-1DSC_6124.jpg

回り込み解除

続きを待ってくださる方が、若干1名(爆)いらっしゃるのに、
あいだが開いてしまって、ごめんなさ~い
今日こそ、がんばります!


アウトレットで時間をつぶしていていると、2時半頃病院から電話が
何かあったの~?ってドキドキだったのですが、早く検査が済みそうなので
3時半に来てくださいとのことでした。
アウトレットにいても気が気じゃなくて、私は車でぼーっとしていたので
お迎えが早くなって、ラッキーでした♪

で、3時半前にお迎えに行くと・・・ガーガーゼーゼーはぁはぁ、
ひどい状態のチョコさんがいました(>_<)
検査中はいい子だったけど、やっぱりケージに閉じ込めると
わんわん大騒ぎだったそうで、声までかすれていました(涙)
首にアイスノンみたいなものをまいてくれていたそうですが

時間をつぶしている間に、ちょこパパさんとは開腹はしない!と結論を
出していたのですが、数時間離れただけで熱中症の三歩手前くらいまでに
なっていたので決意はさらに固まりました。
開腹することで長く生きられるなら、心を鬼にして頑張ってもらいます。
でも、どちらがいい結果をもたらすかわからないと言われたら・・・。




チョコさんを、持参していた保冷材などで冷やしている間、目の前の診察室では
担当医、画像診断医、研修医の方々がチョコさんの画像を見ながらいろいろ
検討?話し合い?をされていました。

DSC06217_20130921154717c20.jpg

ちょうどチョコさんが落ち着いた頃、診察室に呼ばれました。
担当医の女医さんはとてもやさしそうな方で、現状について
お話し下さいました。

DSC06246_20130923153059028.jpg

・チョコさんの腫瘍は、上記図の6:結腸リンパ節の右側部分にあり、
 主治医などから報告を受けている大きさよりも小さく、6.7mm×16.8mm。

・腫瘍の中心部分が白く石灰化していて、リンパ腫としては珍しい。

・四国の病院で1月に撮ったCTの画像と比べると、明らかに小さくなっている。

・他の臓器に転移のようなものは見えず、血液検査もALPとアルブミンが
 基準値をオーバーしている(いつも通りです!)だけ。
 ただ、どこかのリンパ節にガン細胞が隠れている可能性はある

本当に、一安心でした(*^_^*)
最近、本当にムカムカして草を食べようとすることが多発していたから、
どこかの臓器に転移してるのでは?なんて心配していたので。
とりあえず、現状はいい感じだと分かりました

今後の治療としては、長く抗がん剤を飲み続けることについては
やはりリスクがあるので、今まで通りエコー検査で腫瘍の大きさ
を注意して観察しながら、抗がん剤の量を調節(減薬)していくのが
よいとのこと。クロラムブシルを飲み続けると、白血球や血小板の
値が低くなっていくこともあるので、こちらも注意するようにと。
こういう値が低くなってしまうと、飲ませたくても抗がん剤を飲ませられない
場合もあるので、チョコさんは抗がん剤がのみ続けられるていることも
ありがたいなあと思いました。

私がクロラムブシルを飲ませることに関して、止めたいけど腫瘍が
騒ぎ出すのが恐いし、かといって飲ませ続けることで耐性がついて
抗がん剤が効かなくなるのも怖いし、毎日悩んでるってお話したら、
先生方も、同じように悩んでるんですよと言ってくださいました。
ちょっとだけ、気が楽になりました。

悲しいけど、やってみなければ分からない。
誰にも答えは分からないってことです。
だからこそ、悩みながらも、今まで通り、チョコさんのことを一番に考えて
自分たちを信じて、主治医にアドバイスをもらってやっていこうと
決意できました。

でね、最後にすごく驚くことがありました!
女医さんがチョコさんに向かって、”チョコさん、検査よく頑張ったね♪”
みたいなことを言ってくださったのです
私達、普段はあまりチョコさんなんて呼んでなくて、チョコたん♪って呼んでます。
でも、先生は、はっきりチョコさん♪って

場所が近かったら、この先生についていきたい!って思いました(笑)

DSC06219_20130921154723f43.jpg

ここで、診察は終わりでした。
実はこのとき、女医さんからは開腹して組織生検をするという話が一切
でなかったので、現状は転移もなくうまく治療できてる♪って、ご機嫌で
家に帰りました

が・・・家に帰ったら、女医さんからお電話が!
高分化型を確定するためには、やはり開腹が必要だと。
きっと、センター長に指摘されたのかなぁ・・・。
センター長ご自身が、主治医の方に電話してくださったとのことだったので、
主治医と相談して決めますと伝えて、電話を切りました。

こんな感じの、なが~い一日でしたよ(汗)
うまく伝えられたかわかりませんが、私としてはセカンドオピニオンを
受けて本当によかったです!
現状が把握できたこと、そして高分化型は開腹して組織生検しないと
確定診断ができないということが分かったので、もうセカンドオピニオン
の必要もない!(開腹しない限り診断がつかないのだから)
何でも話せる主治医を信じて、ゆるゆる頑張る決意ができました

今後の治療について、がんセンターから届いた診断書の内容については
またがんばって、書きますね!

長々とおつきあいくださって、ありがとうございました<(_ _)>


~診療費~
がんセンター初診料:10,500円
画像診断料超音波検査(腹部):8,400円
X線検査1枚目10㎏以下:3,700円
X線検査2枚目以降:1,100円×4枚
画像診断料読影料:10,500円
採血量:1,100円
全血球検査:2,700円
血液化学フルパネル(15項目+電解質):9,000円
凝固セットC(5項目):4,000円
穿刺採尿・尿検査:2,700円
合計:57,000円
(アニコム支払額:14,000円)

支払額:43,000円


*セカンドオピニオンで聞いたことなど、思い出したら、
 ↓こちらに追記で書いていきます。


センター長診察の時のお話で思い出したことを書いておきます。

・高悪性度のリンパ腫が低悪性度に変わることはほとんどない。
・おそらく、貧血の症状が出るよりもずっと前からお腹の中には
 腫瘍があって、6月末の時点でひどい症状が表に現れたのでは。
(ずっと低悪性度のリンパ腫がお腹の中にあって、それが最終的には
 活性化してしまったということと、私は理解しました)
・高分化型リンパ腫は、低分化型リンパ腫より打つ手は少ない。
 (効果のある抗がん剤が少ないということかな)
関連記事
スポンサーサイト
  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

No title

ちょこぽんさん、ちょこパパさん、お疲れ様でした。
嫌な検査、頑張ったチョコさん、お疲れ様でした♪
実は私、チョコさんが、「リンパ腫なんかじゃないよ」って言われたらいいなぁって思ってたのです。
珍しいタイプなのですね。
だけど、今までの治療に間違いがないことが分かってよかった。
これまで通りのゆるゆる闘病で、チョコさんに頑張ってもらいましょう(^^)
かわいいチョコさんの笑顔、もっともっと見たいです。

Re: No title

asano さん♪

コメントありがとうございます!
そして、チョコさんのこといつも気にかけてくれて、感謝です<(_ _)>

チョコさんのリンパ腫は、ちょっとグレーな感じもあるのかもですが、
抗がん剤治療でここまで小さくなったので、やっぱり・・・です。
私も、もしかして・・・って、何度も思ったんですけど。

ただ、ありがたいことに、高分化型の可能性が一番高いので
(確定はもうできませんが)なるべくゆるゆる、抗がん剤の量を調節しながら、
がんばっていきたいと思います♪

これからも、見守ってくださいね\(^o^)/

No title

ちょこぽんさんがセカンドを受けたよかったと書いておられるのを見て、すごくうれしかったです^^
いくら獣医さんが優秀でも、合う合わないというのはあるから、ストレートでわかりやすい説明にダメージを受ける人もいるようなんですよね。

モモの主治医はF先生でした。チョコさんの担当医と同じなのかな?
とっても頼りがいがあり、かつ話しやすい先生なので大好きです。

そのF先生がおっしゃっていたのですが、動物のリンパ腫はまだまだ人間のように研究が進んでないんだけど、人間と同じようにいくつもの種類があるってことが最近の研究でわかってきたのだとか。低分化・高分化・消化器型・多中心型というような区分よりもっと細分化された区分ってことなんでしょうね。
で、それぞれで効果のある治療法の開発が進んでいるのだとか。
チョコさん、今の調子でゆるゆるいけば、そのうちにチョコさんの型に合った治療法がきっと出てくるよ。
その日が来るのをわたしも「早くして~」って待ってます^^

動くチョコさん、初めて見たけど、予想通りの動き(?)でとてもかわゆい♪

Re: No title

みかん さん♪

コメントありがとうござます!

そうですよね。合う合わない、受け入れられる、られない、
いろいろありますよね。
スーパードクターは本当にはっきり断言されるので、ぐさっと心に
突き刺さったり(笑)しましたが、でも、現実と事実を再認識できて
私としては本当によかったです♪
担当医はそうです、F先生でした。やさしく話を聞いてくれて、
本当に近かったら主治医になっていただきたかったです。

で、通常通院の時、主治医にF先生がよかった!って話をしてたら、
実は・・・過去に一緒に働いていたんですって。
腫瘍専門医の世界は、狭いな~って思いました。

うちの主治医もF先生と同じようなことを話してました。
だから、チョコさんも、チョコさんタイプのリンパ腫なんでしょうね。
本当に、ゆるゆる細々(笑)とがんばっていたら、画期的な
治療薬や治療法がでてくるかもですよね!
希望をもって、がんばります\(^o^)/

動くチョコさんも、かわいいでしょ(親ばか)

  • trackback
    form

  • トラックバック

回り込み解除


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ちょこぽん

Author:ちょこぽん
チョコさん:でかちわわ
2009,2,25生まれ♂
食べるの大好き♪

2012,7 悪性リンパ腫(消化器型)と診断され、現在UW-25プロトコルで抗がん剤治療中!

2013,2 2度目のセカンドオピニオンにより、現存する腫瘍が高分化型(低悪性度)悪性リンパ腫と診断をうけ、抗がん剤治療第2ラウンド頑張ってます♪

チョコさんのお誕生日

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム