~!!!って、チョコさんの腫瘍は、なくならないけど動きもしないので、たまたま猫の高分化型消化器型リンパ腫いう論文を読んだばかりだったので、これと同じ症状みたいだわ、って思っただけなんですけどね。
今診て頂いているお医者様も手探り(ほぼ症例がない状態だと思われるので)での治療なので、やはりがんセンター受診をして、K先生の意見を伺いたいと思っていらっしゃると推察します。

この先ずっと生きていくチョコさんなのだから、今度は抗がん剤自体が健康リスクになってきますもんね。抗がん剤にまけることのないように、頼りすぎることのないように、ぜひ先生の意見を伺ってみてください。

また、こういうときこそ、鍼灸とか漢方なども効果があるのではないか、と思います。普通は何もできなくなってから頼るけれど、時間をかけて身体を整える漢方や鍼灸というのは、実はがんが停滞しているときのほうがいいと思うんですよね~。。。

あと、K先生は実はサプリにもすごく詳しいので色々聞いてみてくださいね。

Re: No title

みかん さん♪

コメントありがとうございます!
主人のお休みできる日などを調整して、9月の中旬になりました。
センター長希望!と出してもらって予約が取れたので、お会いできると
信じているのですが、ドキドキです。

クロラムブシルがなぜ認可されていないのか不思議なのですが、アメリカでは
よく使われているそうです。輸入薬なので、病院によって値段もまちまちで
今の病院は1日分で1000円(汗)
ガンセンターだったら、いっぱい輸入していそうだし、もう少しはお安いのかなぁ。
いえいえ、チョコさんの命にはかえられません!

クロラムブシルは、とてもゆっくり効果が出るマイルドな抗がん剤ですが、
それでも、ムカムカする回数も増えているきがするし、お腹の色もすこしずつ
色素沈着してきているし、不安はつきません。
何かいいお話が聞けたらうれしいです♪

調子が良いときにガンセンターに行っていいものかしら・・・と少し躊躇してしまう
気持ちもあったので、セカンドオピニオンの先生のお言葉うれしいです!

チョコさんのかわゆい写真、なかなか大変なのですが(汗)がんばりますね♪
怒った顔はすぐ撮れるんですけどね(爆)

Re: No title

こぎママ さん♪

コメントありがとうございます!&こちらでは、お久しぶりです。
忘れもしませんよ。代官山のスタバですよね♪
あの時、初めて高分化型を知りました。低悪性度の消化器型リンパ腫が猫ちゃんに多いという記事でしたね。
あのときは、そうであって欲しい!と思う反面、チョコさんは犬だから違うのかな~と。
こぎママさん、大正解でした\(^o^)/
あの日は、私やチョコさんにとって、何かターニングポイントになっている気がします。
今でも、モモちゃんが絶対来てくれたと思った時のチョコさんの、穏やかでキラキラした顔、
うれしそうに空中をずっと見つめていた顔が忘れられません。
まだ大丈夫よ♪がんばって生き抜いてね♪って言いに来てくれたんじゃないかな。
チョコさんの闘病中、不思議なことがいろいろあったけど、いつの間にか
すべてを受け入れる人間になってます(笑)

ほう。漢方や鍼灸ですか。一時、状態の悪かったころ、漢方については調べたことがありますが、
調子がよくなってからは、忘れていました。
後手に回らないように、いろんなことまた調べてみますね。

Kセンター長はサプリにも詳しいのですか。聞き漏らすことがないよう、
しっかり聞きたいことを書き出しておきたいと思います。
あとは、他の臓器などにダメージが出てなければいいなぁと、切に願っています。

また、通院したら、報告しますね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • trackback
    form

  • トラックバック

回り込み解除


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ちょこぽん

Author:ちょこぽん
チョコさん:でかちわわ
2009,2,25生まれ♂
食べるの大好き♪

2012,7 悪性リンパ腫(消化器型)と診断され、現在UW-25プロトコルで抗がん剤治療中!

2013,2 2度目のセカンドオピニオンにより、現存する腫瘍が高分化型(低悪性度)悪性リンパ腫と診断をうけ、抗がん剤治療第2ラウンド頑張ってます♪

チョコさんのお誕生日

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム